婚活パーティーにブーツを履いて行ってもいいの?

婚活パーティーにブーツを履いて行ってもいいの?

婚活パーティーの基礎

更新:2019.02.19

作成:2018.01.07

Party事務局
婚活パーティーに参加する時には、人の第一印象に大きく影響を与えるため、いつも以上に着ていく服装について悩んでしまうものですよね。また秋冬に開催される婚活パーティーに参加する時には「ブーツを履いて行ってもいいのかな」とお悩みになる方も多くいらっしゃいます。

結論から言うと、寒い時期に婚活パーティーの専用会場で開催される企画であれば、ブーツを履いて行っても問題はありませんよ。
そこで今回は男性から好印象を持たれるブーツとそのコーディネート、またブーツを履いていくときの注意点などをご紹介します。

 

婚活パーティーに向いているブーツとコーディネート

婚活パーティーに向いているブーツとコーディネート
ブーツを履いて足元をきれいに見せましょう!
婚活パーティーは異性との出会いを求めて参加する場所。気になるお相手に自分を選んでもらうためには、自分の好みばかりを優先するのではなく、男性が見て好印象を抱く服装を心掛けることが大切となります。

ブーツにはたくさんの種類がありますが、なかには男性から嫌厭されてしまうものもあるので注意してくださいね。それでは具体的に、男性からも好印象を持たれるブーツとおすすめのコーディネートをご紹介します。

ロングブーツ
防寒も兼ねてロングブーツを履く女性も多いことでしょう。実のところロングブーツは「足がきれいにみえる!」と男性からも人気のブーツなのです。またロングブーツとボトムの間の隙間、いわゆる絶対領域がセクシーだと感じる方もいらっしゃいます。「大人っぽさを感じる」という意見もあるため、婚活パーティーでのロングブーツは問題ないといえるでしょう。

せっかく足がきれいに見えるので、男性にアピールをするためにも、ロングブーツにはショート丈のスカートやパンツを合わせたコーディネートをおすすめします。またロングブーツは少しかっこいい印象も持たれやすいので、明るい色味のニットを合わせると可愛らしさもプラスできるので良いでしょう。

ショートブーツ
ショートブーツが男性から人気を集める理由は、女性の足のラインが見えるから。ふくらはぎや足首のラインがはっきり見え「色気がある」とショートブーツを好む男性も多いようです。

ショートブーツを履くときには、鎖骨が見えるVネックのトップスにスカートを合わせると女性らしさがアピールできます。またショートブーツにロングスカートを合わせれば、落ち着いた大人っぽい印象を男性に持ってもらえるでしょう。
ワンピースにショートブーツを合わせるのも、「可愛らしい!」と男性から人気のコーディネート。ワンピースを着るときのポイントは、薄いデニールのタイツを選ぶこと。男性は素肌感を求めることが多く、濃すぎる色のタイツはあまり好まないようです。
 

婚活パーティーに向かないブーツ

婚活パーティーに向かないブーツ
男性ウケの悪いブーツは婚活パーティーに不向き!
先にお伝えしたように、ブーツの中には男性に好印象を与えるものもあれば、逆に男性から敬遠されてしまうものもあります。せっかくの出会いの場である婚活パーティーでは気になる人との出会いを遠ざけないためにも、これから紹介するブーツを履いていくことは避けた方が良いでしょう

ムートンブーツ

モコモコで暖かいムートンブーツ。冬はヘビロテで履かれる方もいらっしゃることでしょう。しかしムートンブーツはヒールもなくカジュアルすぎる印象があり、「自分を良く魅せたい」という気持ちが感じられないため、出会いを求めるための婚活パーティーの場にはあまり適しません。
男性目線でみて「子どもっぽく感じる」「足が太く見える」といった理由で、あまり好きではないと答える方もいらっしゃいます。

ウエスタンブーツ
スキニーパンツなど中性的なコーディネートに合わせやすいウエスタンブーツも、男性から見ると「いかつい」「やんちゃそう」といった印象を持たれてしまうようです。
たとえ日頃履き慣れているブーツだとしても、婚活パーティーに参加する際には避けることをおすすめします。

 

婚活パーティーにブーツを履いていく際の注意点

婚活パーティーにブーツを履いていく際の注意点
ブーツを履く場合には、会場とブーツ自体を事前にチェックすることが大事!
最後に、婚活パーティーにブーツを履いて行く前に、気をつけておきたいポイントをご紹介します。会場に到着した後に慌ててしまうことのないよう注意しましょう。

婚活パーティーの会場を事前にチェック
婚活パーティーの会場が高級ホテルである場合、女性参加者はハイヒールやパンプスを履かれることが多いです。そのため、もしあなたがその婚活パーティーに少しカジュアル感のあるブーツを履いていくと周りの参加者から浮いてしまう可能性があるので、ブーツは避けるのが無難です。

また飲食店で開催される婚活パーティーなどでは、お座席に上がる際に靴を脱がないといけない場合も考えられます。会場に出入りする際、靴を履くのに時間がかかると他の参加者に迷惑をかけてしまうことも。ロングブーツを履くには他の靴と比べて時間が掛かってしまうので、靴を脱ぐ可能性のあるお店で開催される婚活パーティーには履いて行かない方が良いでしょう。

ブーツのヒールや側面の傷をチェック
婚活パーティー用に新しいブーツを購入される場合は問題ありませんが、履き慣れたもので参加する場合、事前に傷や汚れがないか見ておくことをおすすめします。
というのも革製のブーツは、傷が目立ちやすいという特徴があるからです。ブーツのつま先が傷だらけ、ヒール部分がつぶれている・汚れているという状況は、品がなく身だしなみに無頓着というマイナス印象を持たれてしまうので、注意してくださいね。

 

まとめ

婚活パーティーに、ブーツで参加することは基本的には問題ありません。とはいえ、会場の雰囲気に合わせると、ブーツが適さない場合も。
大前提として、清潔感のあるTPOに合った服装になっていれば、会場で浮くことはないでしょう。今回ご紹介したポイントをチェックして、ブーツを使ったコーディネートで婚活パーティーに参加してくださいね!

◆冬ファッションを楽しんで、パーティーへ♪
開催日から婚活パーティーを探す>>
エリアから婚活パーティーを探す>>

「婚活パーティーの基礎」の記事一覧へ