婚活パーティーに疲れた…そんなときの対処法とは

婚活のコツ

2017.10.26

婚活パーティーに疲れた…そんなときの対処法とは

  • 0
  • 0
  • 0

「毎週のように婚活パーティーに参加しているのに、いい人とカップルになれない…」「カップルになっても思った通りの人ではなく、お付き合いまで進まない…」といったことが続くと、婚活パーティーに疲れてしまいますよね。

そんなときは、一度自分の婚活方針を見直してみたり、思い切ってリフレッシュしてみたりするとよいかもしれません。婚活パーティーに疲れてしまう原因を探って、なるべく婚活疲れを感じない活動方法に切り替えていきましょう。

 

婚活疲れに陥ってしまう理由

婚活疲れに陥ってしまう理由
疲れてしまう理由を考えてみることで、解決策も見えてきます。

なぜ婚活に疲れてしまうのか、まずはその原因を分析してみるのがおすすめです。
自分が婚活に疲れを感じてしまう理由を知って、考え方を変えてみたり、活動方法を変えてみたりすると精神的に楽になれるでしょう。



◆すぐにうまくいくと思っていた
婚活を始めたばかりのときは「1ヶ月も婚活をすれば、すぐにいい人に出会える」と考えていたのに、何ヶ月経ってもいい人に巡り合えず焦りを感じて、精神的に疲れてしまうケースです。

親に結婚を急かされたり、友達の結婚報告を聞いたりして焦ってしまうかもしれませんが、無理せず自分自身のペースで結婚相手を見つければいいのです。焦れば焦るほど、婚活が辛くなってしまうでしょう。


◆理想の男性・女性とカップルになれない
婚活パーティーで「いいな」と思える異性がいたとしても、カップルになれないとがっかりしてしまいますよね。
そのようなことが続くと「自分に魅力がないのかな」「なにがダメだったのかな」などと悩み始め、ネガティブな気持ちになってしまいがちです。


◆お金と時間がかかる
婚活パーティーへの参加費用は決して安いものではありませんよね。特に参加料金が高く、デート費用も負担する割合が多い男性は、出費が苦しいと感じてしまうでしょう。

さらに毎週のように婚活パーティーに参加している方は、せっかくのお休みを婚活に費やすことになり、体も心も休まらないのではないでしょうか。なかなか結果が出ないのにお金や時間ばかり費やしている気持ちになり、精神的にも金銭的にもかなり苦しくなってしまいます。

 

今一度、婚活方針の見直してみよう!

今一度、婚活方針の見直してみよう!
一度立ち止まって、自分の結婚への想いを見つめてみましょう。

手当たり次第にたくさんの婚活パーティーに参加しても、いい結果が得られるとは限りません。
婚活パーティーに行くのに疲れて「もう婚活はやめる!」となってしまう前に、今一度婚活方針を見直してみるのがいいでしょう。

◆なぜ結婚したいのか明確にする
まずは、なぜ自分は結婚したいのか?ということを改めて考え直してみるといいでしょう。
明確な結婚目的がないと、婚活へのモチベーションが低くなってしまいがちです。また、結婚したい理由を明確にした上で結婚相手を探すことで異性の見方が変わり、今までとは違うタイプのお相手にも関心を持てるようになることもあります。


◆無理のないゴールを目標にする
自分の恋愛傾向や仕事の忙しさなども考えて、ゴールまでの期間を見直してみましょう。
達成目標をあまりに短い期間で設定してしまうと、苦しくなってしまいがちです。1、2ヶ月などの短期ではなく、1年などの長期で目標を立てた方が精神的に楽になれます。


◆本当にゆずれない希望条件を考える
無意識のうちに結婚相手に求める条件が厳しくなりすぎてしまっていないか、再確認してみるのもおすすめです。ルックスやスタイル、肩書き、収入など、あなたの理想を全て兼ね備えた異性というのはなかなかいません。完璧なお相手を求めてしまうと、婚活が長引いてしまいがちです。

例えば見た目があまりタイプでなくても、価値観や考え方が似ていたり、お相手の人間性が素晴らしかったりすれば交際開始後に、「出会えて本当によかった」と思うこともあるでしょう。もちろん、全てを妥協する必要はありません。結婚相手に求める譲れない条件を改めて見つめ直し、気になる異性の幅を広げると、出会いのチャンスも広がります。


◆自分に合っている婚活パーティーを選ぶ
婚活疲れしている人によくあるのが、手当たり次第たくさんの婚活パーティーに参加しているというケースです。うまくいかない回数が多ければ多いほど精神的に疲弊してしまいますから、少し参加回数を減らして、自分の強みをアピールしやすい婚活パーティーを厳選して参加してみるのもおすすめです。

例えば女性の場合、若さは一つの武器になります。年齢制限があるパーティーなら、自分の年齢が下限に近いものを選ぶのがおすすめです。また、趣味などの共通点をもとに出会える企画もあるので、自分が興味・関心がある内容の婚活パーティーや婚活イベントに参加すれば、会話も弾みやすくなるでしょう。

 

どうしても婚活に疲れたときの解決方法

どうしても婚活に疲れたときの解決方法
思い切って休むことで、気持ちがスッキリするはずです!

どうしても疲れてしまったときは、婚活パーティーに参加するのを少しお休みしてみましょう。

婚活を進めていると焦りから、休むことが悪いことのように感じてしまいがちですが、一時的に婚活パーティーに出なかったからといって、婚活がうまくいかなくなるわけではありません。むしろ休止期間にリフレッシュすることで心に余裕ができ、前向きに婚活パーティーに参加できるようになるなど、プラス効果が得られる可能性があります。

しかしながら、休む期間をあらかじめ決めておかないと、だらだらと休止期間が長引いてしまいがち。婚活を辞めてしまっては出会いの機会がなくなってしまい、本末転倒です。そのため「2週間だけ」「1ヶ月だけ」など、ある程度休む期間を決めてから活動休止をするようにしましょう。

休止期間中は婚活からちょっと離れ、家族と一緒に旅行へ行ったり、女子会をするなど同性の友人と思いっきり遊んだりして、リフレッシュしてみてください。もちろん、自分の魅力をアップさせのためにファッション誌を読むなど、自分磨きをするのもおすすめです。

 

まとめ

婚活疲れを感じる方は、真面目に取り組みすぎてついついストレスを溜めてしまう方が多い傾向にあります。
思いつめてしまうと「どうせ今回もダメだろう」という考え方が態度に出てしまい、婚活パーティーで出会った異性に暗い印象を与えてしまう可能性も。

頑張る時は頑張る、休む時は思いっきり休むなどメリハリをつけて活動した方が、精神的負担が少なく済むものです。肩の力を抜いて、無理せず婚活パーティーに参加していきましょう。


◆リフレッシュしたら、婚活パーティーへ♪
パーティータイプから探す>>
人気ランキングから探す>>

  • 0
  • 0
  • 0