2回目のデートが婚活成功へのカギ!知っておくべきコツとタイミング

デート

2018.03.22

2回目のデートが婚活成功へのカギ!知っておくべきコツとタイミング

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーでカップリングすることができたら、次のステップは初デートです。初デートで2人きりの時間を過ごしてみて、このまま関係を深めたいか、あるいは終わりにするかのジャッジをすることになります。

そして、お互いの思いが同じであれば、2回目のデートに進むわけですが、この2回目のデートが今後につながる重要なカギ!そこで今回は、2回目のデートをする上での注意点や知っておきたいポイントをご紹介します。

 

1回目のデートと2回目のデートとの違い

1回目のデートと2回目のデートとの違い
2回目のデートは今後の交際につながるかを左右する重要な場!

1回目のデートと2回目のデートは、同じデートでも違いがあります。

1回目は、お互いのことをまだよく知らないままデートをするのが一般的ですが、2回目になると少し違ってきます。初デートである程度お相手のことを知ることができ、そのうえでお互いに好意を持っている、あるいはもう一度デートしても良いかなと思っている場合にデートをすることになります。

そのため、2回目のデートは今後交際に発展する相手かどうかを「見極める」ための場と考えましょう。

 

2回目のデートに誘うべきタイミング

2回目のデートに誘うべきタイミング
お相手が好きだと話していたジャンルの食事に誘うとスマートです♪

最初のデートを終え、2回目のデートに誘うべきタイミングですが、あまり期間を空けずに誘うのがベター。もともとの出会いが、婚活パーティーだからこそ、あまり間隔を空けてしまうと、「他に連絡を取っている人がいるのでは…」「また他の婚活パーティーに参加しているのかな?」とお相手側を不安にさせる原因にもなり得ます。

1回目のデートから時間をあけずに誘うためには、1回目のデートで知り得た情報をもとに誘うとスマートです。
たとえば、お酒が好きのお相手なら、「美味しいワインが飲めるお店があるんですが、来週末一緒に行きませんか?」と誘ったり、映画鑑賞が趣味のお相手であれば、「この間お話しされていた映画が公開されましたね。今週ご都合が良い日にでも一緒にどうですか?」と誘ったりすれば、スマートかつ1回目のデートで聞いた内容や趣味を覚えていることを相手に伝えることもできます。

この「覚えてくれている」と感じることは、好意に捉えられる重要ポイントなので、特に2回目のデートに誘う際には押さえておきましょう。

 

2回目のデートでおすすめの場所や時間帯

2回目のデートでおすすめの場所や時間帯
お相手の趣味やタイプに合わせて、デート場所を決めましょう。

2回目のデートでおすすめの場所は、初デートのときや、その後のLINEやメールでのやり取りを通して知った、お相手が好みそうな場所を選ぶのがポイントです。

ただ、お相手が女性の場合、いくらお酒を飲むことが好きであっても、2回目でいきなり雰囲気のないチェーン店の居酒屋などを選んでしまうと、ちょっとガッカリされてしまうことも考えられます。ある程度お相手が喜びそうな(異性が好きそうな)場所を選ぶのがおすすめです。

1回目のデートは食事のみというのがよくあるパターンですが、2回目になると、「どこかデートスポット+食事」という長時間コースが一般的です。デートスポットの定番である水族館や動物園、あるいは映画鑑賞も所要時間やその後の話題につながりやすいことを考えるとおすすめです。

時間帯は、お昼~夜にかけてがベター。あまり朝早すぎる待ち合わせだと間延びしてしまいますし、逆に遅すぎると一緒にいられる時間が短時間になってしまいます。今後お付き合いを続けていくかをジャッジするためにも、約半日一緒に過ごせるくらいがよいでしょう。

 

2回目デートでのNGポイントとは?

2回目デートでのNGポイントとは?
NGポイントに気をつけて、2回目のデートを楽しみましょう。

1回目のデートはお互いを知るための時間ですが、2回目になると「付き合うかどうか」の判断をするための時間となります。2回目のデートが楽しいと、「もっと相手を知りたい」と感じますし、反対に楽しくなければ、「もう会うのはやめにしよう」と思うことになります。

それでは、2回目のデートでやりがちなNG行動やNG会話を見てみましょう。

◆いきなり馴れ馴れしい
1回デートをしたとはいえ、まだ出会って3回目です。にもかかわらず、馴れ馴れしい態度や、男性からのボディタッチが多いのはNG。

◆突っ込んだ話を聞く
年収や結婚観など、あまりに突っ込んだ話を聞くのもNG。重要な話ではあるものの、2回目のデートで根掘り葉掘り聞かれると男女問わず冷めてしまう要因に。

◆デート内容やファッションを手抜きする
自分を知ってもらうためとはいえ、2回目のデートで明らかに1回目と違うようなデートの内容(手抜き)や服装はNG。自分を見せるのはもう少しデートを重ねてから。


など、毎日のように連絡を取り合っていると忘れがちですが、まだ2回目のデート。ある程度の緊張感を持って接することが重要です。ありのままの自分を見せたり、慣れあうのにはまだ少し早すぎます。実際、こういった理由で交際に発展しなかった経験のある人が多いのです。

 

勝負の3回目デートに繋げるためにすべきこととタイミング

勝負の3回目デートに繋げるためにすべきこととタイミング
気遣いの一言があると、お相手からの印象もぐっとアップするはず!

一般的に、告白する一番良いタイミングは3回目と言われていることからも、2回目のデートで次に繋げられるかは重要です。婚活パーティーで出会った人と数回デートを重ねているのであれば、3回目を目安に「そろそろ告白のタイミングかな」と思っておいた方が良いかもしれません。告白もせず、デートの回数を重ねてしまうと、「付き合う気がないのでは?」とお相手を不安にさせてしまう可能性があります。

3回目のデートに繋げるために、最も重要なことは「もっと一緒にいたい」とお相手に思わせることです。これは、2回目までのデート中の雰囲気ややり取りに限らず、デート後のLINEや電話も大切です。

特に男性は忘れがちですが、デート後に必ずお礼や気遣いのメッセージを送るようにしましょう。たとえば、「今日はありがとう!とても楽しかったです。また今日言っていた○○に一緒に行きましょう」と言えば、お相手に次があることを予告することにつながります。
また、「帰りとても寒かったけど、大丈夫でしたか?風邪をひかないようにしてくださいね」と一言あれば、自分を気遣ってくれていることにお相手はうれしく感じるはずです。

男性に限らず女性も同様で、そういった小さな気遣いや一言が「この人と付き合えたら楽しいだろうな」と相手に印象づけるポイントとなります。

3回目のデートに誘うタイミングは、デート後のお礼メッセージと共に「良かったら、今週末また食事にいきませんか?」などとお誘いするとスマートです。2回目のデートからあまり時間を空けてしまうよりも、なるべくデートの余韻が覚めないうちに誘うのがおすすめです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
もし、婚活パーティーでカップリングしたお相手と2回以上デートが続かないのであれば、お相手を気遣う姿勢やデート中の態度に何か足りないものがあるのかもしれません。

2回目のデートに繋げるために重要なのは、お相手から「また会いたい」と思われること。
デートはどちらか一方だけが楽しくても、次また会いたいとは思いませんよね。

デートの誘い方や場所の選び方、会話までお相手を気遣う気持ちを見せることこそ、恋愛に発展するコツなのですから。


◆デートのお相手と婚活パーティーで出会う♪
仲良くなりやすい同年代と出会いたいなら>>
2~3歳差くらいのお相手と出会いたいなら>>


◆他の記事もチェック!
初デートのポイントを知りたい方はこちら>>

  • 0
  • 0
  • 0