婚活パーティーで出会った人と同棲するメリット・デメリット

婚活パーティーで出会った人と同棲するメリット・デメリット

婚活のコツ

更新:2020.05.29

作成:2020.05.29

Party事務局
婚活パーティーに参加する男性・女性の中には、結婚前に同棲をしてみたいと考えている人も少なくありません。
しかし中には婚活で出会ったお付き合いしている相手に「同棲しない?」と聞かれた時、結婚が先延ばしになるのではないかなど、不安を抱く人も多いのではないでしょうか。

本記事では、婚活パーティーでの出会いから同棲するメリット・デメリットや、同棲から結婚に発展させやすくするポイントなどをご紹介します。

婚活パーティーで出会った人と結婚前に同棲するメリット

婚活パーティーで出会った人と結婚前に同棲するメリット
相手のことを深く知ることができ安心して結婚に踏み切れるようになるでしょう。
まずは、婚活パーティーで出会った人と同棲するメリットを3つご紹介します。

①相手の本当の人柄が分かる

付き合っていても、相手が倹約家か浪費家なのか1日の時間の使い方など、同棲してみないと分からない相手の価値観は意外と多いもの。また疲れているときでも常に思いやりを持って接してくれるのか、自分が体調を崩したときにサポートをしてくれるのかなど、同棲をしなければ知ることのできない人柄もあります。

同棲をしなければ、彼氏・彼女と過ごせる時間は日常生活の中で一緒に過ごせるのはデート中のみ。さらに婚活パーティーで出会った人は共通の知人もいないことがほとんどなので、普段のお相手の様子や周囲の人からどんな印象を持たれているのかも知れず、相手の内面的な部分が見えにくいという特徴があります。

その分、婚活パーティーで出会ったお相手と同棲をすることで、デートだけでは見えてこなかった価値観・人柄を知れるので、いざプロポーズをされても安心して結婚に踏み切りやすくなるでしょう。

②結婚後のシミュレーションができる

交際しているだけでは、相手の生活スタイルは案外見えてこないもの。しかし、一緒に住んで長い時間を一緒に過ごしてみると「散らかすばかりで全然片付けない」「夜遅くまでテレビを観ていて、うるさくて眠れない」など自分とライフスタイルが合わないことに気付き、かなりのストレスになってしまう可能性があります。

また一緒に暮らすうえで、家事を分担できるか一緒に暮らす家族と友人どちらを優先するかなど、結婚後の生活を事前に体験できます。同棲して価値観が合うか確認し合ってから結婚すれば、結婚後に「生活リズムや習慣が合わなくて一緒に暮らすのが辛い」となってしまう確率がぐっと下がるでしょう。

穏やかな結婚生活を送れるかどうかを同棲というお試し期間にシミュレーションすることで、結婚後のミスマッチを回避できます。

③金銭面に余裕ができて結婚資金が貯められる

お互いに一人暮らしの場合は、同棲することで出費を減らせるのもメリットのひとつです。
1人暮らし用の部屋を2つ借りるよりも、2人暮らしできる部屋を1つ借りる方が安く済みます。さらに、光熱費・水道代も基礎料金が1世帯分で済むので負担が軽くなりますよ。

結婚前の準備期間として同棲をして浮いたお金を結婚資金に回せれば、婚約から入籍・結婚式までスムーズに進みやすくなるでしょう。

婚活パーティーで出会った人と結婚前に同棲するデメリット

婚活パーティーで出会った人と結婚前に同棲するデメリット
同棲をしたことでかえって結婚が先延ばしになるデメリットも。
続いて、同棲することで発生するデメリットを3つご紹介します。

①結婚が先延ばしになる可能性がある

同棲生活は結婚生活とほとんど変わりません。法律上、他人なのか夫婦なのかという違いがある程度で、日常の中でその違いを感じることはほぼないでしょう。

そのため、「同棲は結婚という責任を負わなくていいし、別れてもバツがつかないし、わざわざ結婚しなくてもいいんじゃない?」という気持ちになりやすかったり、結婚するタイミングを見失ってしまったりと、結婚しないで同棲をズルズル続けてしまうケースがあります。

②別れにくくなる

同棲中は一緒にいる時間が長いからこそ、相手の嫌な部分を知ってしまうこともあります。
しかしただお付き合いしているよりも、同棲までステップアップしていた場合にはお相手との結婚を強く意識しているため、一緒に暮らす中で価値観の不一致やお相手の不満を感じていたとしても、「ここで別れたら結婚が遠のいてしまうのではないか…?」と別れることを躊躇してしまうこともあるでしょう

また同棲を解消するためには、今の賃貸物件を解約し、新しく住む場所を決め、共同で購入した家具などをどちらが持っていくか決めるなど、かなりの労力と気力が必要です。

このような理由から「別れたいな」という感情が生まれてしまった際に、簡単に別れることはできなくなってしまうのも同棲のデメリットです。

またお相手から同棲解消を言い渡されたときには、同棲をしてお相手と過ごす時間が長かったからこそ相手を想う気持ちも強くなっているため、別れることにとてつもない精神的ダメージを受けてしまうかもしれません。

お互いよく話し合った上で同棲を決めることが大事

お互いよく話し合った上で同棲を決めることが大事
事前にルールを決めて同棲を開始しましょう。
婚活パーティーで出会ったお相手と結婚をする前に同棲をすることには、メリットもデメリットもあります。後悔しないためにも、よく話し合ったうえで同棲を決めることが大切です。

婚活パーティーで出会ったのですから、自然な出会いよりもお互いに結婚願望が強いはず。婚活で出会った人とは事前によく話し合っておくことで、同棲から結婚に発展しやすくもなるので、次のようなポイントをおさえておきましょう。

①同棲期間を決める

同棲を始める際には、期間を決めることがとても大切です。例えば、半年一緒に暮らして問題がなければ必ず婚約するなどを事前に約束しておきましょう。

婚活パーティーに参加している人同士なので、一般的な出会いで付き合ったカップルよりも結婚願望が高いはず。お互いに「結婚が先延ばしになるのでは?」といった不安を解消した上で同棲に踏み切るために、結婚する目安の期限を決めておくことは大事です。

同棲中に問題が起きなければ最短で結婚が決まる上、すでに一緒に暮らしていることで結婚後のミスマッチが起きにくいので、同棲のメリットを最大限に享受できます。
結婚の約束を確実なものにするため、同棲前や同棲中にお互いの両親に挨拶しておくというのもおすすめです。

②同棲中は婚活をしない約束をする

婚活して恋人ができても「もっといい人がいるかも」と婚活をなかなかやめられない人もいるでしょう。
しかし同棲しているにもかかわらず婚活をするのは、お相手の気持ちを裏切る行為。特に婚活パーティーで出会った婚活市場を知る相手にとっては、「自分以外にも同時進行している相手がいるのではないか?」「自分よりも素敵な人を見つけたらどうしよう」と不安を募らせやすいので、婚活していることがばれてしまえば高確率でトラブルになります

同棲中に婚活をしないことは当たり前のことだと思うかもしれませんが、一度婚活パーティーに参加したことがある人でならば再度参加するハードルは低く危険性がないとは言い切れないので、同棲中は絶対に婚活しないとお互い約束するのが、安心した同棲生活を送るためにはおすすめです。

まとめ

結婚について真剣に考えている方だからこそ、同棲すべきかどうか悩ましく思うことでしょう。
同棲することで結婚前に別れに発展する可能性もありますが、同棲が続かない相手と結婚したとして、果たして幸せな結婚生活が送れるでしょうか。

結婚前にお互いの価値観をよく確認し合える同棲は、幸せな結婚をするためにとても効果的です。しかし、同棲にはデメリットがあるので、その点もよく考える必要があります。
同棲からスムーズに幸せな結婚へ繋げるために、お相手とよく話し合って、一緒に2人の未来について考えてみましょう。

婚活パーティーを探す

「婚活のコツ」の記事一覧へ