婚活パーティーの持ち物チェックリスト

婚活パーティーの基礎

2018.01.17

婚活パーティーの持ち物チェックリスト

  • 0
  • 0
  • 0

服装ばかりに気を遣い、婚活パーティーに参加したら忘れ物ばかり。「あれがない!」「これも必要だったの?」と焦ってしまい、せっかく出会いを求めて婚活パーティーに参加したのに、お相手との会話に集中できなかった…という方もいらっしゃいます。

また婚活パーティーに申込んだ際に届くメールに記載されている持ち物以外にも、持っていくべき物がたくさんあります。そこで今回は婚活パーティーの必需品からあると便利なものまでご紹介します。

 

婚活パーティー参加時の必需品

婚活パーティー参加時の必需品
ボールペンを1本、カバンに入れておくようにしましょう。

【1】本人証明書
婚活パーティーでは参加者の方が安心して参加できるよう、受付時に本人確認を行っています。本人証明書にて氏名や生年月日を確認することで、参加資格のない年齢の方や氏名を偽ってる不審な方の参加を未然に防ぐことができるからです。また本人確認されるという心理的なハードルを設けることで、既婚者や彼氏彼女がいる方の遊び目的での参加を防ぐ役割も果たしています。

受付時に本人確認ができないと、申し込み時に入力した情報に偽りがなく参加資格があるかどうかの確認ができなくなることから、申し込みができていても婚活パーティーに参加すること自体できなくなってしまいます。そのため婚活パーティーに参加する際には、必ず運転免許証や健康保険証、パスポートなどの公的な本人確認書類を忘れずに持っていきましょう

【2】ボールペン
婚活パーティーでは受付後、トークタイムにて使用するプロフィールカードやカップル希望を記入するカードが手渡されます。記入用のボールペンを貸し出してくれるパーティーもありますが、中にはわざわざ購入しないといけないパーティーもあるので必ず持っていくようにしましょう。
プロフィールカードはパーティーが始まる前までに手書きにて記入を済ませる必要があります。ボールペンを忘れたりインク切れで書けなかったりすると、対処法を考えるために余計な時間を費やし全部の項目を書き切れなくなってしまうことも。余裕を持ってトークタイムを迎えるためにも事前に確認しておきましょう。

また好きなキャラクターが描かれたボールペンを使うことで、「○○好きなんですか?」と会話のきっかけを生みだせることもあります。イニシャルが入ったボールペンではお洒落さを異性の参加者にアピールすることもできるので、ぜひ婚活パーティーにはこだわりのボールペンを持っていってくださいね。

【3】参加費+αのお金
婚活パーティーでは事前にクレジットカードにて参加費の支払いができるものもありますが、当日会場に到着してから受付でお支払いをするものもあります。初めての参加だと緊張でうっかり準備を忘れてしまう方もいらっしゃるので、必ず前日に持ち合わせのお金を確認・準備しておきましょう。

また会場までの交通費、婚活パーティーでカップリングしたお相手とのお食事代など、参加費以外にもお金が必要となる場面があります。婚活パーティー当日は参加費だけでなく、デートなどの費用も見越して少し多めにお金を持っていくことをおすすめします

 

婚活パーティー参加時にあると便利なもの

婚活パーティー参加時にあると便利なもの
お相手の番号・見た目の特徴・話した印象などをメモしておきましょう。

【1】メモ帳
婚活パーティーでは参加した異性全員と順番にトークしていきます。1人あたりのトークタイムは約5分程度。参加人数が10名以上ともなると、お話しした異性の番号やお顔、話した印象などを完全に覚えることはとても難しいでしょう。全員とのトークタイム後、いざカップル希望を出そうとした際に「あの好印象だった男性は何番の方だっけ…」と混乱しないためにも、メモ帳を持参しメモをとっておきましょう。
パーティーのスタッフから受付時にメモ用紙を配布されることもありますが、記入欄が小さく書き切れないなど不便に感じる方もいるので、ご自身でも用意しておくと安心ですよ。

【2】名刺
カップリングしなくても連絡先交換が自由に行えるパーティー限定にはなりますが、名刺を持っておくと気になるお相手にさっと連絡先を伝えることができ、チャンスを逃す心配がなくなります。しかし名刺には会社で配布されたスマートフォンの電話番号や仕事用のメールアドレスしか記載されていない場合も多く、お相手に「仕事の邪魔になってしまいそうで連絡しづらいな…」と思われてしまうこともあるでしょう。
そのため名刺の裏側には、プライベートで使用しているLINEのIDなどを記載しておくと、お相手も気軽に連絡ができるようになるのでおすすめです。

また名刺を差し出すことで「本名を伝えてくれている」とお相手から信頼感を得られたり、大企業や上場企業にお勤めの男性は特に「こんな素敵な会社にお勤めなんだ」とお相手の女性からの評価が急上昇することもあるので、おすすめです。

【3】折りたたみ傘
婚活パーティーに大きい傘を持っていくと会場で邪魔になってしまったり、カップリングしたお相手との待ち合わせに夢中で傘を置き忘れてしまったりすることもあるので、雨が降りそうな時や天気予報が雨になっている場合には折りたたみ傘をバッグに入れておきましょう。
婚活パーティーの会場は、駅から少し距離があることもしばしば。出会いを見つけるために素敵な洋服を着て髪型を整えても、雨で濡れてしまっては台無しに。
婚活パーティー後、カップリングしたお相手が傘を持っていなかった場合には、スッと差し出してあげることで「しっかりした人だな」と、さらに好印象を持ってもらえるでしょう!

 

婚活パーティー参加時いざという時に持っていると好印象なもの

婚活パーティー参加時いざという時に持っていると好印象なもの
婚活パーティーではポケットの中にハンカチを!

【1】ハンカチ/ポケットティッシュ
婚活パーティーでは緊張で汗をかいてしまったり飲み物をこぼしてしまったりと、意外にハンカチやティッシュが必要になるケースがよくあります。外出時の必需品である2つですが、バックの奥底にあってシワができていたり、なかなか取り出せなかったりすると「普段使ってないんだな…」と清潔感が感じられずマイナスな印象になることも。婚活パーティー当日は、すぐ取り出せるようにポケットの中に入れておきましょう。

【2】スマートフォンの充電器
婚活パーティー当日は、会場までの地図を確認したり婚活パーティーの流れやコツを調べたりと、思いのほかスマートフォンの充電を消費してしまうもの。そのため婚活パーティー終了後、カップリングしたお相手と待ち合わせをして連絡先交換する時に、スマートフォンが充電切れになってしまっていることも。
スマートフォンが利用できないとアドレスやLINEのIDを確認できず間違ったものを伝えてしまったり、「しっかりしてよ…」なんてお相手にガッカリされたりしてしまいます。
そのような最悪の状況を避けるためにも、充電器はバックの中に入れておきましょう。

またカップリングしたお相手のスマートフォンが充電切れになってしまい、連絡先の交換ができなくなってしまうことも考えられます。その時に充電器があればお相手のピンチを救うことができ、お礼のメッセージがもらえるだけでなく「お礼もしたいので今度お食事行きませんか?」と言ってもらえるなど、関係も発展しやすくなるかもしれませんよ!

 

まとめ

PARTY☆PARTYの婚活パーティーは、プロフィールを事前にweb上で登録できるので、当日に手書きをする必要がありません。また個室iPartyやスマホdeパーティーなら、ボタンをタップするだけでお相手の印象のメモやカップル希望の送信ができるので、ボールペンやメモ帳などの持ち物が減らせますよ。

会場に到着後、慌ててプロフィールを書いたり、トークタイムの合間の短い時間でメモを残したりすることがないので、初めての婚活パーティーでも安心して参加してくださいね。


■会場で貸出しされるタブレットを利用!
人気の個室iPartyはこちら >>

■ご自身のスマートフォンを使って参加!
スマホdeパーティーはこちら >>
 

  • 0
  • 0
  • 0