婚活パーティーでのカップリング成立を交際に発展させるLINE・メール術

婚活のコツ

2018.01.19

婚活パーティーでのカップリング成立を交際に発展させるLINE・メール術

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーやお見合いパーティーに参加して、気になる女性と見事カップリング成立!…しかし、その後のメールがなかなか続かず、なんとなく関係が終わってしまったという経験はありませんか?

実は、婚活パーティーにおけるカップリングとは、両想いまで気持ちは高まっておらず「もう少し話したい」とお互いに思っているくらいの段階。よって交際に発展させるためには、婚活パーティーにて連絡先交換をした後、まずメールでのやりとりを重ねながら、お互いのことを知り、デートの約束へと繋げるために距離を縮めていく必要があるわけです。

そこで今回は女性との仲を深めるために最適なLINEやメールの内容を、例文も交えて解説していきます!

 

婚活パーティー後に最初に送るLINEやメールのポイント

婚活パーティー後に最初に送るLINEやメールのポイント
婚活パーティー当日にメールを送るのがカギ!

婚活パーティーで知り合った人とこれから発展することができるかどうかは、最初のメールにかかっていると言っても過言ではありません。というのも、最初のメールに返信がなかった場合、それは「お断り」の合図。それ以降、連絡を取り合いお相手の気持ちを高めるチャンスさえもなくなってしまうからです。
それでは、婚活パーティー後、最初に送るメールのポイントを解説していきます!

婚活パーティーの当日にメールを送る
まず初めてのメールは、婚活パーティー当日中に送るようにします。パーティーの翌日以降に送信してしまうと、相手の女性に「もしかしたら他の女性とメールしているのかな?」「そこまで気がないのかな?」と思われてしまい、あなたへの興味をなくさせてしまう可能性があるからです。「カップリングしたのだから、女性からも連絡がくることもあるでしょ?」と思われる方もいらっしゃいますが、基本的に女性は受け身の方が多く、男性からのメールを待っている方がほとんど。そのため男性側からお相手女性に送るのが良いでしょう。

●カップリングしたことに対する感謝の言葉を含める
婚活パーティーでカップリングしたお相手であれば、まずは他の男性参加者の中から自分を選んでくれたことに対してお礼をしましょう。これは最低限のマナーとも言えますが、「この人に希望を出してよかったな」とお相手に再認識させる効果があります。
また『カップリングできて嬉しかったです』と気持ちを添えるのもポイント。「カップリングしたことを喜んでもらえてたんだ!」と気分を上げることができれば、「こちらこそありがとう!」とお相手の女性もついつい返信したくなるでしょう。

パーティー中のお相手との会話内容を交ぜる
最初に送るメールには、お相手とパーティー中にした趣味やお仕事の話などを入れましょう。「話をちゃんと覚えていてくれている」と女性に感じさせることで、あなたの誠実な人柄とお相手に対する真剣度を伝えることができるため、あなたのことをより好意的に感じてくれるようになるでしょう。
『これからよろしくお願いします』などの社交辞令のようなメールでは「みんなに同じメール送ってるのかな」と誤解を招き、女性の返信する気持ちを失わせてしまうので、注意してくださいね。

【例文】こんなLINE・メールの内容が理想的!
「今日は〇〇さんのおかげで、楽しい時間を過ごせました。〇〇さんとカップリングできてうれしかったです!選んでくれてありがとうございました。
私(僕)も前からカメラには興味があるので、良かったらおすすめのカメラ教えてください!時間も遅いので、気をつけて帰ってくださいね。」

 

婚活パーティー後に送るメールのOK・NG話題

婚活パーティー後に送るメールのOK・NG話題
カップリングしたお相手との距離感は徐々に縮めていくことを心掛けましょう。

それでは具体的に、婚活パーティー後に送るメールの話題としてどんな内容がおすすめか、またはNGかをご紹介していきましょう。

●OK例:婚活パーティーに関する話題
まずはパーティー中にお相手と話した、趣味や休日の過ごし方などの話題を振りましょう。中でもパーティー中の会話などから分かった、お互いの共通点について話せば、話も広がりやすいはず。女性も「気が合うな」「話していて楽しいな」とメールでのやり取りを通じて感じてくれるでしょう。

婚活パーティーでのお互いの第一印象について話すのも、自分が相手からどんなふうに見えていたのかが分かり、おすすめです。「笑顔がとっても素敵だなと思いました」などとお伝えすれば、気軽に好意を伝えられますよ。

●OK例:女性の好きなものに関する話題
メールでのやり取りを続けるためには、お相手に「この人とのやり取りは楽しいな」と思ってもらうことが必要不可欠。そのため女性の好きな食べ物・場所など、お相手が話していて明るい気持ちになれるポジティブな話題を振りましょう。中でもメールにて女性の好きな食べ物が聞ければ、デートに誘う際に女性の好みに合ったお店を迷わずチョイスすることができます。また「ちゃんとエスコートできる人なんだな」「私の好きな食べ物を覚えてて誘ってくれたんだ」などとあなたへの気持ちも高まり、初デートのお誘いもOKしてもらえる可能性も高められるでしょう。

●NG例:過去の恋愛・結婚観に関する話題
過去の恋愛歴について、いきなりメールで聞くのはナンセンス!恋バナを好きな女性が多いとは言っても、出会ってばかりの男性には恥ずかしいと話したくないと思われる方がほとんどです。また最初のメールで以前の恋人について質問をしてしまっては、「嫉妬深いのかな?」と心配させてしまうかもしれません


さらに、最初のメールにてあなたの結婚観や結婚への真剣度について語るのもやめましょう。女性に「がっついている」「焦っている」と感じさせてしまい、「ちょっと重いな…」と距離を置かれてしまうこともありますよ。
どうしても過去の恋愛や結婚観について話したいという場合には、女性から質問をされたり何度か一緒にデートをしてから話すようにしてください。

 

気になる女性とのLINEやメールを続けるための注意点

気になる女性とのLINEやメールを続けるための注意点
メールでのやり取りを負担に思われないよう注意してください。

次はメールを続けるための注意点を解説します。選択を誤ると、徐々にメールの回数が減っていってそのままフェードアウト…なんてこともあるかもしれませんよ。

LINEやメールの頻度はお相手の負担にならない程度にする
LINEやメールの頻度は、1日に1~2往復程度とするのが理想的です。相手が仕事や趣味に忙しい場合、あなたが頻繁にメールを送ってしまうと「こっちも返事をしなきゃ!」とプレッシャーを感じさせてしまい、だんだんとメールのやりとりが負担になってしまうでしょう。

また長文を送らないことも、お相手に負担をかけないために重要です。婚活パーティーで出会って連絡先交換をした程度の関係であれば、1回のメールで3~5行に収まる程度の文章にするのが適度でしょう。スクロールするほどの長い文章はお相手も読む気がなくなってしまいますし、文章にまとまりがなくなりがちなので避けましょう。

●慣れるまでは敬語を使う
例えお相手が年下であっても、出会ってばかりのお相手に、いきなりタメ口でメールをするのは失礼であり、礼儀がなっていない方だと思われてしまうのでNGです。まずは敬語を使い、その後女性の口調が砕けてきたらそれに合わせてタメ口にしていったり、「そろそろタメ口にしませんか?」と提案したりするのがおすすめです。

●返事の催促はしない
連絡が途切れてしまうことが心配なあまり、お相手からの返信がないときに「返信まだ?」などと送ってしまったり、一方的にメッセージを送り続けたりするなど、催促するような言動は絶対にNGです。しつこい・面倒くさい人という印象を持たれて、余計お相手は返信する気を失ってしまいます。相手は忙しくて返事ができない可能性もあるため、基本的にはあなたがメール送ったあと、お相手から返事がくる前に再度LINEやメールをすることは避けましょう。

質問ばかりのメールは送らない
聞きたいことがたくさんあるからと言って、質問ばかりの長文メールを送るのもNG。いくつもの質問に答えることで疲れてしまう女性もいます。
反対にあなた自身の話ばかりするのも、女性に「ナルシストなのかな?」「私の話には興味がないのかな?」と感じさせてしまう可能性があります。メールを続ける中で、ちゃんとお互いについて知っていくことを目指しましょう

 

まとめ

婚活パーティーでカップリングできるとうれしいですが、「恋人ができるかも!」などと舞い上がってしまうのはまだ早いのです!
カップル成立はまだお互いに気になっているという、いわばスタート地点。
そのため、せっかくの出会いを無駄にしないためには、まずはLINEやメールでお互いのことを知り、距離を縮め、初デートにつなげていきましょう。
焦りは禁物!ぜひカップリングを無駄にしないよう、LINEやメールで気になる女性との仲を進展させてくださいね。

 

  • 0
  • 0
  • 0