甲斐性なしの男性の特徴とは?甲斐性なしを改善するポイント

甲斐性なしの男性の特徴とは?甲斐性なしを改善するポイント

恋愛・出会いのコツ

更新:2021.01.15

作成:2021.01.15

Party事務局
結婚相手に選ぶなら、ともに協力しながら幸せな結婚生活を営める男性がいいですよね。しかし「彼が甲斐性なしで大変」などという女性の意見が聞こえることも。

ここではそんな甲斐性なしの男性と特徴を徹底解説。甲斐性なしの男性と恋愛・結婚する際のデメリットも合わせてまとめました。

”甲斐性”の意味とは。甲斐性なしの男性ってどんな人?

”甲斐性”の意味とは。甲斐性なしの男性ってどんな人?
頼りがいがなく女性関係やお金にだらしない人が甲斐性なしと言われます。
まず甲斐性とは、なにかをやり遂げる気力ややる気にあふれ、頼りがいや根性がある様子をさす言葉です。

甲斐性なしはこの逆なので、頼りなく気力ややる気に欠け、責任感もない様子を意味します。このほか、女性やお金にだらしない男性をさす場合にも、この甲斐性なしという言葉を用いることが多いようです。

甲斐性なしの男性に見られる特徴とは

甲斐性なしの男性に見られる特徴とは
甲斐性なしの男性には向上心ややる気・責任感がないなどの短所が多く見られるでしょう。
続いては甲斐性なしの男性の特徴をまとめていきます。

●働く意欲がない

甲斐性なしの男性には、実家暮らしや共働き世帯など自分が働かなくても生活できる環境で暮らしていれば、その状況に平気で甘えてしまう傾向があります

やる気や気力に欠けるため、職に就いてもなにかと難癖をつけてすぐに辞めたり、なにかと理由をつけて職探しをしなかったりと、働くことから逃げてしまうこともあるようです。

●向上心がない

甲斐性なしの男性は努力することを嫌い、向上心がありません。たとえば仕事するように言っても「現状で満足しているし」「現状維持でいい」など言い訳し、いかに楽に生きるかを最優先に考える傾向が見られます。常に自分本位で、“誰かのためにがんばろう”とは考えない方が多いでしょう。

●口先ばかりで行動が伴わない

周囲からなにかしらの行動を迫られた場合、甲斐性なしの男性は口先だけ大きく出るという一面も。「いつかビッグになる」「本気を出せば一瞬で稼げる」など偉そうなことを言うわりに、実際に行動に移す素振りは見せません。

基本的に他力本願なので、「自分が成功していないのは環境のせいだ」と責任転嫁することも珍しくないでしょう。

●飽きっぽい

甲斐性なしの男性はなにかに熱中しても、すぐ飽きてしまう傾向がみられます。
趣味にしても仕事にしても、始めた当初はコツコツと努力することが必要です。しかし甲斐性なしの男性は努力を嫌うため、この努力の段階で気力をなくし飽きてしまうという訳です。

●お金遣いが荒い

甲斐性なしの男性は、自分の収入以上の浪費することも多々あります。無理なローンを組んで高い買い物をし、「いつか稼いだらすぐ返済できるよ」などと根拠なく自信満々な発言をすることも。
このような甲斐性なしの男性が持つ妙な自信が見栄につながり、高級車やブランド品など自分を大きく見せるものを購入するべく浪費を重ねることもあります。

●時間にルーズ

常に自分本位で、相手の時間を奪うことに罪悪感を抱きません。まただらしないといった特徴もあることから、待ち合わせに遅刻することもしばしば
待ち合わせに遅れても「寝坊したから仕方ない」「忙しかったから」などと平気で言うこともあり、それに対して不満を伝えても言い訳を重ねるだけです。

●女性にだらしない

甲斐性なしの男性は、自分を甘やかしてくれる人のほうに流れやすい傾向も。自分に恋人や妻がいる状況でも、それ以上に自分にとって居心地のよい存在が現れれば、すんなりと関係を持ってしまうこともあります。

これを責めると「おまえが口うるさいから」「家は居心地が悪い」など、あたかも自分が被害者であるかのように振る舞う男性もいるようです。

甲斐性なしの男性と交際・結婚するデメリット

甲斐性なしの男性と交際・結婚するデメリット
真剣に2人で話し合うことができず、浮気や経済面への心配からストレスが溜まることも。
上記に挙げた特徴から、すでに甲斐性なしの男性との交際や結婚は避けたいと感じている女性も多いことでしょう。ここではデメリットを具体的に解説します。

●面倒を回避されきちんと話し合えない

言い訳や被害者面が得意な甲斐性なしの男性は、面倒事をとにかく回避したがるタイプ。状況を改善しようと話し合いを持ちかけても、「疲れているから」「いまは気分じゃない」となにかと言い訳しながら離れていきます

話し合いができないため、状況は改善されないままうやむやになり、彼との不健全な関係をズルズルと続けてしまうことになるでしょう。

●浮気の心配が絶えない

女性関係にだらしないため、いつも彼氏や夫の浮気が気になってしまいます。帰りが遅い、休日に出かけることが増えたなど、些細な変化にも過敏に反応してしまうようになれば要注意。
浮気の疑いを指摘してもうまくかわされ、あなたは常に心配を抱えながら生活することになるでしょう。

●生活上の苦労が絶えない

働く意欲がない甲斐性なしの男性に対しては、収入面に対して不安を抱くこともあるでしょう。また経済力はあっても浪費癖があれば、高額なものを相談なく購入され家計を大きく圧迫することも。
家計管理するのがあなたなら、常にどうやって収入を増やすか・支出を減らすかを考え続けなければならないでしょう。

恋人・結婚相手を甲斐性なしにしないための秘訣

恋人・結婚相手を甲斐性なしにしないための秘訣
甲斐性なしの男性には積極的に頼り感謝することで意識を改善させましょう。
いま恋人や夫がいる人で、彼が甲斐性なしになってしまう可能性や不安がある場合には、以下のポイントを押さえましょう。

まずは甘やかさないこと。自分が努力しなくても快適な生活が叶うと思わせてしまっては、彼はその状況に甘え、仕事や家事をあなたに丸投げし始めるかもしれません。

同棲生活や夫婦生活は、ふたりで協力するもの。どちらか一方ががんばるだけの関係性は不健全であると肝に銘じておきましょう。

もし相手の態度や言動に気になることがあれば、そのつど伝えることも大切です。たとえば分担している家事を彼がサボっているとき、仕方ないからとあなたがやってしまえば、彼は「サボっても最終的には相手がやってくれる」と思うでしょう。

ここはしっかり線引きをし、「あなたの担当だからわたしはやらないよ」「わたしにやってほしいなら、代わりにあなたはこれをやってね」など、お互いが平等であることを伝えてください。

なお、彼の意欲や向上心を保つためには、日常的に感謝の気持ちを伝えることがなにより重要です。「いつもありがとう」「あなたのおかげで毎日楽しいよ」といった具合に、彼との時間に満足していること、頼りにしていることをこまめに口に出しましょう。

お礼を言われたり頼られたりすることで「もっと相手の為になることをしよう!」と、行動に移してもらえる効果が見込めますよ。

恋人同士や夫婦の関係は常に平等であるべきです。彼の努力に対して、あなたが「これくらいやって当たり前」という態度を取り続けていれば、彼はどんどん意欲をなくしいずれ甲斐性なしの男性になってしまうかもしれませんよ。

まとめ

甲斐性なしの男性は、お金や時間、仕事、異性関係などに対してだらしない傾向が見られます。あなたが婚活中の場合には、一緒にいて気苦労の耐えなそうな甲斐性のない男性との出会いを避けるためにも、特徴を理解し見極められるようにしましょう。

婚活パーティーで出会う

将来的にいまの恋人や夫が甲斐性なしになることが不安なら、日常的に感謝を伝え、気になることはそのつど話し合って解決する習慣を。お互いに平等であることを常に意識し、いつも感謝できる関係性を継続することで、充実した同棲生活・結婚生活を送っていってくださいね。

「恋愛・出会いのコツ」の記事一覧へ