カップリング後、LINE・メールの返信が遅いのは脈ナシ?

婚活のコツ

2018.02.02

カップリング後、LINE・メールの返信が遅いのは脈ナシ?

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーで出会ったお相手とカップルになってLINEやメールアドレスなどの連絡先交換をしたら、その後の交際へと発展させていきたいですよね。

だからこそ、LINEの既読がスルーされる、なかなかメールの返信がこないとなると、「もう、脈ナシなのかな?」とやきもきしてしまうものです。ですが、本当に返信が遅いだけで、「脈ナシ」と判断して良いのでしょうか。

そこで今回は、婚活パーティーで出会った男女の、「LINE・メールの返信問題」をご紹介します。

 

返信が遅い…脈アリ?それとも脈ナシ?

返信が遅い…脈アリ?それとも脈ナシ?
返信が遅いから諦めよう…と考えてしまうのは早いかも!

婚活パーティーでカップリングしたお相手がLINEを既読スルーしている、出勤前に送ったメールが深夜に返ってくる……。「きっと、脈ナシなんだ」と決めつけていませんか?既読スルー・返信が来ない・返信が遅い=脈ナシとは、限りません。

仮にすぐに返信があったとしても、相手がメール・スカイプ・ハングアウト・チャットワークなどをビジネスで使用しており、頻繁にスマートフォンをチェックしているので、そのついでに返信をしているだけかもしれません。

一方、接客業など、仕事中にスマートフォンを確認できないお相手だと、どうしても既読や返信のタイミングが遅れてしまいます。

つまり、即レス=脈アリとも言い切れないのです。返信が早い・遅いだけでは、脈アリ・脈ナシを判断できないと思っておきましょう。

 

LINEの返信が遅い理由とは

LINEの返信が遅い理由とは
仕事中はスマホを触れない状況、という方もいます。

お相手からのLINEやメールの返信が遅いのには、どのような理由があるのでしょうか。

◆仕事が忙しい
婚活パーティーに参加するために仕事を早く切り上げる日があったとしても、普段は仕事に追われているという状況の人もめずらしくありません。

プライベートでLINEやメールが来ていたとしても、もしかしたら気付いていないかもしれません。帰宅途中、電車の中で気付いても疲れてすぐに寝てしまい、対応できていないということも……。また、看護師など医療系の仕事に従事している人は夜勤も多いので、返事をするタイミングがずれてしまう可能性もあるのです。


◆ゆっくり返したい
自分の打った内容におかしい部分がないか、返信内容を何度も見直してから送信ボタンを押すというタイプの方もいます。お相手の男性や女性に好意があればあるほど、慎重になって返信がどんどん遅れていきます。

LINEの場合、通知センターの表示で内容を確認しておきながら、返信に時間をかけたいのであえて既読スルーをしているという場合もあるかもしれません。


◆すぐに返信すると引かれるかも……と思っている
即レスをしてしまうと、いかにも連絡を待っていた感じでガツガツした印象を与えてしまうのではないか、お相手に引かれるのではないかと考えすぎてしまう方もいます。
そのため、あえて時間をあけてから返事を送るケースもあるのです。

 

返信が遅いときの対処法

返信が遅いときの対処法
ペースはそれぞれ。次の日の返信が普通という人もいます。

返信が遅いからといって脈ナシでもないですが、LINEやメールを送ったきりでは、気になって仕方がないのではないでしょうか。お相手の返信が遅いとき、どうしたらいいのか考えてみましょう。

-----【対処方法】-----
◆相手の返信ペースに合わせる

仕事が忙しいのかもしれない……と考えて、まずはLINEやメール返信をお相手の頻度に合わせてみましょう。

ですが、ただ待っているだけでは時間が過ぎていくだけなので、場合によっては婚活パーティーに参加して新たな出会いを探すのもいいかもしれません。


◆LINEならスタンプを送ってみる
LINEを既読スルーされている場合、スタンプを送ってみるといいかもしれません。おもしろいスタンプで笑いを誘ったり、名前入りスタンプで自分のことを思い出してもらったりと一工夫してみるのです。

スタンプだと気軽に送りやすいので、案外、すぐにスタンプが返ってくることもあります。


-----【NG行動】-----
◆LINEやメールを追加で送りまくる
ありがちですが、お相手にLINEやメール責めをしてしまうと、もしかしたら忙しくて返信ができなかっただけかもしれないのに、引かかれてしまう結果にもつながります…。

相手のペースに合わせてやり取りをしていたら、うまくいったのかもしれないのです。感情のままに送ってしまうことはやめましょう。

 

自分のメッセージに原因があるのかも?

自分のメッセージに原因があるのかも?
自分の送信内容を一度見返してみるのもよいかも。

お相手にとって、返信しにくい内容のメッセージを送ってしまっていたということもあります。

◆LINEやメールが長文だった
スクロールしないと全文を読むことができないような長文メールやLINEだと、お相手は読んでいたとしても返信をしないかもしれません。メッセージに書かれた内容の一つひとつに返信しようとすると、同じくらい長いメールになりかねないからです。

400文字を超えてくると、内容を考えるのも、文章を打ち込むのも時間がかかるため、後回しにしてしまいがちになるのです。


◆内容が自分のことばかりだった
気になるお相手に自分のことを知ってもらいたいがために、メッセージの内容がすべて自分の話ばかりになってしまっていませんか?
「そうなんですね」と相槌を打つしかないようなメッセージでは、お相手は返信のしようがありません。

お相手にもつながる質問を投げかけてみたり、興味がありそうな話題を盛り込んだりするのがポイント。お相手も返信がしやすくなります。例えば、お相手がお笑い好きなら、「昨日、M1グランプリを観ました。○○さんも観ましたか?」など、相手が答えやすい内容を手短に疑問形で聞いてみるのもおすすめです。

また、メッセージの最後に「インフルエンザが流行っているようです。体調にはお気を付けください」というような気遣いの言葉をそえておくと好感度もアップします。

 

新しい恋への切り替えも大切!

新しい恋への切り替えも大切!
出会いのチャンスは他にもいっぱいあるんです!

タイミングを見て何度か追加でLINEやメールを送っても返信がない場合、「今回は縁がなかったのかもしれない」と気持ちを切り替え、婚活を進めるようにするのがベストです。

もしかしたら、しばらくして返信が来ることもあります。そのときに、もう一度このお相手とやりとりを続けるのか考えてみましょう。メッセージを待っている間に参加した他の婚活パーティーで出会いがあったのなら、新たなお相手にシフトしても構わないのです。

婚活ではあきらめるのではなく、こちらもお相手を選択しているということを忘れてはなりません。そのため、婚活の目的である結婚に少しでも近付けるよう、新たな気持ちで婚活を進めていくことが先決です。

 

まとめ

婚活パーティーをきっかけに出会ったとしても、それぞれに性別や性格が違うばかりか、生活ペースによってもLINEやメールを返信するタイミングはさまざまです。

そのため、既読スルーされたり返信が遅いからといって、すぐに脈がないと判断する必要はありません。ですが、あまりにも返信がこないようなら、脈ナシだったと気持ちを切り替えるのも大切です。

婚活パーティーもカップリングも、すべての出会いはご縁です。今回はご縁がなかったとしても、次の出会いを前向きに探しましょう!


◆次の出会いのチャンスを探しに行こう♪
今週開催のパーティーをチェックする>>

  • 0
  • 0
  • 0