長男との結婚にはメリットも!長男の嫁になる前に確認すべきこと

長男との結婚にはメリットも!長男の嫁になる前に確認すべきこと

婚活のコツ

更新:2021.05.31

作成:2021.05.31

Party事務局
長男の嫁と聞いて、あなたはどんな印象を抱きますか?女性の中には「長男との結婚はちょっと…」という方も少なくありません。

ところで、なぜ長男との結婚は敬遠されがちなのか。ここではその理由を挙げつつ、長男との結婚に隠された意外と知られていない3つのメリットも紹介します。

長男と結婚にネガティブなイメージを持つ方に向けた「結婚前に話し合って確認しておくべき3つのこと」も合わせて解説しますので、参考にしてみてください。

“長男との結婚”がネガティブなイメージを持たれる理由は?

“長男との結婚”がネガティブなイメージを持たれる理由は?
義父母との同居や介護などの問題を考え、その責任が軽そうな長男以外の男性との結婚を望む女性も。
長男は”その家の後継ぎ”という責任ある立場という認識を持つ人はまだまだ多いもの。そのため「結婚すれば、義両親との同居や将来の介護の問題がついてくるだろう」と思い、長男との結婚をためらってしまうという女性たちは多いようです。

ドラマや映画などから、“姑は同居する長男の嫁に厳しい”という悪いイメージを持っている方も少なくなく、「避けられる苦労はしたくない」と、長男以外の次男・三男の男性を結婚相手としたいと望む方もいらっしゃいます。

また、「長男の嫁は男の子を産み、その苗字を継がなければならない」など、孫を産まなければならないプレッシャーを危惧する声も。

加えて、長男の嫁は親戚一同が集まった際、率先して家のことをするというイメージを持つ方も多いのでは?
このような同居や介護・親戚付き合いなどの問題をデメリットと捉えられることにより、「長男の嫁は避けたい」と考える女性が一定数いる理由となっているようです。

長男と結婚するメリット

長男と結婚するメリット
義父母と良好な関係が築ければ、家事や育児の分担ができるなどのメリットが得られます。
長男との結婚には、確かにプレッシャーがつきまとうかもしれません。しかし、長男と結婚するからこそ得られるメリットもあるのが事実。気になるメリットを紹介します。

●責任感があり面倒見の良い男性が多い

長男である男性は、子供の頃から「お兄ちゃんだから」と言って親に育てられたり「下の子の面倒を見ておいて!」などと頼られることも多かったりした経験から、強い責任感を持つ方が多いようです。

また幼い頃から弟や妹を守ってきたように、面倒見の良い長男の男性であれば「結婚相手の女性も守りたい」と考え、困った時にはすぐに手を差し伸べてくれることでしょう。家族を支えるため仕事にも精一杯取り組んでくれるはずです。

●家事や子育ての負担が軽減する

同居になれば義両親とひとつ屋根の下で暮らすことになり、気を遣う場面が増える可能性はあります。
しかし、その家には妻であるあなたと夫に加えて義理の親がいることになるため、家事をより分担してできるというメリットがあります。
毎日の洗濯や掃除、料理などの家事を分担して行えれば、負担は大きく軽減しますよね。

また、もしあなたが子どもを産めば、子どもの世話や保育園のお迎えも分担できるでしょう。特に女性の社会進出が進んでいる中、結婚しても仕事を続けるならこれは大きなメリットです。

義母=姑問題というイメージがつきまといがちですが、良好な関係を築ければ、力を合わせて協力できるはずですよ。

●住まいにかかる金額が軽くなる可能性

結婚を機に、大きめの家に引っ越したり家を買ったりする夫婦も多いのでは。特に家を購入する場合はかかる金額も高額になり、何十年もローン生活を送るケースも珍しくありません。

長男との結婚による同居では、義両親の持ち家にそのまま住むことになるパターンが大半です。家賃として義両親にいくらか払ったとしても、住宅購入するよりはかなり安く家賃を抑えられるのではないでしょうか。

●義家族から感謝されることも!

冒頭でも解説したとおり、世間には長男との結婚を敬遠する女性が一定数います。そのため、長男として生まれた男性は、少なからず婚活において苦戦してしまう可能性もあるのです。
そしてこの事実を、親世代の方々は意外にも認識しています。

たとえば「うちの息子は結婚できるだろうか…」と悩んでいる両親のもとに、長男が婚約者を連れてくることを想定してみてください。両親はきっと喜び、むしろ「長男と結婚してくれてありがとう!」と感謝してくれる可能性が。

長男との結婚にネガティブなイメージを抱いている人にとっては、このメリットはかなり意外かもしれませんね。

長男との結婚の前に確認しておくべきポイント

長男との結婚の前に確認しておくべきポイント
長男と結婚する前に確認することで、長男の嫁だからこその問題を軽減できるはずです。
長男との結婚における問題を避けるには、事前に話し合っておくべき3つのポイントがあります。最後に解説していきましょう。

●同居の可否

同居の可否は結婚前に必ず話し合っておきましょう。あなたの中で「義両親はまだ元気だし、同居しなくても大丈夫そう」と判断しても、夫の価値観として、結婚後は両親との同居を希望しているかもしれません。

このようなすれ違いが生じていると、結婚してから突然夫に「じゃあすぐ同居で」なんて言われて揉める可能性も。そのため長男である男性が結婚後、同居を望むかどうかは曖昧にせず、結婚する前にしっかり言葉にして確認しておきましょう。

●姑との相性と長男としての夫の立ち回り

義両親となる男性のご両親との相性は重視すべきポイント。特に義両親との同居となる可能性の高い長男と結婚する場合には、関係を持つ中で「合わなそうだな…」と感じるなら、同居するか否かも含めて考え直したほうがいいでしょう。

合わない相手との同居はなかなか苦痛なもの。嫁と姑は一緒にいる時間も多くなりがちなので、姑と良い関係構築をすることは、ストレスなく暮らしていくために、とても重要になります。

加えて大事なのが、姑と自分が揉めたときに夫が味方してくれるかどうか
長男という立場上、夫にしてみれば耳が痛い話かもしれませんが、結婚前に「もし姑と私が揉めたらどっちの味方につく?」と聞いてみてくださいね。

●義実家ならではのルール

家庭の数だけルールはあります。正月とお盆には必ず親戚一同で集まる、年に一度は家族そろって外食をするなど、自分の家庭にはなかったルールが義実家にはあるかもしれません。
また旦那の実家が田舎にある場合、その地域独自のしきたりが存在することも。

これを知らずに結婚すると、そのルールに驚きや窮屈さを感じてしまうことも。
知った上で結婚するのと、結婚してから知らされるのとでは心構えが大きく変わりますので、家族でのイベントの過ごし方や守らないといけないルールについても、結婚前に確認しておくべきですよ。

まとめ

長男との結婚にネガティブなイメージを抱く女性は一定数いますが、長男との結婚には大きなメリットもあるのが事実です。
特に金銭面や家事の負担軽減、子育てのサポートなどは、心強いポイントにもなるのではないでしょうか。

なにより、長男と結婚して幸せになっている人はたくさんいます。気になることがあれば結婚前にしっかり話し合い、腹を割って向き合える夫婦関係になれれば、長男との結婚でも必ず幸せになれるはずですよ。

「婚活のコツ」の記事一覧へ