成功率アップ!女性を食事に誘う方法と注意したいポイント

成功率アップ!女性を食事に誘う方法と注意したいポイント

デート

更新:2020.12.04

作成:2020.12.04

Party事務局
女性と距離を縮めたいとき、まずは食事に誘う方が多いのではないでしょうか。どんなに自信のある男性でも女性を食事に誘う際は緊張するもの。「断られたらどうしよう…」と不安に感じ勇気が出なかった経験がある方もいらっしゃることでしょう。

今回は女性に誘う際にOKしてもらいやすいテクニックや注意点をご紹介します。

女性と距離を縮めるためにはまず「食事デート」

女性と距離を縮めるためにはまず「食事デート」
食事を通して相手との共通点を知ろう!
「まずはお食事から…」という決まり文句がありますが、異性との距離を縮めるにあたってなぜ食事が良いのでしょうか。

その理由は、相手の好む食事やお店を通して価値観を知ることができるからです。
安くてカジュアルなお店を好む女性もいれば、高級なレストランが良いと思う女性もいます。相手の価値観が自分と似ていた方が仲良くなりやすいため食事は最初のデートにおすすめなのです。

また、美味しいご飯を食べて「美味しい」「幸せ」と感じることで、無意識に「この人と一緒にいると幸せ」と感じさせられると言われています。

女性を食事に誘う前に準備しておくこと

女性を食事に誘う前に準備しておくこと
お誘いするときに焦らないように事前準備が大切。
では、実際に女性を食事に誘う際、何か準備しておいた方が良いことはあるのでしょうか。

■お店を調べる

まずは一緒に行くお店を調べましょう。お店を選ぶ際は相手の好みを反映しつつ、高級すぎず安すぎない価格帯のお店に絞るのがポイント。

高級なお店ですと女性は「付き合っていないのにこんな高いお店で大丈夫かな…」「食事代が高く払えるかな…」と不安になってしまいます。また、安いお店の場合は「女性として意識されていないんだな…」と思われてしまいがちなので避けましょう。

価格帯としてはディナーで2名合計15,000~25,000円程度のお店を選ぶのがおすすめです。

■相手が苦手な食べ物をリサーチ

相手が嫌いな食べ物を事前に知っているとお店選びの際にとても役立ちます。苦手な料理を提供するお店に誘ってしまうと、「この料理が苦手で…」と伝えることが気まずいために、誘い自体を断ってしまう女性もいるようです。
OKを貰う可能性を高めるためにも事前に会話の中で苦手な食べ物を聞いておくと良いでしょう。

女性を食事に誘うテクニック

女性を食事に誘うテクニック
まだ距離が縮まっていない時点では「デート」を意識させすぎないことが重要
いざ女性を食事に誘うとなった場合、どうすればOKしてもらいやすくなるのでしょうか。

■お礼として誘う

食事のお誘いが成功しやすいテクニックとしておすすめなのが「お礼」といったデート以外の理由をつけて誘うこと。まだ相手を異性として意識していない段階で「デート」と意識してしまうと尻込みしてしまう女性は多いのです。

「この前仕事を手伝ってくれたお礼」「相談に乗ってもらったお礼」などを理由に食事に誘うと「目的はデートではなくお礼だ」と明確に分かっているため気軽にOKしてもらえる傾向があります。初めて相手を食事に誘う際は「デート」だと意識させすぎないことがポイントです。

■人気店を使用する

最近の流行店・人気店を調べて誘うことも女性からOKを貰いやすいテクニック。相手との関係性を意識するよりも「そのお店に行きたい!」という気持ちが後押しをしてくれます

特に、男性1人では入れないようなスイーツ店やかわいい雰囲気のお店をチョイスすると「男性一人ではお店に入りづらいので一緒に付き合ってほしい」と女性が納得するような理由をつけて誘えますよ。

■ランチに誘う

初対面の女性を食事に誘う場合はランチに誘うこともおすすめです。中には男性と二人きりでお酒を飲むことや帰りが夜中になることを不安に感じる女性もいらっしゃいますが、ランチなら安心感がありOKを貰いやすいのです。

男性からランチを提案することで「下心はなさそう」「誠実そう」という印象を女性に感じてもらいやすくなります。

こんな誘い方はNG?女性を食事に誘う際の注意点

こんな誘い方はNG?女性を食事に誘う際の注意点
相手の状況を考え、具体的かつシンプルに誘うのがポイントです。

■日程を提示しない

食事に誘う際は具体的な希望日程を明確に伝えましょう。「今度一緒に食事にいきませんか?」といった曖昧な誘い方だと「ぜひ行きましょう」と曖昧なまま会話が流れてしまいます

一度会話が終わった後に誘うと「何度も誘われた」と無意識に感じしつこい人という印象を持たれてしまう可能性もありますので注意しましょう。

■ノープランで誘う

女性を食事に誘う際は、少なくとも何時頃にどこに行くのかを具体的に決めてから誘いましょう。分刻みのプランを立てる必要はありませんが、女性を食事に誘う経験が少ない人にとっては、会話の自然な流れで具体的なプランを決めるのは難しいもの。先に大体の流れだけ決めておけばスムーズに約束を取り付けやすくなるでしょう。

■照れ隠しでふざけない

LINEやメールで食事に誘う際に特に注意したいのが、(笑)や絵文字でごまかさないこと。誰しも女性を誘うときに照れくさく感じてしまうものですが、照れ隠しでごまかしてしまうと「ふざけているのかな?」「遊びで誘っている?」と思われてしまうことも。

少し勇気がいりますが、「あなたともっと話したい」という気持ちをシンプルに伝えることで「素直な人だな」と好印象を感じてもらいやすくなります。

■しつこく誘わない

勇気をもって何度も誘ってみる気持ちは大事ですが、仕事などの関係でどうしても行けない場合もあります。一度断られた場合はしばらく期間を置いて誘うようにしましょう

何度も誘ってしまうと「こちらの都合は考えてくれないのか」とマイナスな印象を感じさせてしまう可能性があります。一度持たれてしまったマイナスイメージを払拭するのは大変なので、慎重に相手の状況を考えて誘うようにしましょう。

まとめ

男女の距離を縮めるためにはまず食事に誘うことがおすすめです。美味しいご飯を食べると幸せを感じ、それを「相手と過ごす時間が楽しい」と錯覚するため相手に好印象を与えられます。また、好むお店や料理を通して相手の価値観を知ることができ、自分との相性を判断しやすくなるでしょう。

実際に女性を食事に誘う際はお店や相手の好みを先に調べ、相手の状況を第一に考えた上で具体的に誘う目的と理由を伝えましょう。少し勇気がいりますが照れずに素直に伝えると好印象に感じてもらいやすくなります。

今回ご紹介したテクニックは婚活パーティーでカップリングした相手を食事に誘う時にも使えますので、是非試してみてくださいね。あなたのお誘いが成功しますように!

婚活パーティーを探す

「デート」の記事一覧へ