男好きな女性の特徴とは?どんな言動が男好きと思わせる?

男好きな女性の特徴とは?どんな言動が男好きと思わせる?

恋愛・出会いのコツ

更新:2021.07.05

作成:2021.07.05

Party事務局
女性の中には、男性に対して好意を振りまくタイプの人がいます。
本人はそれを自覚しておらず、言われてはじめて“男好き”と思われていたことに気づく人もいるでしょう。

本記事では、男好きと呼ばれる女性がとる言動の特徴や、男好きのデメリット、男好きを直す方法などをご紹介します。

男好きと呼ばれる女性とは、どのような女性?

男好きと呼ばれる女性とは、どのような女性?
男性の気を引くことを第一に振る舞う女性が「男好き」と言われます。
男好きな女性とは、多くの男性に恋愛的な好意をもってもらうことに価値を感じ、複数の男性に好かれようと振る舞う女性のことを指します。

女性の多くは男性に好意を抱きますが、ただ誰かひとりに好意を抱くだけでは男好きとは言いません。また、男女分け隔てなく付き合って、男友達が多い人も男好きとは言いません。

異性である男性だけを強く意識して、好かれるようにわざとらしい態度をとっているかが、男好きと呼ばれるか否かのポイントといえます。

男好きな女性の見た目や言動の特徴

男好きな女性の見た目や言動の特徴
男性の前で態度を変えたり男受けを狙った服装だったりといった特徴が男好きのポイント。
男好きな女性には、どのような特徴があるのでしょうか?
「自分は男好きに見られているかな?」「あの子って男好き?」と思ったら、紹介するポイントに当てはまるかチェックしてみましょう。

●同性と異性で態度が違う

男好きの女性の特徴としては、男性と女性で接するときの態度がまるで違うというのが一番に挙げられます。
女性同士では低い声で愚痴や悪口ばかり言っているのに、男性の前では高い声を出したり甘えモードになったりと、別人かと思うほどに“ブリッコ”になり態度が変化する場合は男好きと考えていいでしょう。

また、男性にだけ悩みを相談して庇護欲を煽ったり、相手を褒めて煽てていたり、やたら距離感が近くボディタッチをして気を引いたりするなど、女性にはしないことを男性だけにするというのも、男好きに見られる特徴と言えます。

●女友達より男友達が多い

女性より男性にいい顔をして見せるので、やたら男友達が多く、女性の友達が少ないという傾向もあるでしょう。
男友達というよりは、恋人候補になるような恋愛対象として見られる魅力的な男性ばかりと親しいというのが正しい表現かもしれません。

男好きな女性は、「自分はモテる」と他の女性にマウントをとることにも価値を見出しています。女性の友達といても、彼氏や男友達の話ばかりしてしまうなどで、女性に敬遠されてしまいがちです。

●男性ウケを狙ったファッションをしている

男好きな女性は、胸元や脚が大胆に出る露出の多い服やボディラインが出る服、可愛らしいフリルやレースがついたフェミニンな服などを選ぶ傾向があります。

もちろん、ただ単に自分が好きなファッションを楽しんでいるだけという女性もいますから一概に言えません。しかし服装を選ぶ際に、男性の視線を集めたり褒めてもらったり男ウケすることを意識しているようであれば、男好きの可能性が高いでしょう。

●彼氏をとっかえひっかえしている

彼氏ができてもすぐに別れ、別れたと思ったらすぐに次の彼氏ができているような、恋愛経験があまりにも豊富な女性は、周りの女性から「男好き」と呼ばれるでしょう。

常に意識が一人の男性だけではなく多数の男性を向いているため、付き合っても他に素敵な男性を見つけて近づくといった言動をとってしまうことも。
特定の彼氏を作らず、たくさんの男性と遊んでいる軽い女性に対しても“男好き”のレッテルが張られるようです。

男好きな女性でいるデメリット

男好きな女性でいるデメリット
男好きな女性は同性に好かれず、婚期も逃してしまう可能性があります。
男好きで、男性の気を引く行動をとれば確かに人気を集めモテるかもしれません。しかし、デメリットもいくつか存在します。

●女性に距離を置かれる

男性にばかり良い態度を取っていては、同性である女性から「ぶりっこ」「裏表が激しい」といった印象を持たれます

人によって態度を変える人を信頼するのは難しいことです。男性にばかりいい顔を見せる一面を見た女性からは、人として信用されず距離を置かれてしまうでしょう。

●男性に軽い女性と思われる

男好きな女性は、男性であれば誰にでも良い顔をするので「あの子なら俺でもいけそう」「あの子なら雑に接しても大丈夫」と、軽い女性のイメージを持たれてしまう可能性があります。

逆に、「あの子は男好きだから気を付けよう」と警戒して近づかない真面目な男性もいるでしょう。
折角交際をはじめても、大事にしてくれない男性とばかり付き合うことになるかもしれません。

●婚期を逃す恐れがある

いくら男性にモテるとはいえ、複数の男性に対して気がある素振りを見せていることが分かれば、「付き合っても浮気されそう」「真剣に付き合ってくれなそう」と男好きな女性を、本命の彼女にしたいに思う男性はいません。
男好きな振る舞いをする女性に対してはまた、遊び相手を求める男性が近寄る傾向があります。

結婚を意識するようになっても、男好きな振る舞いが抜けなければ男性からの信頼は得られず、「この人と結婚したい」と真剣に思ってもらえずに、婚期を逃してしまうことになる可能性があります。

男好きを直す方法

男好きを直す方法
まずは男性ばかりではなく女性と話す機会を増やしてみましょう。
無意識のうちに、女性に「あの子って男好きね」と思われてしまう言動をとって、「何が悪いのかな?」と悩んでしまう人もいます。

男性と接すること自体は悪いことではありませんから、誰からから「男好き」と言われないように気を付ければいいのです。次のポイントを意識することをおすすめします。

●男性と接する機会を減らす

男好きと言われてしまうのは、男性とばかり話しているのを誰かに見られているからです。男性と話しているのを誰かに見られなければ「男好き」と言われません。

会社など周囲に女性がいる場所で男性と話す時間を減らし、話す時は丁寧に必要最低限に留めるようにするといいでしょう。

●女性の友達をたくさん作る

男好きの女性が同性から敬遠されてしまうのは、「女性より男性を優遇している」と感じさせてしまうからです。
男女分け隔てない態度をとり、女性とも仲良くすることが大切です。

もちろん女性の友達との会話では男性の話題は避け、趣味の話や友達の恋バナなどを楽しむように心がけてくださいね。

●TPOを弁えて男性にアプローチする

例えば、気になる異性や彼氏とのデート中に愛嬌を振りまいたとしても、さらに相手に好きになってもらうためのアピールなので誰も「男好き」とは言わないでしょう。

また婚活にて1:1で会話をしているときに高い声を出していたり、男性に積極的に話しかけていたりしても、男性と女性を結びつけることが目的の場所なので、女性が男性にに良い態度をとるのは当然のこと、となります。

一方で、職場で同じことをすれば「男好き」と言われてしまうこともあるかもしれません。TPOを弁えて男性に接すれば、決して男好きとは言われないでしょう。

まとめ

男好きの女性の特徴や、直し方などについてご紹介しました。
男性にモテたい気持ちから、つい男性に対する態度を大きく変えてしまうのが男好きと言われる原因となります。もしも男性にアプローチしたいのなら、TPOを弁えて適切な場所で愛嬌をふりまきましょう。
「男好き」と言われることを気にしている場合には、男性と接することをできるだけ避けて女性を優先し、同性内のトラブルを避けるようにしてくださいね。

「恋愛・出会いのコツ」の記事一覧へ