「街コン=難しい」は昔の話!最新街コン事情&出会うコツ

街コンのコツ

2018.10.01

「街コン=難しい」は昔の話!最新街コン事情&出会うコツ

  • 0
  • 0
  • 0

そろそろ結婚を考えないと…と意識し始めた男性にとって、「どんな手段で女性と出会うか」は大きなテーマですよね。
そこで本日はあらゆる婚活手段の中でも街コンをピックアップ!

しかしながら「街コンって本当に出会えるの?」と、街コンに対して高いハードルを感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。
実は以前と違って、街コンは理想の相手に出会える確率がぐっとアップしているんです!
その理由と出会うためのコツをご紹介します♪

 

「街コン=難易度高い」はなぜ根付いた?

「街コン=難易度高い」はなぜ根付いた?
こんな理想的なお相手が見つけられない…と苦戦した方が多いのでは。

街コンに苦手意識を持っている方には、「街コンで出会ってカップルになるのは難しい」などと言う方も。それではまず、街コンで出会うのは難しいと世間が感じてしまった理由を紹介していきましょう。

●以前の街コンは参加人数が多すぎた
街コンという婚活手段が登場した当初、街コンの参加人数は実に多いものでした。100人は当たり前、中には300~500人というイベントも!
ここまで大人数だと当然全員と話すことは不可能。がんばってたくさんの女性と話し連絡先交換できたとしても、「最初に話した人がどんな人だったか思い出せない!」と頭を抱えることになる可能性も高いですよね。
話すことに必死になって気疲れしてしまった、人数が多すぎてお互い自己紹介しただけでは理想の人を探し切れなかったといった理由から、街コンを敬遠した方もいたようです。

●参加できる人の年齢が幅広すぎた
また、街コン参加における年齢制限がなかったことも原因のひとつです。大学生からアラフォー世代まで幅広い世代の独身男女が一同に会するため、「理想とする年齢層の参加者が少ない」「若すぎて浮いてしまった」など、年齢差による温度差も生まれてしまいました。
パートナー・恋人探しにおいては相手の年齢を重視している方が多いため、会場に着くまでどれくらいの年代の方が多いか分からないという点が、街コンで出会うことの難易度を上げてしまったようです。

●数店舗利用スタイルが一般的だった
居酒屋やバーを会場として複数店舗またぐ形で開催される街コンが一般的だったのも、会いにくさを助長していました。
いろんな方に会うためには店舗を移動しなくてはいけないというわずらわしさにより、フリータイムでも最初に入った店舗に居合わせた参加者とだけ話して、開催時間を終えてしまうという方も多かったようです。
「あっちの店舗にいけばいい人がいたのかな…」など名残惜しさも残る上に、積極的に移動するという行動力が必須な婚活手段だったようです。

 

街コンが出会いやすく進化!

街コンが出会いやすく進化!
着席型で落ち着いて話せることはポイントの1つですね。

さて、それでは近頃の街コンはどのように進化したのでしょうか?
街コンが登場した当初のスタイルしか知らないという方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

●立食・着席・体験型などさまざまなスタイルに
まず、会場を1店舗だけに絞って開催される街コンが増えました
食事スタイルも、さっと食べて自由に歩き回りやすい立食スタイル、じっくり目の前の人と話せる着席スタイルなど、自分が立ち回りしやすいスタイルを選べるように。
また、飲んで食べて話すという街コン以外にも、スポーツをしながら、料理をしながらといった“体験型街コン”も、いまや主流となっています。

●条件設定により理想の相手に出会いやすく!
アラサー世代限定、公務員限定など、年齢や職業・年収など参加条件が指定されている街コンもたくさん開催されるようになりました。これにより、自分が理想とする異性と会える確率がアップ。街コン当日も「同世代が多い」「希望職種の人しかいない」などの確信があれば、「いい出会いはあるのかな…」という不安をかなり拭えるのではないでしょうか?

 

恋人やパートナーと出会いやすい街コンって?

恋人やパートナーと出会いやすい街コンって?
お相手との共通点が見つけやすい街コンがおすすめです。

「パートナーに求める条件は価値観や趣味の一致!」という方には、”趣味コン”というスタイルの街コンが特におすすめです!
最初から相手と価値観が似ていることが分かっている、趣味が同じだという状況では、話も盛り上がりやすいですし、パートナー探しにもうってつけですよね。
そういった面からも、結婚への意識が高い人ほど趣味コンに集まる傾向が高いようです。

●オタク婚活
「アニメコン」「マンガコン」など、いわゆるオタクな趣味を持った人たちが集まる趣味コンです。オタクな趣味はなかなか人に言いづらいという方も多いですが、まわりが全員同じ趣味を持った人同士なら、気兼ねなく話ができますよね!
普段話せないようなアニメ・マンガの話で女性と盛り上がることができれば、その距離もぐっと縮まり二人の関係性も築きやすいのではないでしょうか。

●ワイン会
ワイン好き・ワインにはこだわりがあるという方におすすめなのは、“ワイン会”と呼ばれる類の趣味コンです!
ワイン好きであれば参加でき、当日はワインを楽しみつつ、おしゃれなレストランで食事をしながら女性と会話をするといったスタイルが一般的です。
ちょっと大人向きなものから、カジュアルにわいわい盛り上がれるものまで種類もたくさん。自分に合いそうなものをぜひ探してみてくださいね。

●婚活ツアー
趣味コンとは少し異なりますが、観光地へのバスツアーと婚活がセットになったのがこちらの“婚活ツアー”です。旅行好きな方におすすめですね!
観光地の空気を楽しみながら、女性たちと仲を深めることができ、非日常を満喫しながらパートナー探しができるというまさに一石二鳥のツアーとなっています。
もしパートナーと出会えたら、後日改めて、ふたりっきりのデートとして
同じ場所へ出かけるのも素敵ですね。
 

街コンで理想の女性と出会うためのコツ

街コンで理想の女性と出会うためのコツ
メールやLINEを味方につけて、出会いに繋げましょう!

それでは最後に、街コンで理想の相手に出会うコツと、街コン終了後のワンポイントをご紹介します。
誰でも初めての街コンはドギマギしてしまうもの。しかしポイントさえしっかり抑えておけば、初回からうまくいくことだって当然あるんですよ!

●トークタイムでは共通点を見つける
女性と話すときに意識することは、趣味や好きなもの、仕事の話などを交えながらお互いの共通点を見つけること。
他愛ない話を続けるよりも、一緒に分かち合えるものについて話すほうが盛り上がりますし、相手の印象が強く残るものです。
街コンのあと連絡をする際にも、「さっきは〇〇の話ができて楽しかったですね!」など添えると、相手の女性もあなたのことをすぐ連想することができますよ!

●二次会に誘う
街コン終了時間が早めの場合は、二次会に誘ってみるのもGood。
大人数の中から飛び出し、1対1で話せばより仲が深まることでしょう。
初日から1対1なんて緊張する!という場合、同じテーブルに座っていた人たちや一緒に参加した友人などと、グループで行くことを提案すれば相手の女性も誘いに乗ってくれやすいですよ。

●終了直後に社交辞令と感じさせないメールやLINEを送信
特に気になる女性がいた場合には、街コン終了後すぐ、メールやLINEでお礼の連絡をしましょう。時間を置いてしまうと、「そこまで本気じゃないのかな」と思われてしまうこともあるので、当日中が望ましいです。

その際、「いつか飲みにいきましょう」といった社交辞令とも取れる文脈は避けるべきです。
「○○さんと話せてとても楽しかったので、またお茶でもどうですか?僕は休日なら昼でも動けますし、飲みでよければ平日でも!」など、具体的に会える日程など添えるのがおすすめです。
そうすると女性も「私と本気で会いたいと思ってくれてるんだ!」と感じ取ってくれますし、もう一歩先に進めるチャンスにもなるはずです!

 

まとめ

街コンが世に登場した当初は、なかなか恋人探し・婚活としての目的としては難易度が高いと感じられることも多くありました。
しかし、ご紹介したとおり近頃はよりパートナーを見つけやすいスタイルになった街コンも増えていることが、この記事から分かっていただけたのではないでしょうか?
自分に合う条件や、希望する相手が来てくれそうな街コンを探し、ぜひ一度参加してみてくださいね。


◆さっそく街コンに参加しよう!
出会いやすさにこだわった街コン・趣味コンを探す >> 
 

  • 0
  • 0
  • 0