婚活パーティーでの緊張を和らげたい方へ!心が楽になる考え方のポイント

婚活のコツ

2018.05.16

婚活パーティーでの緊張を和らげたい方へ!心が楽になる考え方のポイント

  • 0
  • 0
  • 0

「出会いは欲しいけど、
異性と話す機会が滅多にないから緊張する」

「奥手だから、
緊張して上手に話せるのか不安」

など、婚活パーティーでうまく振舞えないことを緊張してしまう人は、男性・女性問わず多いものです。

しかし、緊張していたとしても、いくつかのポイントに気を付けておけば、上手に異性と話すことができるでしょう。

今回は婚活パーティーで緊張を和らげる方法や、緊張していても上手に話すコツなどをご紹介していきます。

 

緊張を和らげる考え方のポイント

緊張を和らげる考え方のポイント
緊張するのはみんな一緒!と思えば、少しホッとできるはず。

まずは、緊張の原因となる「思い込み」を取り払うところから始めるといいでしょう。

緊張する原因のひとつに、「自分だけが緊張している」という思い込みがあります。緊張でガチガチの自分と比較し、他の参加者には余裕があるように見えてしまうケースです。しかし、初対面の人と話すというのは、誰しもが緊張するシチュエーションであり、一見余裕があるように見える人たちも、実はとても緊張しているもの。

緊張してたくさん話してしまう人、無口になって喋れない人、目を合わせられない人など、緊張しているサインも人によって異なります。
婚活パーティーで異性と話しているとき、お相手の喋り方や視線を観察してみるのもおすすめです。お相手の「あ、緊張しているな」という仕草に気づけることで、「緊張しているのは自分だけではない」と感じられ、ご自分の緊張がスッと和らぐことでしょう。

 

緊張しているときのクセを知っておく

緊張しているときのクセを知っておく
緊張によって悪い癖が出てしまっていないか気をつけましょう。

緊張していると、無意識のうちに話し方や仕草にクセが出てしまいがちです。緊張して無意識に出る仕草により、お相手に悪い印象を与えて失敗してしまうのはもったいないですよね。

例えば、以下のようなクセが挙げられます。
●早口になる
●声が小さくなる
●視線を逸らす
●自分の顔や頭を触る

特に、早口・声が小さくなるというクセは、お相手が声を聞き取ることができず会話が成立しなくなってしまう可能性があります。

あらかじめ、緊張したときの自分のクセを把握して、会話をするときは常に「クセが出ていないか?」を意識するようにすると、緊張による失敗が減るでしょう。

 

自己紹介・質問をあらかじめ用意しておく

自己紹介・質問をあらかじめ用意しておく
事前に準備をしておくと、当日の緊張が減るはず!

緊張にはさまざまな理由がありますが、「フリータイムでうまく話せないかも」「なにを話せばいいかな」という会話に対する不安・心配が原因となって緊張してしまうケースが多く見られます。

しかし、婚活パーティーで1人の相手と話す時間は長くても10分程度。話題さえあれば、あっという間に終わってしまいます。そのため、話題を事前に用意していけば、「会話が続かないかも」という不安が和らぎやすくなるでしょう。

そこで、会話が続きやすい、自己紹介や質問のポイントをご紹介します。


【自己紹介のポイント】----------------
自己紹介は、自分のことを知ってもらうことに加え、相手から質問を引き出すことを意識するといいでしょう。

プロフィールカードに基本的な情報は書かれているので、一つひとつ丁寧に説明する必要はありません。長々と喋ってもお相手がうんざりしてしまう可能性もあるので、20秒程度でまとめるのがおすすめです。また、真面目な話だけではなく、少しユーモアも織り交ぜられると効果的です。

例えば、「役所で公務員やっています」とだけ伝えるよりも、「市のイベントで、たまにゆるキャラの着ぐるみに入ったりしています」などと付け足した方が、お相手は親近感を覚えやすいです。
この場合、お相手から「なんのキャラクターですか?」「どんな着心地ですか?」など質問を引き出すことができるでしょう。

少し笑える話題を付け加えるだけで、会話がグッと盛り上がりやすくなります。


【質問のポイント】----------------
会話がなくなってしまった時に使える質問を、事前にいくつか用意しておくのもおすすめです。

●「はい」「いいえ」で答えられない質問
●お相手に知識・経験があることに関する質問

この2つを意識した質問は、お相手から話題を引きやすいので話が盛り上がりやすいでしょう。具体的には、以下のような質問が挙げられます。

●仕事や会社に関する質問
(どんな仕事ですか?など)

●旅行に関する質問
(おすすめの旅行先は?など)

●出身地に関する質問
(どんなところですか?など)

とはいえ、会話の流れを意識せず、突然こういった質問を投げかけてしまうと、お相手がびっくりしてしまう可能性があります。

「自分は旅行が好きで、この前は沖縄に行ってきました。〇〇さんも、旅行に行ったりしますか?」など、まずは「はい」「いいえ」で答えられる軽い質問で流れを作り出した上で、回答に合わせて「今まで一番よかった旅行先ってどこですか?」など、徐々に話題を掘り下げていくのがいいでしょう。

 

緊張するからこそ、婚活パーティーには一人参加がおすすめ!

緊張するからこそ、婚活パーティーには一人参加がおすすめ!
一人のほうがまわりの目を気にせず、自分らしく振る舞えます。

「一人だと不安だから、知り合いと二人で婚活パーティーに行こう」と考える方も多いかもしれません。しかし、緊張しやすい人こそ、一人で婚活パーティーに参加するのがおすすめです。

友達同士で婚活パーティーに行くと、会場に着くまでは安心感があるでしょう。しかし、パーティー自体はほとんどが異性と1対1で会話するだけで、一緒に来た知り合いと話すことはほぼありません。

また、緊張しやすい人は、どちらかと言えば周囲の目が気になる繊細な方が多いのではないでしょうか?異性と話す時、ついつい隣にいる友人や知り合いの存在が気になって、さらに緊張してしまう可能性があります。

さらに、自分と知り合いのどちらかしかカップリング成立しなかったとき、気まずい思いをしてしまうことでしょう。
以上のことから、婚活パーティーにはひとりで参加することをおすすめします。

 

緊張する人におすすめな婚活パーティー

緊張する人におすすめな婚活パーティー
自分の性格やタイプに合ったパーティーを選びましょう!

婚活パーティーには様々な種類があるので、緊張しやすい人は参加する婚活パーティーを厳選した方がいいでしょう。

例えば、以下のようなコンセプトの婚活パーティーがおすすめです。

--------------------------------------
●周りの目線が気にならない、個室タイプの婚活パーティー

●共通の話題でお互いに盛り上がりやすい、同じ趣味の人が集まる婚活パーティー、趣味コン

●似たタイプが集まる、人見知り限定や初心者限定の婚活パーティー
--------------------------------------

こういった婚活パーティーであれば、人見知りや心配性で緊張しやすい方も参加しやすいですね。

 

まとめ

はじめての婚活パーティーは、誰もがかなり緊張してしまいます。ご紹介した通り、緊張を和らげるには事前準備をしっかり行うことで、緊張が少し和らぐでしょう。

また、初回はどうしても緊張してしまいますが、2回目以降の参加は徐々に慣れていくことがほとんど。最初のうちは、多少失敗しても仕方がないと思っておけば気持ちも楽になります。

緊張しがちな人は、先のことをしっかり考えて行動できる、思慮深い人でもあります。婚活パーティーに参加するときに少し勇気を出すだけで、出会うチャンスを増やすことができるので、思い切って勇気を出してみてくださいね。

婚活パーティーですてきなお相手とカップルになれますように!


◆自分に合った婚活パーティーに参加しよう♪
パーティータイプから探す>>

  • 0
  • 0
  • 0