屁理屈な人に出会った。どんな風に対処したらいい?

屁理屈な人に出会った。どんな風に対処したらいい?

婚活のコツ

更新:2021.03.02

作成:2021.03.02

Party事務局
婚活していても、「屁理屈を言う人だなあ」と思う方に出会うこともあるでしょう。屁理屈な人とは話していてモヤモヤすることが多く、「どう接したらいいのだろう?」と悩んでしまうかもしれません。

そこで本記事では、屁理屈な人の特徴や対処方法についてご紹介します。

屁理屈とはどんな意味?

屁理屈とはどんな意味?
屁理屈とは、決して論理的でなく自分の考えを通すための言い訳などを言います。
屁理屈とは、筋道が立っていない理論のこと。言っている本人しか納得しないような理論が屁理屈だと理解しておけばいいでしょう。

例えば、紙くずのポイ捨てをして指摘されても謝らず、「紙は土に還って栄養になるから、むしろいいことをしたのだ」などと言い訳したり、「ゴミ箱がないのがいけないのだ」などと責任転嫁したりすれば、「屁理屈な人」と思われてしまいます。

「屁理屈」と「理屈」の違いは、矛盾点がなく話の筋道が立っているかどうかの違い。筋道が立った理論である理屈に「屁」がついているので、屁理屈は基本的にネガティブな意味にしか使われず、相手にも不快感を与えてしまうものと言えます。

屁理屈な人にみられる特徴

屁理屈な人にみられる特徴
屁理屈な人には自分が悪い・間違ってることを認められないという特徴が見られます。
屁理屈を言ってしまうのは、いったいどのような人なのでしょうか?その心理や特徴をいくつかご紹介します。

■プライドが高い

勝ち負けにこだわるプライドが高い人は、自分を優位にするために屁理屈を言いがちです。
屁理屈で相手を責めたり、自分に落ち度があるにもかかわらず自分は悪くないと屁理屈を並べたりします。
例え屁理屈をこねてでも相手を黙らせて従わせられれば、「論破して勝った」と感じて満足感を覚えてしまうのです。

■自己承認欲求が高い

相手に否定されることを恐れている、自己承認欲求が高い人も屁理屈をよく使う傾向にあります。
自分に自信がないと、自分ではない誰かに肯定してもらうことに執着しがちです。ミスした時の苦しい言い訳など、どうにかしてでも相手に承認してもらおうと、なにかと屁理屈をこねてしまうのです。

■絶対に自分が正しいと思って疑わない

ハイスペックでたくさん稼いでいる成功者タイプの中には、自分の考えが常に優れていて正しいと思い込んでいる思考の人もいます。
自分と違う意見には徹底的に反論し、自分に落ち度があったとしても、いかに自分が正しいか悪くないかを主張してばかりで、相手に「屁理屈だなあ」と思われてしまうこともあるでしょう。

■楽したい

「誰かに尽くされたいけど、自分が誰かに尽くすのはムリ」という人は、相手に負担を負わせるために屁理屈を並べる傾向にあります。
デートの食事代を浮かせたいから「女の子ならデートときお弁当を作ってくるべきじゃない?」「男性が支払うのが常識では?」など、性別などを理由に家事や支払いをしたがらないのはタイプでしょう。

婚活で「屁理屈だな」と思われる言動

婚活で「屁理屈だな」と思われる言動
会話をしているうちに相手の屁理屈な一面が見えてくるかもしれません。
婚活中ではどういった言動をとる人が「屁理屈な人だな」と思われてしまうのでしょうか?いくつか例をご紹介します。

①なにかをやらない理由を、性別のせいにする

「男性は本能的に家事育児に向いてないから、女性が育児家事すべきだと思う」
「デートの食事は男性が支払って当たり前じゃないですか?女性に払わすなんて器が小さいです」
など、本当はやればできることを、性別のせいにしてやらずに済まそうとすると「屁理屈だ」と思われることでしょう。

②指摘やアドバイスを受け入れない

マナー違反やだらしない生活習慣など、他人に「良くないよ」と指摘やアドバイスされても、持論を展開して受け入れない人も屁理屈だと思われます。

例えば、公共料金を滞納していて「早く支払った方がいいよ」と指摘されても、「でも、まだ催促されてないから大丈夫だよ」と返すようなタイプです。会話の中に「でも」「だって」を多用しがちな人はこの傾向があります。

③相手の事情を考慮せず、ダメ出しする

相手の事情を考慮せず、ダメ出しばかりして優位に立とうとする人も屁理屈だと思われるでしょう。
例えば、婚活において実家暮らしが悪いイメージを持たれるのは、親に甘えて家事や金銭負担しないのが問題だからです。家族と家事分担したり、実家にお金を入れたり甘えていなければ何も悪いことはありません、なにか事情を抱えて実家暮らしをしている人もいます。

それにもかかわらず、実家暮らしというだけで「でも、結局甘えているでしょ」「一人暮らしなら家事分担とかないから」と屁理屈をダメ出しに使うようなケースです。

屁理屈な人の対処法

屁理屈な人の対処法
ムキになって言い返したりせず一歩引いた大人な対応をするのがオススメです。
屁理屈な人に出会ったときは、次のように対処するのがいいでしょう。

■相手に同意してあげる

屁理屈を言う人は、こちらが正しいことを言っても、筋が通っていない理論で反論し、相手が折れることはほぼありません。そのため、些細なことであれば、ムキになって言い返すより、心に余裕を持ち「そうだね」と同意してその場をやりすごしてしまうのがいいでしょう。

婚活で出会った相手であれば、その後無理に関係を続ける必要はないので、相手に共感してあげて、良好的な雰囲気でその場を納めることを優先することをおすすめします。

■会話を終わらせる

何を言っても屁理屈な相手に話が伝わらない時は「ケンカになるから、この話はおしまい。」と会話を終わらせてしまいましょう。さりげなく別の話を振ってしまうのも良いでしょう。

相手に屁理屈を言われ黙ったり感情的に怒って終わらせたりすると、相手がさらに言い分を重ねてくるなどとヒートアップしてしまうので、大人な対応を見せた方が穏便に済みます

婚活の場で気分を害し笑顔を作れなくなってしまうのは、出会いを遠ざけてしまうので勿体ありません。街コンなどでは屁理屈な人との会話は早めに終わらせ、別の人との会話を楽しみましょう。

■屁理屈だと言ってしまう

筋の通っていない言い訳をされたときには、素直に「それは屁理屈だと思う」と伝えてしまうのもひとつの方法です。
「あなたはそう思っているんだね。でも、それは話の筋が通っていないと感じるから同意できない」と、相手の気持ちを代弁しつつ、自分の気持ちを伝えるといいでしょう。もしかしたら、相手が「屁理屈だったかな」と態度を改めるかもしれません。

婚活の場であれば、たまたま出会った相手だからこそ「もう二度と合わないから」と割り切り、はっきりと相手の屁理屈を指摘するという対処も取りやすいようです。

まとめ

屁理屈な人の特徴や対処法などをご紹介しました。屁理屈とは筋道が立っていない理論のことなので、正しいことを言っても相手なりの持論で言い返されてしまうでしょう。中には屁理屈で相手を言いくるめてしまうような屁理屈がうまい人もいます。
屁理屈な人と話していると「話が通じない」「聞く耳を持ってくれない」と感じて、接し方に悩んでしまうことでしょう。感情的に言い合うとケンカになってしまう可能性があるので、相手との関係性をよく考えた上で、本記事でご紹介した対処法で接してみてくださいね。

屁理屈な相手の対処法が分かれば、安心して婚活にも励めるはず!ぜひ婚活パーティーに参加して、理想的な出会いを見つけてくださいね。

婚活パーティーを探す

「婚活のコツ」の記事一覧へ