婚活パーティー後、付き合うまでの期間や付き合う確率って?

婚活パーティーの基礎

2018.01.16

婚活パーティー後、付き合うまでの期間や付き合う確率って?

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーでカップリングした方と交際へ発展する人は、どのくらいいるのでしょう?婚活パーティーでカップル成立したとしても、そこから交際へステップアップしなければ、結婚というゴールに近付くことができません。

そこで今回は、婚活パーティーをきっかけに付き合うことになった男女がどれくらいいるのか、また付き合うまでにするべきことや目安の期間ついてご紹介します。

 

カップリング成立=交際スタートではない!

カップリング成立=交際スタートではない!
カップリングは今後につながる第一歩目なのです!

カップリングは英語で「2つのものを組み合わせる」という意味です。男女が交際しているという意味で使用される「カップル」も、カップリングという言葉がベースになっていると言われます。

婚活シーンでは、「2つのものを組み合わせる」という意味で、カップリングが使われています。パーティーで好印象を持ち、お互いに希望番号を書いた二人がカップリング成立となり、もう一度顔合わせをしてメールアドレスやLINEなどの連絡先交換をすることができるのです。

初めて婚活パーティーに参加する人は、婚活パーティーでカップリング成立したら、お相手と交際がはじまる……と誤解してしまうことがあるようですが、カップリング成立=交際スタートではありません。カップリング成立とは、お相手ともう一度会うための権利。今後の交際につながるきっかけになるチャンスといえるでしょう。

 

カップリング成立後、お相手と付き合う確率

カップリング成立後、お相手と付き合う確率
カップリング後、連絡を取り合い仲を深めていくことが大切です。

婚活パーティーのカップリングをきっかけに付き合うことになったカップルは、どのくらいいるのでしょうか。婚活パーティーの場合、結婚相談所とは異なり参加者から「お付き合いました」という報告を受けているわけではないので必ずしも正確な数字とはいえませんが、20%~30%程度と言われています。

では、交際に発展しなかった残りの人たちはどうなってしまったのか…。この数字を見ると疑問に感じるかもしれませんが、連絡先交換はしたものの電話やメールもそれほど続かずそれっきりになってしまうケースが多いようです。つまり、カップリング成立したことに満足するのではなく、婚活パーティーではカップリングした後の行動がその後カップルになれるかどうかの分かれ道となるようです。

 

最初の勝負はカップリングした当日!

最初の勝負はカップリングした当日!
お茶などをして、お互いのことを知り合う時間を作りましょう。

では、婚活パーティーでカップリングしたお相手と本当のカップルになるためには、どんなタイミングでどんなふうに進めていけばよいのでしょうか。

勝負はカップリング成立した当日です。お互いのスケジュールが合えば、パーティー後にカフェやレストランでコーヒーを飲んだり、食事をしたりしながら会話を楽しむことをおすすめします。連絡先だけ交換してそのまま帰ってしまった場合、しばらくは連絡を取り合うかもしれませんが、長続きせず音信不通になってしまうことが多いのです。

なぜなら、婚活パーティーではそれほど長い時間お相手とお話ができるわけではありません。パーティー会場でたくさんの人たちと話していることも考えると、いくらカップリングしたお相手とはいえ、日にちが経つにつれてどんどん記憶が薄れていってしまいます。しかし、その日のうちにお茶や食事をすることで、パーティー会場で出会った大勢のうちの一人になることはありません。一緒にお茶や食事を楽しんだお相手として、ワンランクアップできるのです。

もし、当日にお互いのスケジュールが合わなかった場合、メールやLINEで「今日はカップリングできてうれしかったです」といったお礼を送り、お相手に印象を残すことが大切です。

 

付き合うまでの期間の目安は…2ヶ月が理想!

付き合うまでの期間の目安は…2ヶ月が理想!
目標期限を決めると、結婚というゴールにも近づきやすくなります。

初デートの後もコンスタントにデートを重ねながら、電話やメール、LINEをして、二人の距離を縮めていきましょう。そして、婚活パーティーから2ヶ月を目途に交際へのステップを踏むのがおすすめです。

ダラダラと時間ばかりが過ぎてしまうと、交際へ発展することがどんどん難しくなってしまうからです。冷静に考える時間が増えてしまって気持ちが落ち着いてしまったり、「どういうつもりで会っているのだろう…」とお相手が不安になってしまったりする可能性も考えられます。さまざまな憶測から慎重になりすぎて、一歩を踏み出しづらくなってしまうのです。場合によっては、それぞれ新たな婚活パーティーでの出会いに気持ちが傾いていてもおかしくはありません。

カップリング成立でのせっかくのチャンスを活かしていくためには、「○ヶ月目までに交際を続けるか決める」など、自分なりに期限を決めて進めるのがよいでしょう。

 

交際を決めるまでに確かめておきたいポイント

交際を決めるまでに確かめておきたいポイント
気になることはそのままにしておくより、思い切って聞きましょう!

デートをしながらお互いのことを知っていく段階になったなら、本当にこの人と交際を続けていくべきなのかを考える必要があります。カップリングしたからといって、必ずしもお付き合いをしなければいけないわけではありません。今後結婚に向けてこのままお付き合いを続けるべきか、きちんと判断しましょう。

ここでは、付き合うまでに確かめておきたい3つのポイントをご紹介します。

◆職業や経歴
出身地や、高校・大学はどこを出てどんなことを学んできたのか、また就職してからはどのような職歴があるのか…。気になることがあれば、できるだけ詳しく聞いておきましょう。結婚を意識して交際するからこそ、特に婚活中の女性の多くが気になる職業や経歴は、付き合う前に確認しておくのがおすすめです。
もしも、付き合った後にそれまでに把握していた職業や経歴とは違っていた……となると、せっかく結婚へ前向きになっていた気持ちが立ち止まってしまうことにもなります。場合によっては、それが破局する原因にもなってしまうかもしれません。

◆お金に対する価値観
結婚するうえで、男女のお金に対する価値観がある程度同じかどうかも重要となってきます。家庭を築いていく中で、夫婦でお金の使い方が異なるとトラブルの原因にもなりかねません。お金の使い方は荒くないか、どのようなことにお金を使う傾向があるのかなどを知っておいたほうがよいでしょう。

◆家族関係や友人関係
お相手の人間関係を見ることで、人物像が浮かび上がってきます。家族や友人、会社の人たちと接するときの言葉遣いや態度はどうでしょうか。身近な人たちを大切にできる人であれば、結婚後に自分のことも大切にしてくれる可能性が高いはずです。「結婚前は優しかったのに変わってしまった…」というのもよく聞く話。家族や友人を大切にしているか、ぜひチェックしてみてください。

 

まとめ

婚活パーティーから交際へ発展するまでは、もちろん自分のペースも大切ですが、カップリングから2ヶ月程度で、お付き合いを続けるかはっきり決めることがおすすめです。そうしないと女性はもちろん、男性も不安になりますし、新たな出会いのチャンスを逃してしまうかもしれないからです。

ぜひ自分にぴったりのステキなお相手とカップリングをして、その後のお付き合いへとつなげていってくださいね!


◆将来につながるお相手と出会おう♪
今週開催の婚活パーティーをチェック!

  • 0
  • 0
  • 0