PARTY☆PARTY TOP > 婚活パーティー得する情報局 > Step2 人気の婚活パーティー特徴と比較 > 街コンのメリットとデメリット

婚活パーティー得する情報局

Step2 人気の婚活パーティー特徴と比較

なぜこんなにも人気なの?街コンのメリットと
デメリット

参加者の声から街コンの実態を知ろう

参加者の声から実態を知ろう

2004年に誕生し、2012年に爆発的ブームとなった『街コン』。今ではテレビや雑誌で取り沙汰されることは少なくなりましたが、定番化し安定的に開催されています。新規参入する会社も継続してあり、一次のブームで消えるということはなさそうです。

それでは、実際に参加された皆さまの声から探った、街コンのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

街コンのメリット① 観光・食べ歩きが楽しい!

街コンのメリット① 観光・食べ歩きが楽しい!

食べることも街コンの楽しみのひとつ

街コンでできることを挙げてみましょう。

  • ■気の合う友達と好きな街でブラブラ
  • 美味しいお店をはしご
  • ■昼過ぎからお酒
  • 出会いもある

【誰もがしたいこと】を自然にできることが、人気の理由です。特に女性は、行ってみたい街を選び、いい人がいなければ友達と2人で二次会へ、という流れで楽しんでいるよう。うまくいってもいかなくても、満足。これは今までの婚活にはなかった魅力ではないでしょうか。

街コンのメリット② 気軽だからこその、参加者層が魅力

街コンのメリット② 気軽だからこその、参加者層が魅力

実際にこんなに若々しい方が参加しています

街コンは、一般的な婚活パーティーよりも、気軽に参加できます。 その結果、真剣に婚活をしたいと思っている方から、友達と遊び感覚で申し込む方まで幅広い方が参加しています。これまで、婚活の場に少なかった20代前半男女も多く参加していることが特徴です。

街コンのデメリット① 人見知りだと、大変かも…

街コンのデメリット① 人見知りだと、大変かも…

好みの方と話せずに、悔しい思いをすることも…

街コンでは、場が盛り上がるように、自ら進行する必要があります。初対面の空気作りが苦手な方は、話を盛り上げ、連絡先交換をし、二次会に行くまでに背伸びをした努力が必要かもしれません。

また、お話をする相手を自分で話しかけて探さなければいけないこともあります。勇気がなくて、話しかけられず退屈してしまう…なんて可能性も。

ただ、一部には、スタッフが男女ペアを組むサポートをしている会社もあります。話しかけることができるか不安な場合は、サポートがある街コンを選ぶといいでしょう。

街コンのデメリット② 期待ほど多くの方とは話せない

街コンは、数百人規模で開催されることが強調されているので、さぞ多くの人と出会えるだろう、と思われ勝ちです。ただ、実際にお話できる人数は10名がやっとの所だと言われています。

10名という人数は、通常の合コンから比べると明らかに多いのですが『街コン=数百人が集まる』というイメージからすると【少ない】と感じる方もいるようです。

合コンのノリで、もっと多くの人と話したい方は、MAX人数が15人~25人で『全員と話せる』ことをうたっている合コンパーティーを選ぶといいでしょう。25人の異性全員と話せるメガ☆コンは特に人気があるようです。

まとめ

街コンのメリット・デメリットの把握はできましたでしょうか。

【数件のお店で食事して、お酒を飲んで、友達と街歩きして、通常の合コンの2倍~5倍の人と出会える】という事実から、参加メリットがあるとジャッジする方が多いのでしょう。街コンには、大きなブームが去った今も人が集まり続けています。

興味がある方は、まずは飲み会・女子会代わりに、気軽に参加をしてみてはいかがでしょうか。

▲ページトップへ戻る

婚活パーティー得する情報局