街コンでの連絡先交換、グループLINEと個別LINEどっちがいいの?

街コンのコツ

2018.05.23

街コンでの連絡先交換、グループLINEと個別LINEどっちがいいの?

  • 0
  • 0
  • 0

一度にたくさんの異性と出会える街コンでは、同じグループになった人全員と連絡ができる「グループLINE」を作って連絡先交換をすることがあります。簡単に何人もの異性と繋がれるグループLINEはとっても便利ですよね。

「でも、グループLINEでどうやって気になる人にアプローチしたらいい?」
「グループLINEと個別LINE、どっちが恋愛に発展しやすい?」

などとお悩みの方に、街コンで出会った人とのLINEテクニックなどについてまとめてみました。

 

グループLINEと個別LINE、どちらがよい?

グループLINEと個別LINE、どちらがよい?
個別LINEのほうが周りを気にせずアプローチができます♪

結論から言うと、個別LINEの方が恋愛に発展しやすいでしょう。
とは言え、グループLINEにもメリットはあります。まずは、グループLINEと個別LINE、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。

◆グループLINEのメリット・デメリット-----
【メリット1】連絡先交換がしやすい
「同じテーブルになったみんなでLINEグループ作ろうよ!」など、“みんなで”を理由に連絡先交換を提案しやすいというメリットがあります。お相手も、「みんなでなら…」とOKしてくれやすいでしょう。

【メリット2】一度に複数の異性と連絡先の交換ができる
同じグループや席になった複数の異性のLINE連絡先を知ることができるので、その分出会いの幅が広がります。グループLINEでのやり取りを通じて、街コン中には気づかなかったお相手の一面を知り、気になるお相手へと発展するかもしれません。

【デメリット1】LINEで1対1のアピールがしにくい
気になる人ばかりにメッセージや返信を送っていると、他のメンバーに空気を読めない人だと思われてしまいますし、相手も気まずい気持ちになってしまいます。また、街コンでは友達同士で参加していることも多いので、メッセージ内容を見られて、気まずくなってしまうかもしれません。

【デメリット2】興味がない人ともLINEで繋がってしまう
まったく興味がない人に積極的にアピールされても、傷つけないよう遠回しに拒否するのは結構気を使いますよね。複数の人とLINEで繋がることによって、こうした気苦労が増えてしまう可能性もあります。


◆個別LINEのメリット・デメリット-----
【メリット1】1対1のアピールがしやすい
グループLINEと異なり、他のメンバーにメッセージを見られることはありません。気になる人にだけ、「今度一緒に出かけませんか?」と積極的にアピールし、デートに誘うことができます。

【メリット2】他の人を気にせず深い話ができる
人目を気にせずにメッセージ交換ができるので、デートの約束や、個人情報のやりとりを気兼ねなくすることが可能です。

【デメリット1】連絡先交換がしづらい
数人の異性がいる中で、気になる一人にだけ連絡先を聞くというのは勇気が必要です。また、お相手があなたに興味がなかった場合、断られてしまう可能性もあります。

【デメリット2】グループLINEよりもブロックされる可能性が高い
グループLINEは他のメンバーもいるので、お相手がグループを抜けることも少ないでしょう。しかし、個別LINEだとお相手を不快な気持ちにさせてしまった場合など、ブロックされてしまう可能性が高まります。


グループLINEは1対1でないぶん、連絡先の交換のしやすさが魅力的です。しかし、意中の異性にアプローチする際には、圧倒的に個別LINEの方が有利。

交換のしやすさに逃げてしまうのではなく、今後のデートや交際につなげるためにも、気になるお相手がいたら勇気を出して個別にLINEを交換するのがおすすめです。

 

グループLINEしか交換できなかった時の対処法

グループLINEしか交換できなかった時の対処法
LINEができるチャンスを活かして、次のステップにつなげましょう。

「本当は個別LINEを交換したかったのに、グループLINEでしか連絡先交換できなかった」ということも有り得ますが、心配する必要はありません。グループLINEで連絡できる状態なら、個別LINEにも発展させることができます。

◆いきなり個別LINEを送ってみる
グループLINEの参加者であれば、友達に追加することで個別にLINEを送ることができます。
思い切って、お相手に個別LINEを送ってみるのも一つの手です。街コンである程度話が盛り上がり、親しくなった人であればこの手段はかなり有効。

「街コンで話した映画の話の続きがしたくて、個別で送っちゃいました!あのとき話していた映画、観に行きました?」など、街コンで話した話題や、街コンで聞いたお相手の趣味などをメッセージ内容に盛り込めば、個別LINEを送っても違和感がなく、お相手も返事がしやすいでしょう。


◆グループ全員で遊ぶ約束をして、仲良くなってから個別LINEをする
街コンで作ったグループLINEのメンバーを改めて食事や飲み会などに誘い、もう一度会った際に気になる人と個別LINEをするきっかけを作る方法です。

街コン以外の場で会うことでさらに親しくなれるので、気になる人と個別でのLINEもしやすくなります。また、1対1ではなく、男女混合の複数の集まりなので、気軽に参加しやすく再会できる確率も高まります。

飲み会での会話の中でお互いの共通点を見つけて、「僕(私)もそれ気になってるんです!新しい情報が入ったら、LINEで連絡しますね!」などとアピールしておくと、個別でLINEが送りやすくなるでしょう。

 

個別LINEを送るときのポイント

個別LINEを送るときのポイント
ポイントを押さえて、印象のよいLINEを送りましょう!

「普段LINEはあまり使わないから、どんな風にLINEでメッセージ交換をしたらいいかわからない」という方もいるのではないでしょうか。そこで個別LINEを送る時のポイントについてご紹介いたします。

◆LINEメッセージで使う口調
いくら街コンで親しくなったとしても、最初は敬語を使って話したほうが賢明です。とは言え、ビジネスのような硬い口調では親しみが湧きにくいので、親しい年上の人と話すような少し砕けた敬語で構いません。

例えば「LINE交換できて嬉しいです!もっと仲良くなりたかったんですよ (^^)」といった、親しみを感じる敬語です。メッセージが続いて深い話もできるようになってきたら少しずつ敬語を崩していき、最終的には、お互いタメ口で話せることを目指しましょう。


◆メッセージの内容
くれぐれも、日記のような独り言メッセージにならないように気をつけてください。

例えば、「今日は同僚とパクチー専門店に行ってきました。すごく美味しかったです!」などというような内容です。お相手がなんと返信したら良いか分からず、面倒になってフェードアウトしてしまう可能性があります。

「今日は同僚とパクチー専門店に行ってきました。すごく美味しかったです!〇〇さんは、パクチー食べられますか?」など、お相手が返信しやすいよう、質問入りのメッセージを送るとよいでしょう。

また、長文ではなく短文でメッセージ交換するのがおすすめです。あまりに長文だと、「同じくらいの文章量で返さなくては…」と感じてしまう人も。返信に手間がかかると、面倒に思って放置してしまう人もいるので気をつけましょう。


◆LINEを送るタイミング・頻度
LINE送る時間帯や、返信頻度についても少々気を使うと印象が良くなります。

まず、深夜や早朝など、お相手が寝ている時間帯にメッセージを送るのは避けましょう。疲れて休んでいるのに、重要な内容ではないメッセージの着信音で起こされては、イライラしてしまいますよね。

メッセージを送る頻度は、お相手のメッセージの返信速度に合わせて決めるのがおすすめです。返信が早い相手なら1日10往復程度、返信が遅い相手なら2~3往復でも問題ありません。また、お相手の返信が早いからと言って、就寝している時間帯や、仕事中に無理をしてLINEを返す必要はありません。

理由は、今後交際に発展した際に同じ返信速度を保つのが難しくなるからです。返信速度が落ちてお相手に不信感を抱かせてしまい、トラブルの原因となる可能性もあります。お相手の返信速度を尊重しつつ、自分の生活に支障がない程度に返信するのがいいでしょう。

 

まとめ

街コンでの出会いは、LINEやメールアドレスといった連絡先交換をしなければ交際まで発展させるのは難しいです。まずは、グループLINEでも個別LINEでも構わないので、勇気を出して意中の人に連絡先を聞いてみるといいでしょう。

グループLINEで連絡先を交換した場合は、ご紹介したテクニックなどを使って個別LINEに持ち込むようにするのがベターです。

LINEは、恋愛を交際まで発展させるためにとても有効なツールといえます。気になる人には、勇気を出してどんどんアプローチしてみましょう!


◆街コンでLINE交換できるお相手を探そう♪
PARTY☆PARTYの街コンに参加する>>

  • 0
  • 0
  • 0