好き避けってなに?好きな人を避けてしまう女性の心理

好き避けってなに?好きな人を避けてしまう女性の心理

恋愛・出会いのコツ

更新:2021.05.21

作成:2021.05.21

Party事務局
好きな人には、その気持ちをまっすぐ伝えたいもの。しかし、中には素直になれない人もいます。
今回は、好きな気持ちとは正反対の行動を取ってしまう「好き避け」を取り上げ、具体的な行動から、好き避けをしてしまう女性の心理まで詳しく解説していきます。

ややこしい好き避けと嫌い避けの見分け方と、好き避けをやめて素直になるためのコツもまとめました。

好き避けってなに?どんな行動のこと?

好き避けってなに?どんな行動のこと?
好きなのに避けてしまう…複雑な好き避けって、いったいどんな行動のこと?
好き避けは、漢字のとおり『好き』なのに相手を『避け』てしまう行動のこと。好意を寄せる相手を前に素っ気ない態度を見せたり、冷たい言動を取ってしまったりすることをさします。

例えば、本音を言えば嬉しいのに、好きな男性に話しかけてもらっても無視してしまったり、LINEをもらっても既読スルーや短文すぎる返信をしてしまったり…といった言動は好き避けしている状態と言えます。

よく小学生くらいの男子が好きな女子に意地悪するような場面がありますが、あれも好き避けのひとつ。好きなら素直に好きと言えればいいのですが、そうできない複雑な心理があるようです。

好き避けをしてしまう女性心理とは

好き避けをしてしまう女性心理とは
好きなのに好きだと言えない。好き避けにはどんな心理が隠れている?
女性が気になる男性に対して好き避けをしてしまう心理とは、いったいなんなのでしょうか。その本質に迫ってみましょう。

●相手や周囲に好きな気持ちを知られたくない

気になる相手や友人や職場の同僚など周りの人たちに自分の恋愛感情がバレないよう、好き避けをしてしまう女性は少なくありません。

恥ずかしさや、「好きな気持ちが本人にバレて気まずくなりたくない」といった気持ちから、冷たい態度で本心を隠しているわけですね。

●自信がなく、素直になれない

自分に対する自信のなさから素直になれず、好き避けをしてしまう女性も。「自分なんかに好かれて相手は迷惑だ」「好きな気持ちを知られたらきっと嫌われる」といったマイナスな考えが、素っ気ない態度に出てしまうのです。

相手が好き避けだと察してくれればいいですが、「この子には嫌われているのかも」と思われてしまえば、相手からも避けられてしまい距離を縮めるのが余計に難しくなってしまうかもしれませんよ。

これってどっち?好き避けと嫌い避けかの見分け方

これってどっち?好き避けと嫌い避けかの見分け方
好き避けと嫌い避け、しっかり見分けないと大変なことになる可能性も。
好き避けがあれば、嫌い避けもあります。嫌い避けは文字どおり『嫌い』な相手を『避け』る行動です。
もし相手から避けられていると感じたら、会話中の表情や些細な仕草、ふたりの距離感からどっちの「避け」か見分けてみましょう。

たとえば日頃からよく目が合うのに会話すると素っ気ないのなら、好き避けの可能性が高いでしょう。逆に視線も感じず目が合わないなら意図的に避けられているのかも。

飲み会で隣に座ってくるのに冷たい態度を取られるのなら好き避け、遠くに座って話しかけてもこないなら残念ながら嫌い避けの可能性が高くなります。

相手の連絡先を知っているなら、メールやメッセージを送って見分ける方法も。既読からすぐに返事があれば好き避け、既読のままずっと放置されているなら嫌い避けかも…と思ったほうがいいかもしれません。

好きだけど避けているのか嫌いだから避けているのかを判断するためには、相手の表情や仕草などからのサインをチェックしてくださいね。

好き避けをやめて素直にアプローチするコツ!

好き避けをやめて素直にアプローチするコツ!
恋愛成就の秘訣は素直になること。好き避けをやめるにはどうすればいい?
好き避けをしてしまう女性の大半は、本当は素直になりたいのではないでしょうか。最後に、気になる相手への好き避けをやめて、素直にアプローチするための対処法を解説します。

●相手と接するときは笑顔を忘れずに

素っ気ない態度や冷たい返事は、相手に「嫌われているのかな」と誤解を与えてしまうことも。相手が好きなら、まずは笑顔で接することから始めてみましょう。

ムッとした女性と笑顔の女性なら、後者のほうが印象はいいもの。いままで素っ気なかったあなたが笑顔で接してくれるようになれば相手もきっと嬉しいでしょうし、「なんだか明るくなったな」と、興味を持ってくれるかもしれませんよ。

●感謝の気持ちを伝える練習から

相手と笑顔で接することはできても、素直な気持ちを言葉で伝えるとなると一気にハードルが上がるもの。それなら、こまめに感謝を伝えることから始めてみましょう。

なにかをしてもらったり困っているときに助けてもらったりと、相手に「ありがとう」を伝える場面は日常の中に意外にたくさんあるはずです。
素直に「ありがとう」が言えるようになれば、いつか必ず本当の気持ちも伝えられるようになるでしょう。

●相手の立場になって考える

そもそも、自分が誰かから避けられている場面を想像してみてください。悲しくないでしょうか。
誰かから避けられると、人はまず「あの人に嫌われているのかな?」と思うはずです。あなたが好きな相手も、あなたから避けられることで傷付いているかもしれません。

「好きな人を傷つけている可能性がある」という事実をしっかり受け止めれば、「好きなのに避ける」というのは間違っていると気づき、好き避けしてしまう言動を変えられるのではないでしょうか。

まとめ

一見、少し面倒にも見える好き避け。しかし、好き避けをしてしまう女性は本心ではとても悩んでいることも。好きな気持ちより恥ずかしさが勝ってしまったり自信がなかったりと、複雑な心理から好き避けという行動を選んでしまうのです。

しかし、好き避けをしているうちは、相手が「これは好き避けでは?」と察してくれるまで進展が望めないのも事実。そうこうしている間に相手に恋人ができたら…なんて、考えたくもないですよね。

好き避けをやめたいなら、いますぐ行動を!まずは笑顔と「ありがとう」を心がけ、相手との距離を縮められるよう努力してみてください。
あなたが素直になれば、意外にスムーズに好きな人との関係も発展していくかもしれませんよ。

「恋愛・出会いのコツ」の記事一覧へ