婚活パーティーで好きなタイプを伝えることの重要性

婚活パーティーで好きなタイプを伝えることの重要性

婚活パーティーの基礎

更新:2020.01.10

作成:2020.01.10

Party事務局
婚活パーティーのプロフィール欄によくある「好きな男性(女性)のタイプ」という項目に、なにを書けばいいか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

婚活パーティーで理想的なパートナーに出会うためにも、好きなタイプの欄にはしっかりと記入をするのがおすすめ。しかし、内容によってはお相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあるので、書く内容には十分気を付ける必要があります。

本記事では、婚活パーティーの「好きなタイプ」をどのように書いたり、伝えたりすべきかについてご紹介していきます。

婚活パーティーでは好きなタイプをお相手に伝えられなきゃダメ?

婚活パーティーでは好きなタイプをお相手に伝えられなきゃダメ?
お相手が自信を持ってアプローチできるきっかけにもなります。
どのような異性が好きなタイプなのかを、婚活パーティー中にお相手に伝えることは非常に大切です。プロフィールカードに「好きなタイプ」の項目があれば、ぜひ記入しましょう。
なぜ好きなタイプをお相手に伝えるのが大切なのかというと、次のような効果があるからです。

・あなたの好きなタイプに当てはまるかどうか、お相手が判断できる
・お相手が自己アピールしやすくなる
・お相手にあなたの人柄を知ってもらえる


例えば、あなたが「ぐいぐい引っ張ってくれる行動力のある男性が好き」とプロフィールの好きなタイプの欄に書いたとします。

その場合、もし男性参加者の中にタイプに当てはまる方がいたのなら、「タイプに当てはまるからカップリングできる可能性あるかも」「興味を持ってもらうためにも、行動力があることをアピールしよう!」とあなたに積極的にアプローチしてくれるようになるかもしれません

また好きなタイプを記載しておくことで、「リードしてくれる男性が好きということは、控えめで尽くすタイプの女性なのかな?」と、お相手があなたの人柄をイメージしやすくなるのも重要なポイントです。

婚活パーティーで会話できる時間は3分~10分程度と限られているので、短い時間で少しでも多く自分のことを伝えるためにも「好きなタイプ」はしっかりとお相手に伝えましょう。

好きなタイプはどう答えるのがベスト?

好きなタイプはどう答えるのがベスト?
好きなタイプは年収や職業などの条件ではなく、内面に関する内容で答えましょう。
婚活パーティーでお相手異性に好きなタイプを伝えるなら、理想の「性格」や「関係性」をお話するのがおすすめです。例えば、次のように伝えるのがいいでしょう。

・理想の性格…誠実な人、思いやりがある人 など
・理想の関係…尊敬し合える人、一緒にいて安心できる人 など


理由は後述しますが、異性に好きなタイプを答える時には外見やステータスではなく、内面を重視していることを伝えましょう

「共働き希望なので、余裕がない時もお互いを尊重し合える人」「ケンカしたときにはしっかり話し合える、誠実な人」など、なぜそのタイプが好みなのかを付け加えると、あなたの価値観もお相手に伝わりやすくなります。

交際・結婚後のイメージが湧きやすくなるため、「気が合うかも。この人となら、うまくやっていけそう!」と、あなたとの関係を発展させようと考え始める可能性もありますよ。

好きなタイプを答える際の注意点

好きなタイプを答える際の注意点
好きなタイプは、相手にどう思われるかも考慮して答えましょう。
好きなタイプをお相手に伝える時には、内面を重視していることを伝えるべきとご紹介しましたが、その理由は、「年収が高い人」などと答えた内容によってはお相手に悪い印象を与えてしまう可能性があるからです。
例えば、次のような書き方・回答の仕方は避けた方がいいでしょう。

■ステータスや外見

ステータスは年収や職業・学歴について、外見は容姿(顔)や身長など外見に関することです。
ステータスや外見は、婚活する上で重視する条件としている方は多いかと思いますが、ストレートに「公務員男性」「イケメン男性(美人な女性)がいい」などとは伝えない方がいいでしょう。

お相手に「ステータスや外見ばかり見ているのか」と不誠実に思われたり、「自分は見た目がよくないから、好みじゃないってことか」と意図せず傷つけたりしてしまう可能性がありますので注意してくださいね。

■「〇〇じゃない人」という答え方

例えば「わがままじゃない人」「インドア派じゃない人」という答え方も避けた方がいいでしょう。否定形でいうと、ダメだしや禁止をイメージさせてしまい、ネガティブでどことなく暗いイメージを与えてしまいかねません

「協調性のある人が好きです」「アウトドア派の人だと一緒に楽しめそう」と肯定形で好みを伝えた方が明るい印象をお相手に与えます。

■誰にでも当てはまることを答える

男性からの質問に対して、誰にでも当てはまるようなタイプを言うと、お相手の印象に残りにくく好みのタイプを伝えるメリットが小さくなってしまいます

例えば「優しい人」「しっかり仕事をしている人」などは、多くの人に当てはまること。お相手には謙虚さを魅力としてとらえてもらえる可能性もありますが、「大体の人に当てはまるし、誰でもいいの?」「お相手を見つける気あるのかな…」などと婚活への真剣度が疑われてしまう可能性もあります。

婚活パーティーで好みのタイプを伝える際には、もっと具体的に伝えるのがいいでしょう。「お年寄りや妊婦さんに席を譲るような、心が優しい人」「忙しくてもへこたれずしっかり仕事に取り組める人」など、一言加えるだけで大分印象が異なります。

好みの異性のタイプを見つける方法

好みの異性のタイプを見つける方法
理想の夫婦関係をイメージすることで、好きな異性のタイプが見つけられますよ!
婚活中の方の中には「そもそも自分の好みの異性のタイプが分からない」という方もいるのではないでしょうか。

すでにご紹介した通り、好きなタイプを明確にしておくメリットは大きいので、婚活する際にはどんなタイプが好きなのかをはっきりさせておくのがおすすめです。
そこで、自分がどんな異性が好きなのか知る方法をご紹介します。

■自分の理想とする結婚・交際をイメージする

どんなお付き合いや結婚生活を送りたいかを想像し、好みのタイプを分析してみましょう。
例えば、婚活パーティーでカップリングしたお相手とは、どんなデートをしたいと考えますか?

ドライブや旅行を思い浮かべた方は、アウトドア系のお相手。一緒に家で映画を見たり、料理をして過ごしたりするのを思い浮かべた方はインドア系のお相手が理想的なお相手と言えます。

その他にも、ケンカしたときの解決方法や二人の関係性など、いろいろなシチュエーションで想像して、どんな異性のタイプといると幸せになれるのか考えることで、自分にとっての好きな異性のタイプは見つけられるでしょう。

■婚活パーティーで好印象を持ったお相手の特徴を振り返る

婚活してきた中で、いつもどんなタイプの異性に惹かれるのかを振り返ってみましょう。
例えば、ニコニコしていて明るい印象だった人、落ち着いていて大人な印象だった人、話し上手な人など気になった異性の共通点を探すことで、自分の好みを見つけられるでしょう。

さらに「話し上手な人が好き」という方は、さらに相手の話を引き出すのが上手い人なのか、話題や知識が豊富な人なのか、リアクションが大きくて盛り上げ上手な人なのか、より具体的に探ってみましょう。自分の好きな異性のタイプが明確になると、婚活で出会ったお相手の中から「この人!」と迷わず素敵なお相手を選べるようになるのでおすすめですよ。

まとめ

婚活パーティーのプロフィールによくある「好きなタイプ」の項目には、性格やお相手との理想の関係性を書くのがおすすめです。書いた内容からあなたの人柄を読みとることができ、交際・結婚後の具体的なイメージが持ちやすくなるなど、カップリングや交際への発展に繋がるきっかけとなります。

自分がどんな人が好きなタイプなのか分からないようであれば、お付き合い・結婚している様子を想像したり、婚活パーティーで惹かれる異性の特徴を思い出したりして分析してみると、どんな人が好みなのかが見えてくるでしょう。自分の好きなタイプをしっかりとお相手に伝えて、理想的な異性との交際・結婚へ繋げてくださいね。


PARTY☆PARTYでは、100種類以上の企画の婚活パーティーを開催しています。
企画の中には「誠実な性格の方」「包容力のある男性」など<人柄>をテーマにしたものや、「親友みたいな関係が理想」「飾らない・自然体な関係が理想」などの<二人の関係性>をテーマにしたものまで種類豊富にご用意しています。

ご自身の好きなタイプが分かっている方は、出会いの確率をあげるためにも、ご自身の理想的な異性が集まる婚活パーティーを見つけて、参加してみてくださいね!

婚活パーティーを探す

「婚活パーティーの基礎」の記事一覧へ