婚活パーティーのプロフィールは嘘だらけ!?嘘を見破る質問のコツ

婚活のコツ

2018.04.10

婚活パーティーのプロフィールは嘘だらけ!?嘘を見破る質問のコツ

  • 0
  • 0
  • 0

結婚相談所と違って、収入証明書など各種証明書の提出が必須でない婚活パーティー。「プロフィールに嘘の情報を書いてもバレないのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか。

事実、婚活パーティーのプロフィールには嘘をかけてしまう項目もあります。そこで今回は、嘘に気をつけるべき項目と嘘を見破る質問、そして嘘をつかずに魅力的なプロフィールを作る工夫についてご紹介していきます。

 

プロフィールに嘘を書いてもバレない?

プロフィールに嘘を書いてもバレない?
氏名や年齢を偽っても、本人確認でばれてしまいます。

婚活パーティーのプロフィールで簡単に偽れない項目として挙げられるのが、氏名や年齢といった項目です。安心して参加できる環境作りを徹底している主催者の婚活パーティーでは、参加する際に受付で運転免許証や保険証などの本人確認書類を提出しなければなりません。そして、氏名や年齢と身分証明書を照らし合わせて確認をするため、この点に関しては偽ることが難しいのです。

逆に言えば、証明書を提出する必要がない項目は全て偽ることができると言っても過言ではありません。
そこで、まずは嘘を書いてもバレにくい項目についてご紹介していきます。

 

嘘を書いてもバレにくい項目に注意

嘘を書いてもバレにくい項目に注意
嘘はお相手からの信頼をなくすだけで、良いことはありません。

偽りの内容を記入してもバレにくく、なおかつ見栄を張るために偽った情報を書いてしまいがちなのが以下の項目です。
●年収
●職業
●学歴

どれも異性からの印象を大きく左右する、重要な項目ばかりですね。ほとんどの婚活パーティーにおいて、年収・学歴・職業証明書の提出まではさせないので、これらの項目は自己申告制になっています。プロフィール内容に偽りがあるかないか、婚活パーティーで10分程度話しただけで見破るのは難しいでしょう。

しかしながら、婚活パーティーで重要なのはカップル成立をすることだけではありません。カップルになったあとLINEやメールでのやり取りやデートを重ね、幸せな結婚することが婚活の目的であり、カップリングがゴールではないのです。最初はこういった重要な情報を偽って異性とマッチングしたとしても、いずれバレて結婚につながらないのは明白ですよね。

そうしたリスクを理解している婚活パーティー参加者は、プロフィールに嘘は書きません。つまり、全ての参加者がプロフィールに嘘を書いているかと言えば、決してそんなことはないのです。
しかし極少数ではありますが、カップリングしたいがために嘘のプロフィールを書くような心ない人がいるのも事実です。そういう人に引っかからないために、できるだけ早い段階で相手の嘘を見破る方法をご紹介します。

 

嘘を見破るための質問2選

嘘を見破るための質問2選
質問を通して、お相手がその情報に詳しいのかを確認しましょう。

よく嘘の内容が書かれがちな3つの項目に関して、できるだけ早い段階で嘘かどうか見破る質問を2つご紹介します。

質問する際の態度としては、「疑っている」という気持ちがお相手に伝わらないように気を付けなければなりません。「関心があり、知りたいだけ」というような、純粋で明るい態度を心がけるといいでしょう。


【1】大学や職場の場所や、所属を聞く
お相手のプロフィールに具体的な大学名や会社名などを出てきた場合、大学や会社の所在地、所属学部学科・部署を聞いてみるのがおすすめです。有名大学卒の人、または有名企業に務めている人は、ほとんどがその経歴を誇りに思っているので質問をすればスムーズに答えてくれるでしょう。

例えば、有名大学ほど、キャンパスや学部は複数あります。大きな会社もたくさんの部署があるはずです。「○○大学卒ですか!キャンパスたくさんありますよね。どちらまで通っていたんですか?」「研究職ってことは、理系の学部を出てらっしゃるんですか?」など、具体的な地名や学部名などを言ってもらえるよう、上手に誘導しましょう。

あからさまに話を逸らす、または明確に答えてくれないようであれば、情報を偽っている可能性が高いかもしれません。とはいえ、相手がスムーズに答えた場合は、その情報が嘘か本当か分かりませんよね。もしそのお相手とカップリングしたら、婚活パーティー後にインターネットなどでリサーチをして真偽を確かめるといいでしょう。


【2】仕事内容を詳しく聞く
お相手が具体的な企業名や職業を挙げたなら、事業内容や、普段どのような仕事をしているか質問してみるといいでしょう。コツとしては「その業界にとっても関心があるんです!」というような態度をとることです。先程ご紹介した、部署名や会社の場所なども併せて聞けたらさらに効果的です。

質問内容に対し、お相手が抵抗なく教えてくれたらプロフィールの信憑性は高いでしょう。逆に話を逸らされたりしたなら、少々怪しいです。有名企業であればあるほど、就活生向けあるいは転職者向けの情報サイトで大体の年収を簡単に調べられます。婚活パーティー後にインターネットなどで調べてみると、年収に偽りがないかも確認することができます。

 

魅力的なプロフィールに必要なのは「嘘」でなく「工夫」

魅力的なプロフィールに必要なのは「嘘」でなく「工夫」
異性にどうしたら好印象をもってもらえるか工夫することが大切。

「自分のスペックじゃ、魅力的なプロフィールにならない。でも嘘は書けないし…」
そうお悩みの方におすすめなのは、趣味などの項目に一工夫加えて魅力的なプロフィールを作る方法です。

異性がプロフィールでチェックしているのは、年収や職業だけではありません。結婚後を想像し、一緒に生活をして、居心地が良いか、楽しそうかという点も非常に大切です。例えば、男女問わず家事が好きというのは好印象です。特に男性であれば、共働き希望の女性に「家事が分担ができる」というイメージを与えることができます。

そのほか、「量はそんなに飲まないけど、お酒を飲むのが好きです。ふたりでおいしいものを食べ歩きしたい」などと書けば、「デートをしたら、一緒に美味しいものを食べて楽しめそう」「お酒好きでも、酒癖は悪くなさそう」といったポジティブなイメージを与えることも可能です。

偽りなく自分の魅力を最大限アピールできるよう、工夫してプロフィール書いてみることでカップリング率が高くなる可能性があります。

 

まとめ

婚活パーティーで、プロフィールに嘘を書くことは可能です。ほとんどの方が嘘偽りなく記入していますが、極一部の心ない方がプロフィールを偽っている可能性は否定できません。

しかし、誠実な参加者のほうがもちろん多いので、騙されることを恐れて婚活パーティーへの参加をやめてしまうのは大変もったいないです。ご紹介した対策方法を使えば、嘘を見破るヒントにつながったり、嘘をつかなくてもステキな出会いのチャンスを増やしたりすることができるでしょう。

しっかり対策をした上で、婚活パーティーで運命のお相手を探しましょう。



◆1対1でゆっくり話せる婚活パーティーへ♪
「個室プチお見合い」を探す>>

  • 0
  • 0
  • 0