結婚式で出会いを見つけるためのポイントや注意点

結婚式で出会いを見つけるためのポイントや注意点

恋愛・出会いのコツ

更新:2021.05.13

作成:2021.05.13

Party事務局
結婚式は新郎新婦と参加者全員が幸せを共有できる場で、式場はたくさんの笑顔に包まれます。
初めて会う新郎の友人と新婦の友人で盛り上がることは珍しくなく、実際に結婚式で出会ってカップルになったという話もたくさんあります。

年に数回あるかどうかの貴重な場で異性との運命の出会いに期待している人は、どんなポイントをおさえることで出会いを見つけられるのか気になることでしょう。

この記事では、結婚式で出会いを見つける場合に知っておきたいポイントや注意点を詳しく紹介します。

結婚式が出会いに繋がりやすい理由

結婚式が出会いに繋がりやすい理由
結婚式で出会いに期待する社会人男女はたくさんいらっしゃいます!
みんながハッピーな気持ちで参加する結婚式は、数あるイベントの中でもカップルが誕生しやすい注目のイベントです。株式会社ワイズが20歳~49歳男女100名に調査した結果によると、結婚式や二次会での出会いに期待する人の割合は約60%となっています。

結婚式や二次会の出会いに期待する割合(20~49歳・男女100名の調査結果)
期待している…61%/期待していない…39%

参列者である独身男性・女性の多くが出会いを期待しており、さらに幸せそうな花嫁を見て「自分も結婚したい!」と気持ちも高まりやすい結婚式ですから、タイミングを上手く掴んで話しかけ、お互いに相性の良さを感じられれば、関係を発展させられる可能性は高いでしょう。

また結婚式では、ゲストも男性はスーツ女性はパーティードレスと、いつもより華やかな服装で参加するからこそ魅力的に見え、「あの人素敵だな」と気になる異性を見つけやすいという点も、結婚式での出会いが期待される1つの理由でしょう。

なお、結婚式の中でも特に出会いに発展しやすいのが友人関係という結果が報告されており、職場関係や親族関係の式よりも積極的に出会いを探せるチャンスがあります。

出会いに発展した結婚式(20~49歳・男女200名の調査結果)
友人関係…174件/職場関係…15件/親族関係…11件

「自分の友達の新郎・新婦が招いたゲストであれば、人として信頼できる」と安心感もありますし、年齢が近かったり地元が近かったりと共通点が多いので、初対面であってもお相手との距離が縮まるのは早い傾向があるようです。

結婚式はあくまで新郎新婦を祝う場ですが、新郎新婦も自分の式をきっかけに新しい出会いが生まれることは大歓迎でしょう。
普段、職場やプライベートで異性との出会いがない人は、結婚式という貴重なチャンスをしっかり活かしたいところです。

結婚式で出会いやすいタイミングときっかけ

結婚式で出会いやすいタイミングときっかけ
出会いのチャンスは式が始まる前から転がっています!
結婚式から二次会までの流れの中で、気になる異性に声をかけるチャンスはたくさんあります。
具体的にどのような場面で出会いやすいタイミングやきっかけがあるのか、結婚式で出会いを見つけた方の例を挙げて紹介します。

●ウェルカムスペースで声をかけた

式場では席についてしまうと気になる相手に声をかけることが難しくなりますが、式が始まる前のウェルカムスペースではドリンクを飲みながら気軽に話しかけられるタイミングがあります

いきなり連絡先交換というのは相手も引かせてしまう原因になりますので、まずは「今日晴れてよかったですね!」や「新郎とは古い付き合いだから、多分今日泣いちゃいます!」のように、フレンドリーな声かけで自分の存在を知ってもらいましょう。

●二次会の席が近かった

結婚式の一連のイベントの中で、最も出会いのチャンスがあるのが二次会です。
ダイニングバーなどを会場にした二次会ではお酒が進んでいる人も多くなり、披露宴よりもかなりゆるい雰囲気でゲームや飲食、会話を楽しめるようになります。

新郎新婦の友人同士の席が近い場合は積極的に話しかけるチャンスで、全員が参加するビンゴ大会などは良いタイミングとなります。
自分が使わない賞品が当たった時にこっそり譲ったり相手の行動に対して「すごい!おめでとう!」などリアクションしたり、楽しみながらその場の空気や相手のテンション合わせてアプローチしましょう。

席が固定されていない場合は、何も催し物がない時間帯に合わせて「隣に座ってもいいですか?」「今日楽しかったですね!」と声をかけてみましょう。

●幹事を一緒に務めた

良くある話が、新郎新婦がそれぞれ選んだ幹事同士で良い出会いに発展するというパターンです。
会場の準備や受付など一緒に過ごす時間ができる幹事同士は、準備作業の中で自然に話したり、新郎新婦にまつわる古いエピソードを話したりして距離を縮められるきっかけがたくさんあります。

また、幹事という立場を利用して、受付に気になる相手が来た際に「良い式でしたね!感動しました!」など声かけもできますので、幹事をお願いされた場合は快く引き受けることをおすすめします。

●余興やサプライズを一緒に企画した

最近では新郎新婦の友人同士が裏で連絡を取り合って、当日一緒に余興やサプライズすることも珍しくありません。

フラッシュモブなどの練習で集まった新郎新婦の友人同士は、同じ目標に向けて頑張る中で親交を深めやすく、サプライズが成功した際は高揚感のある状態で会話ができます
「お疲れ様でした!大成功でしたね!」という声かけでさらに距離を縮めて、連絡先交換まで発展させましょう。

結婚式から良い出会いに発展させるためのポイントと注意点

結婚式から良い出会いに発展させるためのポイントと注意点
二次会の雰囲気と相手の空気を読んで上手に立ち回るのがポイント!
出会いに溢れている結婚式で、気になる異性を見つけて良い関係に発展するためには、あくまで新郎新婦を祝う場であることを自覚して「空気を読める人間」であることが大事になります。

自分は出会いを求めていても、相手側は素直に友人を祝いたいだけで全く出会いに興味がない場合もあります。最初の会話でいきなり交際歴や結婚願望を聞かないように注意が必要です。

声をかける前はまずはトイレで身だしなみが整っているかをしっかりチェックして、式中は話し方や食事の際のマナーに気を遣いましょう

二次会で会話できるチャンスがあった場合は、新郎新婦の話題を中心にしながら「飲み物持ってきますよ!何にしますか?」「疲れていませんか?あそこのソファーに座りましょう」という気遣いができると好印象を与えられます。

美味しい食事でお酒が進んでしまいますが、出会いを見つけたい場合はしっかりとブレーキをかけ、冷静を保ちつつアプローチしましょう。

まとめ

友人の結婚式に招待された場合、人生のパートナーになる素敵な異性と出会うチャンスがあるかもしれません。
実際に結婚式に出会いを求めている人は多く、幹事やサプライズを一緒に務めた新郎新婦の友人同士でカップルになることは多々あります。
出会いのきっかけを逃さないためには新郎新婦の幸せを祝いながら積極的にアプローチすることが大事になります。

今後、結婚式に招待された場合は、この記事でご紹介した出会いやすいタイミングや良い出会いに発展させるためのポイントをしっかりとおさえて、素敵な異性との出会いを見つけてみましょう。

「恋愛・出会いのコツ」の記事一覧へ