年の差の魅力とは?歳の差カップルの付き合い方のコツ

年の差の魅力とは?歳の差カップルの付き合い方のコツ

恋愛・出会いのコツ

更新:2022.01.14

作成:2022.01.14

Party事務局
年の差のあるカップルや年の差婚をされる方もいらっしゃいますよね。
また女性が年上で男性が年下となる、「逆年の差」のカップルも少なくなりません。

年の差カップルは、年が離れている相手だからこその魅力があり、惹かれ合うのでしょう。
本記事では、年の差の魅力や、年の差カップルがうまく付き合っていくためのポイントなどをご紹介します。

年の差カップルと呼ばれるのは何歳差から?

年の差カップルと呼ばれるのは何歳差から?
10歳差あると多くの方が「年の差があるな」と感じるようです。
「何歳差からが年の差カップルになるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。
実際、明確に何歳差からが年の差カップルとなるのか定義はされていませんが、10歳離れていると多くの方が「年齢差カップルだな」と感じる人が多いため、10歳程度の差がひとつの目安となっているようです。

とはいえ、5歳~9歳差などでも価値観の違いや振る舞いなどから年齢差を感じることも。
何歳離れていたら「年の差」になるかどうかについて、人それぞれ考えは異なることでしょう。

男性が年上となる年の差の魅力

男性が年上となる年の差の魅力
年上男性の何でも受け止めてくれる包容力に魅力を感じる女性は多いもの。
10歳程度年上の男性には、どのような魅力があるのでしょうか。

●人生経験豊富な男性に頼れる

10年以上も長く生きていれば、人生経験の豊富さにも差があるもの。
多少の問題が生じても、動じずに落ち着いて対処する男性の余裕のある姿に惹かれる女性も多いことでしょう。

また、何か分からないことがあった時や困った時に年上の彼がくれる的確なアドバイスがとても役立ち、年下女性は「とても頼りになるな」と感じるようです。

年上男性としても、年下の女性に頼られるのが嬉しいと感じる人も多く、お互いに心地よさを感じる関係になりやすい傾向があります。

●包容力がある

年下女性が愚痴を言ったり怒ったりした時にも、「うんうん」と最後まできちんと聞いてくれる男性の包容力に、年上男性の魅力を感じる方も多いようです。

人生の経験値の高い年上男性は、精神的にも成熟していて器の大きさが感じられます。わがままを言っても笑顔で受け入れてくれる包容力のある年上男性となら、穏やかなお付き合いができるのではないでしょうか。

●同世代よりも収入が多い場合が多い

10歳程度年上の男性は勤続年数が長い分、女性にとっては同世代の男性よりも収入が多く、経済力が高い可能性が高いでしょう。

結婚後、経済的な安定性を求める女性にとって、夫の収入が多いのは心強いものです。
年収の高さを重視する女性には、年の差を気にせずに年上男性との出会いを探している方もいらっしゃいます。

女性が年上となる年の差の魅力

女性が年上となる年の差の魅力
年上女性の甘えさせてくれる懐の広さに、年下男性は魅力を感じるようです。
続いて10歳程度年の離れた年上女性には、男性から見てどのような魅力があるのかご紹介します。

●男性が素直に甘えられる

女性をリードしたいと思う男性もいらっしゃいますが、中には女性に甘えたいという気持ちを持っている方も。
10歳程度年の離れた年上女性には、同年代の女性にはない包容力が感じられるからこそ、心置きなく甘えられるという安心感があり、惹かれることもあるようです。

年上女性にとっても年が離れているので、年下男性が頼りなくても「しょうがないな」と許せたり、甘えてくる姿を「かわいいな」と感じたりして、喧嘩が少ない良い関係を築きやすいでしょう。

●色気がある

年上女性に対しては、仕草や振る舞いが男性の同世代の女性と比べて落ち着いていて上品さがあることから、色気を感じる男性も多いようです。

恋愛経験も含め、人生の経験値が高いことでの余裕が感じられるのも、色気の魅力に繋がっているのかもしれません。大人の雰囲気で男性とドキッとさせられるのも、年上女性の魅力の1つでしょう。

 

●ギャップが可愛い

普段は自立していてしっかりしている年上女性が、弱音を吐いたり落ち込んでいたりすると、そのギャップに「守ってあげたい」と好印象を抱く男性もいらっしゃいます。
また普段はクールな年上女性が、無邪気に笑うのを見て「可愛い」と感じることも。

歳が離れているほど、女性に対して大人でしっかりとしているイメージが持たれる傾向があるので、ふと弱いところや可愛さを見せると、そのギャップが大きく男性の印象にも強く残りやすいのではないでしょうか。

年の差カップルの付き合い方のコツ

年の差カップルの付き合い方のコツ
年齢差カップルが仲良しでいるためには、愛情を行動や言葉に表すことが大切。
年の差カップルは価値観や考え方の違いが感じられることも多く見られます。
年の差があるからこその壁を乗り越えるために重要ないくつかのポイントをご紹介します。

①日頃からお互いに愛情を確認し合う

年の差があるからこそ、年の差カップルは相手を許容できケンカにはなりにくい傾向が見られます。

しかし年が離れているからこそ、考え方や価値観の違いから生じるすれ違いも多く、「今後も上手くやっていけるかな…」「歳が近い相手の方がお互いにとって良いのかな」などと不安になってしまうこともあるようです。

そのため日頃から付き合うことへの不安を相手に感じさせないよう、言葉で好きだと伝える、誕生日や記念日のお祝いを欠かさないなど、愛情を確認し合うように心がけるといいでしょう。

②将来についてしっかり話し合っておく

結婚を見据えてお付き合いしている歳の差カップルの場合には、後々問題が起きやすい金銭面や家族計画について、しっかり話し合っておくことも大切です。

また、将来を心配して交際や結婚を親族に反対されやすいのも年の差カップルのデメリット。
お互いの家族に紹介する際に、どうしたら反対されないかなど、ふたりで一緒に対策を考えましょう。

ふたりで同じ目標に向かって話し合い行動することで、「困難はあるけど、絶対にこの人と一緒になるんだ!」と絆が強まります。

③相手の考え方や価値観を尊重して受け入れる

世代が違うので「なかなか理解できないな」「話が合わない」と感じることが多いかもしれません。
それを「自分とは合わない」と感じるのではなく、「新しい価値観を教えてもらった」「話すと新しい発見があって面白い」とポジティブに捉えられるようになるといいでしょう。

お互いが柔軟に相手の価値観や考え方を受け入れられれば、ふたりで一緒に成長していけます。

まとめ

年の差のある異性の魅力や、年の差カップルの付き合い方のコツをご紹介しました。
年上男性には包容力・年上女性には色気など、歳が離れているからこそ感じられる魅力があるようです。
しかし年齢差があるからこそ、すれ違いが起こって不安になってしまうことも。日頃から相手に愛情を伝えたり将来の話を2人でしたりすることで絆を深めていき、うまく付き合っていってくださいね。

SAME CATEGORY恋愛・出会いのコツの記事

もっと見る

PARTY☆PARTYアプリ画面

アプリでもっと便利に

パーティーのお得情報を
いち早くお知らせ

交換した相手の連絡先も
チェックできる♪

Download on the App StoreGet it on GooglePlay

FOLLOW US公式アカウントをフォロー