街コンでのいきなりタメ口はNG!敬語を使ってお相手から好印象を得るコツ

街コンのコツ

2018.11.02

街コンでのいきなりタメ口はNG!敬語を使ってお相手から好印象を得るコツ

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーや結婚相談所よりは、ライトな雰囲気で女性と出会える印象の街コン。
とはいうものの、軽いノリで女性と話していいかというと、必ずしもそうではありません。

そこで今回は街コンでの言葉遣いをピックアップ!
『女性と話すときは敬語?それともタメ口でOK?』という疑問にお答えします。
敬語からタメ口に切り替えるタイミングも解説しますので、ぜひご覧くださいね。

 

街コンでも礼儀は大切!

街コンでも礼儀は大切!
敬語を使って"誠実そう" "紳士的"という好印象をゲット!

いままで街コンに参加する中で、最初からタメ口で女性参加者と話していたという方はここで考えを改めましょう!
大勢の男女が集まってわいわいと盛り上がるイメージの街コンですが、婚活・恋活目的、パートナー探しで参加している女性は、真剣に男性をチェックしていますよ。

●初対面の相手には必ず敬語で!
「いくつ?」「どこから来たの?」など、いきなりタメ語で話すのはご法度!
どんなに気軽な雰囲気の街コンでも、初対面の相手には必ず敬語で話し始めるのがマナーです。
『相手が年下ならタメ口でもいいのでは?』と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、そこも敬語で。誠実な人、紳士的な対応をしてくれる人というプラスなイメージを持ってもらえるよう心がけましょう。

いきなりタメ口だとこんな印象を持たれることも
自己紹介も含めて、会話の一言目からタメ口で話す男性は、女性から見て
馴れ馴れしい
チャラそう
真面目な出会いを求めてなさそう
礼儀知らずで失礼
といった悪い印象を持たれます。

いずれも、婚活の場面では持たれたくない印象ばかりですよね。
第一印象でこのようなイメージを持たれてしまうと、街コンという限られた時間では挽回するのも難しくなります。街コン後のデートにもつなげにくくなってしまいますので、要注意です。

 

街コン後もずっと敬語で接するべき?

街コン後もずっと敬語で接するべき?
ずっと敬語だと「真面目過ぎてつまらない…」なんて思われてしまうかも。

初対面のときは敬語が鉄則ですが、それ以降もずっと敬語で接し続けるのがいいかといえば、そうではありません。
続いてはずっと敬語で話し続けるデメリットをご紹介します。

距離感が縮まりにくい
街コン後、メールを続けてデートをする仲になってもずっと敬語のままでは、よそよそしい、距離感があると思われてしまう可能性が。ときには「一緒にいて楽しくないのかな?」と感じさせてしまうこともあります。
街コン後にデートができているという状況であれば、それは脈ありということ。
せっかくのチャンスですので、徐々にタメ口にしていくことで距離を縮めていきましょう!

固い内容しか話せない
敬語といえば、会社では上司や先輩といった目上の方に使うものでもありますよね。
かしこまった話し方になりますので、おのずと会話の内容も固くなってしまいがちです。
お付き合いに発展させたり、ゆくゆくは結婚も視野に入れていったりするならば、お互いに楽しい話や将来の話もしたいものではないでしょうか。
いつまでも敬語のままでは、会話の内容も2人の関係性も、ずっと固いままかもしれませんよ。

●こんな良くない印象を持たれる可能性も…
敬語は、初対面のときには紳士的、丁寧といったプラスの印象を持ってもらえますが、いつまでも続くと、反対にマイナス印象を与えてしまう可能性もあります。
真面目すぎる、つまらない、女性慣れしてないといった印象を持たれてしまうと、相手の女性が一緒にいることを不安に感じてしまうことも。
最初は紳士的に、慣れてくれば多少軽い雰囲気を交えて楽しく…といった具合に、時間の経過に合わせて敬語からタメ口に切り替えていくのがおすすめです。

 

敬語からタメ口へ切り替えるタイミング

敬語からタメ口へ切り替えるタイミング
会話が盛り上がってきたら、少しずつタメ口に!

初対面は敬語必須、でもいつまでも敬語はNGというと、人によっては「ならどんなタイミングでタメ口に変えればいいの?」と困惑してしまうかもしれませんね。
それでは最後に、タメ口に切り替えるべき見極めポイントをご紹介します!

●街コン後のメッセージのテンションをチェック!
街コン後、連絡先を交換した相手とメッセージのやり取りが続いている場合は、会話の盛り上がり具合をよく見ておきましょう。
最初はお互いの仕事や趣味のことを聞くなど、少しよそよそしい会話になっているはず。
それが徐々に絵文字や顔文字が増えたり、「!」などの記号が増えたりしてきたら、2人の距離感が近づいている証拠。タメ口への切り替えタイミングです!

いきなりすべてタメ口にすると、急に距離感を詰めてきたように思われてしまうかもしれませんので、タメ口と敬語を混ぜる感じがおすすめ。
「映画好きなんだね!俺もよく見に行くので、よければ一緒に見にいけたらいいですね!」
このように話しかけてみて、相手もタメ口を混ぜてくる流れになれば、そのままタメ口へと移行していけばよいでしょう。

女性からの合図に委ねるのもOK
自分からタメ口に切り替えるタイミングを図るのが難しい場合は、女性からの合図を待つのも手段のひとつです。メッセージのやり取りや初デートでの会話中、女性から「敬語やめませんか?」と言わればそれに応じましょう。

とはいうものの、女性によっては自分から言い出しにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。お互いの雰囲気がなごやかで、敬語に違和感を覚えるようになったら、男性側から「敬語じゃなくてもいいですよ?」と誘導してあげるのも優しさですよ。

 

まとめ

婚活の手段としては気軽で、お酒や食事を楽しみながら女性と交流できる街コンは、軽いノリで参加してよいものと考えている方も多いようです。
しかし、いかなる場面でも礼儀は大切!状況はどうあれ、初対面の方とは敬語で接するのが基本だということを忘れないでくださいね。

街コンではまずは敬語、進展が望めそうなら徐々にタメ口に切り替えていきながら、女性との会話を楽しみましょう!

さっそく街コンで出会いをみつけましょう!
一部上場企業が運営する安心の街コンに参加する >>

 

  • 0
  • 0
  • 0