婚活パーティーでカップリング後、交際まで発展させるコツ

婚活のコツ

2018.01.24

婚活パーティーでカップリング後、交際まで発展させるコツ

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーでカップリングできると、やはりうれしいものですよね。ですが、婚活パーティーでカップル成立したからといって、その後いきなり交際がスタートするわけではありません。そこから努力して繋げようとしない限り、連絡先交換をしただけで終わってしまうこともあるのです。

今回はカップリングした後、お付き合いに発展させるコツをご紹介したいと思います。

 

カップリング当日にとるべき行動

カップリング当日にとるべき行動
カップリングして満足ではなく、そこから繋げることが大切!

婚活パーティーでカップリングした後は連絡先交換をしてそのまま帰るのではなく、なるべくパーティー当日にお茶や食事に行くのがベストです。なぜなら気持ちが冷めやらぬうちにお互いのことを知る時間を確保しないと、その後の交際につながる可能性が低くなってしまうことがあるからです。

カップリングから間をあけて改めてお茶や食事などのデートに誘った場合、日にちが経過しているぶん記憶も薄れてしまい、会った時に「こんな人だったっけ?」と思われてしまうかもしれません。冷静に考え直す時間もあるため、「やっぱり自分とは合わないかも…」と思われてしまう可能性もあります。また、お相手が別の婚活パーティーに参加して、他の異性と知り合ってしまうことも考えられます。出会いを次に繋げるためには、スピード感が大切なのです。

 

婚活パーティー後のデートで抑えておきたいポイント

婚活パーティー後のデートで抑えておきたいポイント
お互いの共通点の話などで、会話を盛り上げましょう。

婚活パーティーでカップリングしたからといっても、まだお付き合いに至っているわけではないので、あまりガツガツしたデートはオススメできません。そこで、婚活パーティー後のデートを成功させるためのポイントをまとめてみました。

◆お店
婚活パーティー後にお茶や食事をする場合、パーティー会場近くの喫茶店やレストランに誘うと良いでしょう。当日お店を探し回ることがないよう、予め下調べしておくのがおすすめです。どこも混雑して入れず、女性をあちこち歩き回らせてしまうと、要領の悪い男性と思われてしまうかもしれません。

◆時間
お茶であれば1時間、食事であれば2時間ほどがおすすめ。カップリング当日のデートはあくまでも次に繋げることが目的ですので、初回のデート時間は短くて充分です。「もっと話したかったな」と思うくらいの時間がよいでしょう。

◆会話内容
パーティー当日のデートでは、まず婚活パーティーの話から始めると会話がスムーズに始められます。「人が多くて、疲れましたね」「緊張しませんでしたか?」など、まずはパーティーという共通の話題を持ち出すことで、会話を進めやすくなります。

それから、名前や年齢、住んでいる場所などを再度確認しておきましょう。その後、パーティーでの会話の続きをしても良いですし、趣味や仕事の話を掘り下げていくと、よりお互いのことが見えてきます。パーティー中と同様、笑顔を忘れないようにしてくださいね。

初回のデートでは、一緒にいて楽しいと思ってもらえることが重要になります。そうでなければ、2回目のデートに繋がりません。会話が弾んできたら、今度行ってみたいお店の話などを出して、興味を示してもらえたら次回のデートに繋げましょう。

 

お茶や食事をする際に気をつけるべきポイント

お茶や食事をする際に気をつけるべきポイント
お相手にマイナス印象を持たれないように気を付けましょう!

◆NG会話
カップリング当日デートに誘えたらテンションも上がりますし、一気に距離を縮めたくなるかもしれません。ですが、相手を質問攻めにするのはNGです。質問攻めにされたほうは、面接を受けているみたいな気持ちになります。

また、初回のデートで過去の恋愛話は出さない方が良いでしょう。過去の恋愛話でモテたことをアピールをしても、結婚しなかった理由などを相手に考えさせてしまいます。「何年も付き合ったのになぜ結婚を決断しなかったのか?」「結婚に向いてない人なのだろうか?」など、相手を不安にさせてしまいますし、自分の評価を下げるだけです。

◆NG行動
婚活パーティー後のデートでは、婚活パーティー中にはわからない部分も見えてきます。例えば、お茶や食事をする際に店員に対する態度が横柄だったりすると、付き合ってから自分も横柄な態度を取られるのではないか?など、マイナスなイメージに繋がります。

また、初回デートから女性を終電近くまで連れ回したりしないように気を付けましょう。遊び目的と勘違いされ、警戒心を持たれてしまうかもしれません。

 

婚活パーティー当日にデートができない場合のポイント

婚活パーティー当日にデートができない場合のポイント
早めに連絡を取ることで、次につなげやすくなります。

婚活パーティー当日に用事があり、お茶や食事に行けなかったとしても、諦めないでください。まずは、必ず連絡先を交換しておきましょう。パーティーによっては、連絡先の交換が組み込まれている場合もあります。交換する流れになっていなかったとしても、帰りに連絡先の交換をしておきましょう。

連絡先の交換をしたら、なるべく早めにメールを入れます。必ず当日中には連絡をしましょう。「今日はありがとうございました」といったお礼をまず初めに伝えます。そして、「〇〇さんと話せて楽しかったです」といったパーティーの感想や、どこに惹かれたのかなど相手への印象を盛り込みます。

最初のうちは重くなり過ぎず、気軽にやり取りできる内容で続けましょう。その後、パーティ中の会話で出た共通の趣味やお互いに興味があることを話に盛り込みながら、「よければ次の休みに一緒に行きませんか?」などと誘ってみましょう。パーティの当日にデートが出来なかったとしても、できるだけ早めに直接会う機会を作るのがおすすめです。カップリングから2週間以内を目安にしてみてください。

 

お相手と合わない…と感じた時に取る行動

お相手と合わない…と感じた時に取る行動
中途半端な状態のままではお相手にも失礼です。

もしも、カップリング直後に初デートをしてみたものの、価値観など相手と合わないと感じることもあるでしょう。ですが、お相手も婚活中ですので、いつまでも期待させておくのは良くありません。違うなと感じたら、早めに伝えてあげましょう。相手の人生も考えて早めにお断りすれば、お相手の方も前向きに次のスタートを切ることができます。

また、お断りする際は、「話が合わなかった」など、相手を否定するような内容を盛り込むのはNGです。お互いの健闘を祈るような、前向きな内容がよいでしょう。例えば以下のように、時間を割いてもらったことへのお礼を伝えてから、相手との考え方の違いなどをやんわり述べます。そして、丁重に申し訳ないという気持ちを伝えて、相手の幸せを祈るような形で締めましょう。

--------------------------------
本日はわざわざ時間を作っていただき、ありがとうございました。
いろいろなお話が聞けて、とても楽しかったです。
実際にお話してみて、○○さんはとても魅力的な方でした。ですが、結婚観や人生設計に関するお話を伺い、私では○○さんの希望を叶えてあげられないと思いました。
私が至らないばかりに、申し訳ありません。
○○さんにとって素敵な出会いがあるよう、心から願っています。

--------------------------------
 

まとめ

カップリング=お付き合いではありません。カップリングはあくまでもきっかけに過ぎず、行動を起こさなければ、せっかくのチャンスを活かすことはできません。

LINEやメールで繋がるだけではなく、なるべく早めに直接会う機会を作り、お互いを知る時間を作りましょう。実際に会って話してみることで、パーティーでは見えなかった面もたくさん見えてきます。
カップリングしたお相手と進展できるようがんばってくださいね!

  • 0
  • 0
  • 0