3回目のデートに誘う男性心理と女性が気を付けるべきポイントを解説!

3回目のデートに誘う男性心理と女性が気を付けるべきポイントを解説!

デート

更新:2022.08.31

作成:2022.08.31

Party事務局
男性と交際を始める前、価値観を知ったり気が合うか探ったりするために何回かデートをする方が多いでしょう。
特に、3回目のデートは交際を始めるにあたり重要といわれています。

本記事ではその理由と3回目のデートにおける男性心理、女性が3回目のデートで気を付けたいことなどをご紹介します。

3回目のデートが重要といわれる理由

3回目のデートが重要といわれる理由
デートを重ね一緒に過ごす時間が長くなればなるほど、相手の本質がみえてくるものです。
3回目のデートが重要と言われる理由は、相手とお付き合いしたいかどうか見極めるタイミングと考えている方が多いからです。
3回目のデートは、1~2回目のデートに比べ緊張が緩みやすいとされており、素の自分に近い状態で接することができるといわれています。
お付き合いを真剣に考える場合、いつまでも猫をかぶっていては判断が難しいですよね。1~2回のデートを経て、3回目でリラックスした時間を共に過ごすことで「この人とこの先も一緒にいたいと感じるか」を判断する人が多い傾向にあるようです。

しかしながら、3回目のデートだけが重要なのではありません。1~2回目のデートでしっかり土台をつくることで、3回目のデートが重要なものになるという意味でもあります。
1~3回目のデートでは、次のようなステップを踏むのが理想的です。

【1回目のデート】
お互いが緊張していて気を使い、素が出せない状態。
身なりや言動など、基本的なマナーがあるかチェックする。

【2回目のデート】
少し打ち解けて、互いに話しやすくなる。
相手を観察して、人柄や価値観を理解する余裕が出てくる。

【3回目のデート】
緊張せず素で会話でき、緊張が緩むので本性も出てくる。
少しずつ相性が分かるようになり、交際したいかどうか互いに考える。

1回目、2回目のデートで失礼な言動をとれば、3回目のデートにたどり着くことは少ないでしょう。3回目のデートが重要なものになるよう1回1回のデートを大切にし、お互いを思いやる振る舞いをすることが大切です。

3回目のデートに誘う男性心理

3回目のデートに誘う男性心理
男性も交際相手を決める際は、女性同様慎重になるものです。
3回目のデートに誘う際、男性は一体どのように考えているのでしょうか?
ここからは3回目のデートにおける男性心理について紹介します。

あなたをもっと深く知りたいと思っている

数回会っただけで相手の本質を知るのは男女共に難しいと感じるはず。
前述の通り、1~2回目のデートではまだお互い緊張しているため、男性は「もう少し深くまで知りたい」「素の状態を見てみたい」と感じている人が多いようです。
3回目のデートでは、男性から休日の過ごし方、価値観、最近怒った・泣いたエピソードなどについて聞かれることが増えるかもしれません。
相手がどんなことに惹かれ、何が好きで何が嫌いか具体的に知りたいと感じているというわけです。

正直なところまだ決めきれない

まだ交際していない段階であれば、あなた以外に恋人候補の女性がいてもおかしくありません。
他の女性とも平行してデートを重ねており、それぞれのよいところを知ってきた故に、今後誰とお付き合いすべきかもう少しじっくり考えたいという男性も多いはず。

男性が結婚を視野にいれて恋人を探している場合は、さらに慎重になる可能性が高まるでしょう。

脈ありかどうか探っている

3回目のデートあたりから告白を意識する男性が多いとされていますが、なりふり構わず告白して振られ、傷つくことは避けたいもの。そのため成功率が高まった状態で告白したいと考えている男性がほとんどです。

何度もデートに誘いOKしてくれるかどうかやデート中の態度などから、女性が自分を異性として意識し脈ありなのか確認しようとしている可能性があります。

3回目のデートで女性が注意したいポイント

3回目のデートで女性が注意したいポイント
仲良くなったとしてもデリカシーのない言動はNG。「また会いたい」と思われる言動を心がけて。
3回目のデートで相手に好印象に感じてもらい、次のステップに進むきっかけをつくるために女性が気を付けたいポイントを紹介します。

緊張が解けたとしても言葉遣いやマナーに気を遣う

前述の通り、3回目のデートは互いのことを徐々に知りつつある段階であり、緊張が緩みやすいものです。しかし油断は禁物。
1~2回目のデートでは意識していたのに、3回目のデートで突然言葉遣いが汚くなったり、店員に厳しい態度で接したりすると、お相手に「いままで本性を隠していたんだな」と感じさせてしまい、交際を避けられてしまう可能性も。

リラックスした自分でデートは楽しみつつも、常に「見られている」という意識で言葉遣いやマナーに気を付けて行動しましょう

好意や気持ちを素直に表現する

あなたがお相手に好印象を感じ、お付き合いに前向きな場合は恥ずかしがらず伝えましょう。
恥ずかしいからといって好意や気持ちを示さないでいると、男性は「脈なしだな」と判断して身を引いてしまう可能性があります

女性から告白するのももちろんOKですが、自分からの告白はハードルが高いと感じる方は「〇〇さんとは、気が合うなと感じます」「一緒に話していると、とっても楽しいです」「〇〇さんが彼氏だったら、きっと幸せだろうな~」など、会話の中でさりげなくアピールしてみましょう。
それにより男性は「自分に好意を持ってくれてるのかな」と感じ告白しようとしてくれるかもしれませんよ。

3回目のデートで告白を期待しすぎない

3回目のデートは1~2回目のデートに比べ重要度が高く交際を意識しやすいものですが、 必ずしも3回目のデートで必ず告白されるとは限りません。
まだそこまで仲が深まっていないのに、男性に「告白して!」と圧をかけるような態度をとったり、3回目のデートで告白されなかったからといって関係を断ち切ってしまうのは避けましょう。
大切なのはデートの回数ではなく、一緒にいる時間や話した内容です。お互いを知った上でお付き合いに進むことが大切なのです。
4回目、5回目のデートで交際に発展することももちろんあるので、結果を急ぎすぎないことが大切ですよ。

まとめ

今回は、3回目のデートが重要と言われている理由などについて紹介しました。

3回目のデートは、交際するかどうか判断するターニングポイントとなりやすいため重要だといわれています。男性から3回目のデートに誘われた場合は相手もあなたのことをもっと知り、距離を縮めようとしているはずです。

3回もデートが続けばお互い仲良くなり「もう交際が始まるも同然!」と考えてしまう方がいるかもしれませんが、実際に交際がスタートするタイミングは人それぞれ。焦らず相手の人柄を知ること、デートを楽しむことに集中しましょう。
1~2回目のデートを経て緊張がほどけてきたからといって、相手に不快感を与える言動をするのはもちろんNGです。
せっかく深めた仲を台無しにしてしまう可能性もあるので「親しき仲にも礼儀あり」を意識し相手を思いやる言動を意識しましょう。

SAME CATEGORYデートの記事

もっと見る

PARTY☆PARTYアプリ画面

アプリでもっと便利に

パーティーのお得情報を
いち早くお知らせ

交換した相手の連絡先も
チェックできる♪

Download on the App StoreGet it on GooglePlay

FOLLOW US公式アカウントをフォロー