話題の趣味コン!お料理合コンのメリット・デメリット♪

婚活パーティーの基礎

2017.11.14

話題の趣味コン!お料理合コンのメリット・デメリット♪

  • 0
  • 0
  • 0

最近、趣味を通じて知り合う『趣味コン』が人気だと話題です。その中でも、高い人気を誇るのが『お料理合コン』。クッキングコンや、料理婚活、などとも呼ばれていますね。

お料理合コンは、お互いの自己紹介からはじまります。その後は、先生から流れの説明を受け、お料理をスタート。出来上がったら、お話しながら、お食事タイム、というのが定番の流れです。

ここでは、お料理合コンに興味がある、という方のために、お料理合コンのメリットとデメリットについてご紹介します!自分に合うかどうか、見極めてみてくださいね♪

 

お料理合コンは、調理実習みたい?サークル感覚でリラックス

お料理合コンは、調理実習みたい?サークル感覚でリラックス
包丁使いに慣れていないという方は、包丁を使わない作業がおすすめ!

お料理合コンのメリットとして第一に挙げられるのは、その自然な雰囲気学生時代のサークルを思い起こさせるような、和気藹々としたムードです。

『自然な雰囲気』が生まれやすいのには、理由があります。それは、料理に向き合うことからスタートするからです。お料理しながら、徐々にお互いが知り合っていくのです。初対面の男女が、1対1で向かい合うと、異性を意識する余り、本来の自分を出しにくいもの。料理という他に意識を向けるべきものがあるため、相手に自分がどう見られるかということから意識が逸れ、本来の自分でいられるようになります。

結果として場の雰囲気が自然になり、そこまで多くの会話を交わした訳ではないのに、お互いの距離がぐっと縮まるのです!

 

交流時間も確保されていて、『出会い』と『趣味』のバランスがいい!

交流時間も確保されていて、『出会い』と『趣味』のバランスがいい!
お料理が出来上がる頃には、すっかり仲良しになってます♪

お料理合コンの第二の魅力として、しっかりと交流ができる、ということが挙げられます。趣味コンの中には、趣味にばかり没頭してしまい、ほとんど交流ができなかった…というものもあるよう。

その点、お料理合コンは、安心!必ず、お料理が出来上がった後は、席についてのお食事タイムが確保されます。そこで、ゆっくりお話できちゃうんです。一緒にお料理した後なので、すっかり雰囲気は<仲間>♪

食べ終わる頃に、司会者からは『連絡先交換』と『二次会』を促すアナウンスが入ります。お料理で距離接近適度なコミュニケーションの後でのアナウンスなので、タイミングは最高!ほとんどの方が、二次会に行っているようです♪

 

1対1で話す機会は少ない!相手の条件チェックはしにくい

1対1で話す機会は少ない!相手の条件チェックはしにくい
タバコを吸わない人がいい、という方は、二次会に行ってチェックがおすすめ!

いいこと尽くめのようなお料理合コンですが…、デメリットは何なのでしょうか!?それは、異性の年齢・職業・年収・喫煙状況など、条件のチェックがしにくい点にあります。

ほとんどのお料理合コンでは、プロフィールカードは用意されません。もちろん自己紹介はしますが、どんなことを言うかは、その人次第。相手の条件よりも、居心地やフィーリングを重視する方ならば問題ないのですが、恋人・結婚相手の条件にどうしても譲れないものがある、という方は、相手が自分の求める条件に合うか、自分自身で確認しなければなりません。

婚活男女が気になる条件として多く挙げられる『喫煙の有無』も、お料理合コン中は禁煙なので、チェックできません…。気になる方は、二次会に参加することをオススメします!二次会のお店を選ぶ時に、『タバコ吸う人、いますか~?』と聞いてみましょう。気配りできる印象も与えられますし、情報GETもできちゃいます。

 

まとめ

お料理合コンのメリットとデメリット、把握できましたか?かしこまった雰囲気よりも、自然で楽しい雰囲気で出会いたい!という方にはぴったりですよね♪ぜひ探してみてくださいね!
PARTY★PARTYの趣味コン

  • 0
  • 0
  • 0