街コンのルーツや定義を知ってる?今と昔の街コンとは

街コンのコツ

2018.05.21

街コンのルーツや定義を知ってる?今と昔の街コンとは

  • 0
  • 0
  • 0

街コン=若い人が行く、というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?「どうせ参加しても浮いてしまいそうだし、真剣な出会いを見つけるのは難しそう…」と思って、街コンに参加したことがない人もいるのでは!?

確かに街コンが流行った当初は、若者が集まる大型飲み会といったイメージがありました。ですが、今ではかなり街コンの開催スタイルが変わってきており、多くの人が参加しやすくなっています。

そこで今回は、街コンのルーツを調べるとともに、今と昔の街コンの違いについて、まとめました。

 

街コンのルーツ、宮コンとは

街コンのルーツ、宮コンとは
地域活性化+出会いのイベントとして誕生しました。

街コンのルーツは、餃子で知られる栃木県宇都宮市が2004年8月に開催した、地域活性化と恋活を結び付けたイベントです。

年々客足が減少する宇都宮商店街に危機感を感じ、活気を取り戻そうと立ち上げられたのが宮コン。宇都宮市の活性化を目的とし、市内の居酒屋やバー、レストランを貸し切って、大規模合コンとして開催されました。

宮コンは4店舗170名の参加者でスタートし、数年後には60店舗3,600名を集めるイベントにまで成長しました。

 

今とは違う!?誕生当時の街コンの内容とは

今とは違う!?誕生当時の街コンの内容とは
自由に複数の飲食店をまわる街コンが多く開催されていました。

街コンの意味はもともと、街全体を盛り上げる大規模合コンのこと。地域活性化を目的として、食べ歩きや飲み歩きをしながら出会いの場を提供する宮コンのようなイベントは、全国10ヶ所程で開催されていました。その後、2011年ごろから街コンブームが始まります。

数百人、数千人規模の若者が一つの街に集まり、参加店舗を渡り歩いて、グルメを楽しみながら出会いを見つけられるイベントとして、街コンは全国各地に広がりを見せました。

街コン参加者はリストバンドなど、目印になるものを身に付け、複数の飲食店を自由にまわっていきます。そして、気になる異性に声をかけ、会話を楽しみ、連絡先交換をして出会いへとつなげていくというスタイルで開催されていました。

 

出会いに繋がりやすくなった最近の街コン

出会いに繋がりやすくなった最近の街コン

街コンが誕生した当時は、数百人、数千人規模と参加者数が非常に多かったため、多くの出会いがあるというメリットの一方、自分から積極的に話しかけられる人でないと、なかなか出会いをモノにすることはできませんでした。

また、いろんなお店の料理を食べ歩きたいというグルメ目的や、友達の付き添いで参加したなど、参加者の目的もさまざま。そのため、声を掛けても相手が結婚や恋愛など出会いを目的としていないと、先に繋がらないといったデメリットもありました。

ですが、最近では街コンが多種多様化しており、内気な性格や草食系の人でも出会いやすい形態の街コンが生まれてきたのです。
では、最近ではどんなスタイルの街コンがあるのか見てみましょう。
 
◆着席型、1店舗開催型
着席型の街コンは、同じテーブルになった男女が2対2などで話していき、時間が来たらスタッフの誘導で、男性グループが隣のテーブルに席替えをしていきます。
スタッフによる進行サポートがある分、積極的に動けない人でも、参加者全員と話しやすいといったメリットがあります。これなら、街コン初心者でも安心して参加できますよね。

また、1店舗開催型は店舗の移動がないので、参加者全員と出会うこともできます。着席型、1店舗開催型の街コンは参加者全員に出会いのチャンスが平等にあるので、人見知りの人や消極的なタイプの人でも出会いを見つけやすいと言えるでしょう。


◆趣味コン
同じ趣味を持つ男性・女性が集まる趣味コン。共通の趣味を持っているから、初対面でも話が弾みやすく、一気に仲良くなれちゃうことも!
マニアックなアニメや漫画が好きな人でも、「オタクだから…」と恋を諦める必要などありません。同じ趣味を持っているからこそお互いに理解し合うことができ、さらに踏み込んだ世界を知ることができます。

以前の街コンでは、参加人数は多いものの、同じ趣味の人と出会える確率は決して高くはありませんでした。趣味コンでは同じ趣味を持つ者同士で出会うことができるので、その場で盛り上がって終わりではなく、実際に仲良くなり、交際に発展しやすいというメリットがあります。


◆参加条件が細かく設定された街コン
以前の大型街コンでは、必ずしも自分が希望する相手と出会えたわけではありません。なぜなら、「20歳以上」といった年齢条件のみなど、参加条件が細かく設定されていないことがほとんどだったからです。しかし、最近では細かい参加条件を設けている街コンも増え、より自分の理想とするお相手と出会えいやすくなりました。

「20代限定」「30代限定」や、「年上男性×年下彼女」などの年齢条件はもちろん、「結婚前向き」「恋愛から始めたい」など、結婚や恋愛への価値観からも街コンを選べるようになっています。また、大手企業や上場企業に勤めている男性や公務員の男性と出会いたいなど、相手に求める希望条件からも街コンを選ぶことができます。

 

まとめ

街コンというと、大人数が参加して複数店舗をまわる…という大規模で開催される印象をお持ちの方も多いかもしれません。しかし、最近の街コンは進化しており、以前とは形態が変わってきました。

積極的に話しかけるのが得意な人、ゆっくりお相手と会話したい人、同じ趣味を持つお相手と出会いたい人、結婚に向けた出会いを探したい人など…。
さまざまな人のニーズにこたえる街コンが増えてきており、自分に合った街コンを選ぶことで楽しみながら出会いを見つけることはできるはずです。

婚活パーティーはちょっと敷居が高いという方でも、街コンなら比較的気軽に参加しやすいので、出会いを見つける方法の一つとして、ぜひ一度街コンに参加してみませんか!


◆自分に合った街コンを見つけよう♪
婚活の上場企業が開催する街コンを探す>>

  • 0
  • 0
  • 0