婚活パーティーにブーツを履いて行ってもいいの?

婚活パーティーにブーツを履いて行ってもいいの?

婚活パーティーの基礎

更新:2020.04.17

作成:2018.01.07

Party事務局
婚活パーティーに参加する時には、人の第一印象に大きく影響を与えるため、いつも以上に服装選びに悩んでしまうものですよね。また秋冬に開催される婚活パーティーに参加する時には「ブーツを履いて行ってもいいのかな」とお悩みになる方も多くいらっしゃいます。

結論から言うと、寒い時期に婚活パーティーであれば季節感に合っているため、ブーツを履いて行っても問題はありません
ヒールのあるブーツは女性特有のファッションであり、着こなしや、選び方によっては「女性らしいな」「おしゃれだな」という良い印象を男性に与えられます。

そこで今回は男性から好印象を持たれるブーツとそのコーディネート、また冬場の婚活パーティーにブーツを履いていくときの注意点などをご紹介します。

婚活パーティーに向いているブーツとコーディネート

婚活パーティーに向いているブーツとコーディネート
ブーツを履いて足元をきれいに見せましょう!
婚活パーティーは異性との出会いを求めて参加する場所。気になる男性に自分を選んでもらうためには、見た目の第一印象から女性らしさを感じさせ、男性から見て好印象を抱きやすい服装を心掛けることが大切となります。

ブーツにはいくつか種類があり、それぞれ婚活パーティーに向いているものと向いていないものに分かれます。それでは具体的に、男性から好印象を持たれるブーツとおすすめのコーディネートをご紹介します。

●ロングブーツ

ロングブーツは足が長く見えることからスタイルアップにつながるため、女性をより魅力的にみせることができます。特に膝下まで長さがあるロングブーツは、膝丈のスカートからちらっと膝がのぞいて男性受けもいいアイテムです。
またロングブーツは少し大人でかっこいい印象も持たれやすいため、パンツスタイルよりも、明るい色味のニットとスカートを合わせて可愛らしさをプラスすることをおすすめします。

●ショートブーツ

ショートブーツはエレガントな印象を与えられるため、男性から人気を集めます。また、他のブーツに比べ合わせやすいファッションの種類も多いため、簡単にコーディネートを組めるのも利点です。

婚活パーティーではワンピースにショートブーツを合わせるのが、「女性らしい!」と男性から人気のコーディネート。なおワンピースを着るときのポイントは、薄いデニールのタイツを選ぶこと。男性は素肌感を求めることが多く、濃すぎる色のタイツはあまり好まないようです。

婚活パーティーに向かないブーツ

婚活パーティーに向かないブーツ
男性ウケの悪いブーツは婚活パーティーに不向き!
先にお伝えしたように、ブーツの中には男性に好印象を与えるものもあれば、逆に男性から敬遠されてしまうものもあります。せっかくの出会いの場である婚活パーティーでは気になる人との出会いを遠ざけないためにも、これから紹介するブーツを履いていくことは避けた方が良いでしょう。

●ムートンブーツ

モコモコで暖かいムートンブーツ。冬は寒さ対策としてよく履く女性も多いことでしょう。しかしムートンブーツはヒールもなくカジュアルすぎる印象があり、女性らしい印象が半減してしまうため婚活パーティーの場にはあまり適しません。

男性目線でみて「子どもっぽく感じる」「足が太く見える」といった理由で、あまり好きではないと答える方が多いようです。

●ニーハイブーツ

膝上まで覆うデザインのニーハイブーツは女性らしく見えるイメージですが、男性からは「性格がきつそうな女性だな」という印象を与えてしまうようです。

また、ニーハイブーツにスカートを合わせる際には、スカートの長さを極端に短くすることになります。短すぎるスカートを履き脚の露出が激しい女性は、男性から「軽そう」と思われてしまいがち。
結婚を真剣に考える男性が参加している婚活パーティーでは、遊び目的で参加していると誤解されないよう、ニーハイブーツを履くことは避けたほうが良いでしょう。

婚活パーティーにブーツを履いていく際の注意点

婚活パーティーにブーツを履いていく際の注意点
ブーツを履く場合には、会場とブーツ自体を事前にチェックすることが大事!
最後に、婚活パーティーにブーツを履いて行く際に、気をつけておきたいポイントをご紹介します。婚活パーティー会場に到着した後に慌てることのないよう注意しましょう。

●婚活パーティーの会場・形式を事前にチェック

高級ホテルで開催されるような、ドレスコードがある婚活パーティーに参加する時は、ロングブーツを履くことは避けたほうが良いでしょう。ロングブーツはどうしてもカジュアルな印象を与えてしまうため、フォーマルな服装をした他の参加者から浮いてしまい、悪目立ちしてしまう可能性があります。

また飲食店で開催される婚活パーティーなどでは、お座席に上がる際に靴を脱がないといけない場合も考えられます。会場に出入りする際、靴を履くのに時間がかかると他の参加者に迷惑をかけてしまうことも。ロングブーツを履くには他の靴と比べて時間が掛かってしまうので、靴を脱ぐ可能性のあるお店で開催される婚活パーティーではショートブーツを選ぶと良いでしょう。

なお、ロングブーツは服装自由でカジュアルな婚活パーティーや、屋外で開催される婚活イベントなどに履いていくには暖かく防寒対策にもなり、またこなれたお洒落な女性の雰囲気を感じさせられるためおすすめです。

ブーツを履く際は、自分が参加する婚活パーティーの会場や開催日の気候からその日の状況を予測し、婚活パーティーの雰囲気に合うタイプを選ぶようにしましょう。

●ブーツのヒールや側面の傷をチェック

履き慣れたブーツを履いて婚活パーティーに参加する場合、事前に傷や汚れがないか見ておくことをおすすめします。というのも革製のブーツは、傷が目立ちやすいという特徴があるからです。

ブーツのつま先が傷だらけ、ヒール部分がつぶれている・汚れているという状況は、品がなく身だしなみに無頓着というマイナス印象を持たれてしまうので、注意してくださいね。

まとめ

婚活パーティーに、ブーツで参加することは基本的には問題ありません。とはいえ、婚活パーティーの会場の雰囲気や内容によって適したブーツの種類を選ぶことが重要です。
大前提として、清潔感と女性らしさがありTPOに合った服装になっていれば、会場で浮くことはないでしょう。今回ご紹介したポイントをチェックして、ブーツを使ったコーディネートで婚活パーティーに参加してくださいね!

開催日でパーティーを探す

エリアでパーティーを探す

「婚活パーティーの基礎」の記事一覧へ