初めての街コン!全体の流れを知って緊張ゼロで挑もう!

街コンのコツ

2018.07.17

初めての街コン!全体の流れを知って緊張ゼロで挑もう!

  • 0
  • 0
  • 0

街コンに初めて参加することが決まったら、わくわく感もありますが、右も左も分からない状態で不安もいっぱい!という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、街コンの「いろは」をご紹介。申し込みから街コン本番、終了後のイベントまで、その流れをご案内します。街コン参加前に、ぜひご一読ください。

 

申し込み~街コン参加前までの流れ

申し込み~街コン参加前までの流れ
会場や受付開始時間は何度も確認しましょう。

まず街コンは、インターネット、電話、LINE・メールなどで申し込みを行います。サイトによっては申し込み方法が選択式になっていることもあるので、使いやすいものを選びましょう。必要事項を入力し、決済方法を選択して申し込みをしたら、申し込み完了メールが正しく届いたことを確認します。申し込み完了メールには、会場への行き方や受付時間などが明記されているので、当日までに再確認しておくことをお忘れないようにお気を付けください。

料金の支払い方法は、クレジット決済やコンビニ支払いなど、自分にとって都合のよいものを選択できます。ご参加費は確実に期限までに払うようにしましょう
準備が整えば、あとは当日を待つのみです!
 

ついに当日!受付までの流れやポイントとは

ついに当日!受付までの流れやポイントとは
余裕を持った行動が出会いのカギに。

街コンでは、指定された受付店舗にて運営スタッフにより本人確認・年齢確認が行われることがほとんどです。運転免許証や健康保険証などの本人証明書を忘れないように持っておきましょう。また、会場でプロフィールカードを記入することもありますので、筆記用具もあるといいですよ。清潔感のある服装を心がけ、暑い日であればハンカチやティッシュも必ず入れておきましょう。

また、あまり受付時間ギリギリに到着するよりは、余裕を持って会場に着いておくことをおすすめします。ギリギリだと受付が混雑していたり、「受付に間に合わない!?」という焦りからより緊張してしまったり、冷静さを欠いてしまうことも。早めに着けば、事前にプロフィール(自己紹介)カードを完成させられたりと、他の参加者が集まるまでの時間を充実させることができますよ。

 

街コン開始!街コンの種類別の特徴とは

街コン開始!街コンの種類別の特徴とは
街コンにも様々な種類があります。

いよいよ街コンのスタート時間です!
ところで、街コンには大きく分けて2つの種類があるのはご存じですか?それぞれの違いや特長を理解して、より自分にあった街コンを選択してくださいね。

■複数店舗をまわる「立食型」
ひとつのエリアをまるごと街コン会場とし、その中にある複数の店舗をまわりながら異性と出会うのが「立食型」と呼ばれる街コンのスタイルです。開催時間中の行動は自由で、店舗間の移動は個人に任されるため、積極性がカギとなります。
とにかく、勇気を出して声をかけること。あとは会話をつなぎながら、連絡先の交換まで進めていきましょう。人と話すのは得意、「いいな」と思う相手がいれば自分から声をかけたい、というタイプの方には、こちらのスタイルが合いそうですね。

■1店舗で開催される「着席型」
対して「着席型」と呼ばれる街コンは、ほとんどが1店舗のみが会場となり、席に座ってじっくりと異性とお話しができるスタイルを取っています。こちらには司会者がいるのが基本。席には男女が向かい合って座り、時間経過ごとに司会者が席替えを促してくれるため、参加人数にもよりますが、会場にいる全員と話すチャンスがあるのが特徴です。席替えによって多くの異性と話した後は、フリータイムとなりますので、ここで気になる異性と時間をかけて話してみましょう。人見知りをしてしまう、自分から話しかけにいくのは苦手、という方であれば、司会者によって席替えが促される着席型の街コンがおすすめですね。

 

街コン後に「二次会」ってあるの?

街コン後に「二次会」ってあるの?
街コンには二次会に誘いやすいというメリットも!

開催時間の終了が近づいてきたら、街コン終了後のことを考え始めましょう。「街コンが終わったあともこの人と関係を築きたい!」と思える好印象の異性がいた場合は、勇気を出して二次会に誘ってみてはいかがですか?要するに「場所を変えてこのあとも話しませんか?」というお誘いです。

街コン自体は2~3時間という限られた時間で行われ、かつその時間内で多くの異性と話すことになるため、気になった相手との時間はごくわずかなもの。意気投合したら二次会に行くという流れはごく一般的です。街コンは同じテーブルになった複数名で話す機会も多いので、「1対1ではちょっと誘いづらい…」というときは、「せっかくだから、みんなでもう一軒飲みに行きませんか?」とまわりを巻き込んで誘うのがおすすめ。「みんなと一緒なら」とお相手にOKしてもらいやすいというメリットもあります。

なお、夜開催の街コンの場合は、二次会に誘うことで相手の帰りが遅くなってしまうことを気にしてあげましょう。そういったちょっとした気遣いが、ポイントアップにつながることもありますよ!

 

まとめ

街コンだって、誰しも初めて参加するときは緊張するものですよね。そんなとき、だいたいの流れが分かっていれば、少しは気持ちに余裕が出るのではないでしょうか。ガチガチに緊張している状態だと街コン会場でうまく話せなかったり、思わぬ失敗をしてしまったりする可能性もあるので要注意ですよ。

なお、今回ご紹介したものは、一般的な街コンの流れとなっています。最近は同じ趣味を持った男性と女性が集まる「趣味コン」や、イベント性の高い街コン(ゲーム要素が多いなど)も多く開催されているので、自分に合うものを見つけて、参加してみてくださいね!


◆さっそく街コンに参加してみましょう♪
一部上場企業が運営する街コンから探す>>

 

  • 0
  • 0
  • 0