離婚前に婚活パーティーに参加するのはアリ!?

婚活パーティーの基礎

2018.05.28

離婚前に婚活パーティーに参加するのはアリ!?

  • 0
  • 0
  • 0

夫婦の中には、現在すでに結婚生活が破綻していて別居中というケースもあります。そうした状況の中で、もう次の結婚を考えている方もいるかもしれません。

そんなとき、早く次の結婚につなげるための婚活方法のひとつとして思いつくのが婚活パーティーです。しかし、まだ離婚が成立していない時点で婚活をスタートすることは問題ないのでしょうか。

今回は、離婚前に婚活パーティーへ行くことについての是非について考えてみましょう。

 

婚活パーティーに参加できるのは独身者のみ!

婚活パーティーに参加できるのは独身者のみ!
婚活パーティーは独身者が出会いを見つけるための場所です。

婚活パーティーには規定で、「独身者」のみが参加できることになっています。つまり、仮に別居していたとしても、籍が入った状態で婚活パーティーに参加することはできません。では、離婚前なのにすでに離婚したと偽って婚活パーティーに参加したなら、どうなるのでしょうか?

婚活パーティーでは結婚相談所と異なり、独身証明書(地方自治体が発行する独身であることを証明する書類)の提出が義務付けられていないことがほとんどです。しかし、だからと言って既婚者が参加することを容認しているわけではもちろんありません。

運営会社によって対応は異なりますが、既婚者なのに参加していることが発覚した場合、出入り禁止などの措置を取っていることが多いようです。その結果、正式に離婚した後にその運営会社が開催するパーティーに参加しようとしても、参加を断れてしまう可能性も考えられます。

 

離婚前に婚活パーティーに参加することで起こるトラブル

離婚前に婚活パーティーに参加することで起こるトラブル
離婚前のパーティー参加はお相手を傷つけてしまう可能性も…。

離婚前に婚活パーティーに参加することは、他の参加者に対してとても失礼な行為です。結婚を真剣に考えているお相手をだましていることになり、お相手の時間を無駄にしてしまうことにもつながります。

カップリング成立した場合、相手の男性・女性はあなたが独身だという前提でカップリングしています。当然、その後お付き合いが始まったとしても、あなたはさまざまな場面でお相手に嘘をつき続けなくてはならないでしょう。

また、

●正式に離婚していないため、法律上はお相手との関係は不倫と考えられ、夫や妻から慰謝料を求められる可能性がある

●お相手と結婚の話が出ても、まだ結婚できない状態であることをごまかさなくてはならない

といった問題が起こることが考えられます。

さらに、相手もあなたが既婚者であることを知った場合、不誠実な人、信用できない人だと判断して、そこで交際が終わる可能性が高いでしょう。

つまり、離婚前に婚活パーティーに行ってカップリングしたとしても、まったく何の意味もなくなります。それどころか、真剣に婚活をしている独身男性・女性を傷つける結果となるのです。

 

離婚後に婚活パーティーに行く場合の心得とは?

離婚後に婚活パーティーに行く場合の心得とは?
前回の反省点を活かし、自分に合ったパートナーを見つけましょう!

では、正式に離婚が成立した後に婚活パーティーに参加する場合、新しい出会いを見つけるためのポイントをご紹介します。

◆離婚の原因を振り返り、自分が悪かった点を直す
たとえば、「共働きでありながら家事をほとんど手伝うことなく妻に任せっきりだった」「お金を無駄遣いし過ぎて、相手に経済的な負担をかけてしまった」など離婚に至った原因が自分にある場合、まずはそれをしっかり反省しましょう。

そして、次に結婚する場合は相手に対してどのように接していくのか、また、どのような結婚生活を送っていくべきなのかなどのビジョンを明確にしておくことが大切です。そうすることで、お相手に離婚理由を尋ねられてもただ原因を伝えるだけでなく、「次はこう気をつける」「この点は直していく」など前向きに伝えることができます。


◆離婚相手に不満を感じた点について、お相手の希望条件を見直す
相手に何かしらの不満を感じていた場合、その点も心の中で整理しておきましょう。
「家事に協力的な人がよい」「休日は一緒の趣味を楽しめる人がよい」など、前回の結婚で学んだ教訓を生かし、お相手への譲れない希望条件を見直しておくことが大切です。

不満を感じていた部分を満たしてくれるパートナーを見つけることで、次は幸せな結婚をすることができるはずです。


また、最近では参加条件が「バツイチ同士」「婚姻歴理解者」など、バツイチ向け、再婚者向けの婚活パーティーも数多く開催されています。バツイチや離婚歴に対して理解のある人が集まる婚活パーティーであれば、自分の婚姻歴にそこまでマイナス意識を持たずに参加することができるでしょう。

 

まとめ

離婚前に別居している場合など、淋しさから婚活パーティーに参加して新しい結婚相手を探したくなる人もいるでしょう。しかし、その前に婚活パーティーで出会うお相手の立場になって、冷静に考えてみることが大切です。

やはり、離婚前に婚活パーティーに参加することは許されません。離婚後に向けて早く結婚相手を探したくても、それはきちんと離婚してから始めるべきです。

そして、ちゃんとけじめをつけて離婚した後は「自分はバツイチだから」などと卑屈にならないようにしましょう。離婚に至ってしまった原因をしっかり振り返って、それを活かしていけばいいのです。

新たな気持ちで、これからの人生を共に過ごすパートナーとの出会いを見つけてくださいね!


◆婚活パーティーで新しい出会いを見つける♪
婚姻歴理解者が集まるパーティーを探す>>

  • 0
  • 0
  • 0