初デートをドタキャンする女性の心理とは?

初デートをドタキャンする女性の心理とは?

デート

更新:2022.08.24

作成:2021.10.04

Party事務局
気になっている女性とデートする約束をしたのに、急にキャンセルされたらトラウマになってしまいますよね。

本記事では、初デートをドタキャンする女性の心理に加えて、ドタキャンされた時にとるべき対応や初デートをドタキャンされにくくなる方法などについてご紹介します。

女性が初デートをドタキャンする理由

女性が初デートをドタキャンする理由
会ってみたいけど不安で初デートをドタキャンしてしまうことも…
まずは、どういった理由で女性が初デートをドタキャンするのか、よくある理由をご紹介します。

本当にやむを得ない事情で行けなくなった

女性がデートの約束をドタキャンする理由としては、残業や休日出勤など仕事の都合や、体調を崩した・身内の不幸があったなど、急に行きたくても行けない状況になってドタキャンしてしまうケースが一般的でしょう。

デートするのが面倒になった

デートの約束はしたものの、その後メッセージをやり取りする中で相手を魅力的に感じられなくなっていたり、ただその時の気分で面倒になったりして、デートの当日にドタキャンしてしまう女性もいらっしゃるようです。

デートに不安がある

マッチングアプリなどで出会ってはじめてデートする場合、「相手はどんな人かな?」「会ってみたいけど、悪い人じゃないかな?」と女性は不安になりやすいもの。

見ず知らずの人と2人で会うシチュエーションがよく考えたら怖い…と感じて、不安が特に強まる前日や当日にドタキャンしてしまうことがあるようです。

ドタキャンした女性は脈ナシ?

ドタキャンした女性は脈ナシ?
ドタキャンされても、お相手から「誠意」を感じられれば脈アリの可能性大です。
デートをドタキャンされたからといって、必ずしも脈ナシというわけではありません。
脈アリかどうか女性心理を確認するには、次のポイントをチェックしてみましょう。

脈アリの場合

・何度も謝ってくる
・別の日にデートしましょうと女性から誘いがある
・ドタキャン後も連絡がとれて返信が早い

脈ナシの場合

・あまり謝らない
・別の日にデートしようと提案しない
・またデートに誘っても「予定が合わない」とうやむやにする
・ドタキャンの後、音信不通になったり、返信がおそくなったりする


お相手が脈ありならば、ドタキャンで雰囲気を悪くしたことを申し訳なく思うと同時に、関係を終わらせたくないと考え、丁寧な態度をとるはずです。ドタキャンされた後の反応から、脈があるかどうかを判断しましょう。

ドタキャンされた時の良い対応と悪い対応

ドタキャンされた時の良い対応と悪い対応
初デートをドタキャンされてイヤな気持ちになっても、穏やかに対応しておくのが吉。
初デートをドタキャンされたら、イライラしたり悲しくなったり、嫌な気持ちになってしまうのは当然です。

しかしながら、急病などで致し方なくドタキャンしている場合もありますから、次回に繋げるために大人な対応をとっておいた方が良いでしょう。
ドタキャンされた時の良い対応・悪い対応をご紹介します。

良い対応

①「残念だけど、仕方ないよね」と理解を示す
女性にデートの約束をドタキャンされた時にも、相手からの意向を受け入れ大人な態度を取ることで、理解のある穏やかな男性であることが伝わります。

ただ「了解です」などの一言ではなく「残念だけど」と添えることで、あなたが女性とのデートを楽しみにしていたことが伝わるため、その後女性からデートの提案ももらいやすくなるでしょう。

②「大丈夫?無理しないでね」と相手を心配する
ドタキャンされてイヤな気持ちにさせてしまったはずなのに、それでも相手の状況を心配し優しい言葉をかける男性に、女性は器の大きさや包容力を感じます。

特に女性が体調不良を理由にデートをキャンセルした場合には、相手の女性を心配していることが伝わるように、相手の体調を気遣う言葉を添えてくださいね。

③「別の日にデートできたら嬉しい」と気持ちが変わらないことを伝える
女性としては「ドタキャンして嫌われたかも。これで関係はお終いかな…」と考えてしまうので、またデートしたい気持ちがあることを伝えることで次回のデートに繋がりやすくなります。

ただし相手からのキャンセル連絡の後すぐに「じゃあ、次の土曜日はどう?」などと、日程調整を促すのは女性側にプレッシャーがかかり、精神的な負担を与えてしまうので避けましょう。

悪い対応

①「ドタキャンなんて常識がない。失礼だと思わない?」と相手を責める
確かにドタキャンは良くないことですが、体調不良などやむを得ずドタキャンすることもあります。女性も泣く泣くデートをキャンセルしていた場合には、相手を傷付けることになってしまいます

女性の事情を理解しようとせず、責めたり叱ったりしてくる人に対しては、「自分本位で思いやりが感じられない」と印象が悪くなるため、「また改めてデートしたい!」という女性はなかなかいないでしょう。

②「どうせ嘘でしょ」とドタキャンの理由を疑う
ドタキャンの理由が嘘っぽいなと感じても、実際のところ事実かどうかは分かりません。
本当に体調不良で行けないのに嘘だと疑われたら、不愉快な気持ちになるものですよね。

確かに、事実とは異なるキャンセル理由を言い訳として使う人も中にはいらっしゃいますが、その後相手との関係性を崩さないためにも、ドタキャンの理由を嘘だと決めつけたり追求したりすることはやめておきましょう。

③「時間を遅らせても大丈夫だよ!」と無理にでも会おうとする
申し訳ないなと思いながらキャンセルの連絡をした女性に対して、無理にでもデートを決行しようとするのも女性からの印象を損なうことに繋がるため注意しましょう。

男性としては相手に配慮しているつもりでも、女性からするとスマートさがなく自分勝手な印象を与えますし、それでも会えない場合にもう1度お断りしないといけないので罪悪感や負担を与えてしまいます
時間の変更ではなくキャンセルの連絡が来た場合には、相手の都合を考え、そのまま受け入れることを心掛けましょう。

初デートをドタキャンされないための工夫

初デートをドタキャンされないための工夫
メッセージのやり取りで女性の不安を解消しておくことが重要です。
マッチングアプリや婚活パーティーで出会った場合、デートに対する不安が原因で女性がドタキャンしてしまうケースもあります。

まだお互いのことをよく知らないのですから、女性からある程度警戒されるのは仕方ありません。ドタキャンされないために、女性を不安にさせないよう工夫するといいでしょう。おすすめの予防策をご紹介します。

デート前にメッセージのやりとりで信頼関係を築くよう心がける

まだ出会って間もない場合や、初デートが初対面の場合、女性は相手を信頼していいかどうか分からず、デートを不安に感じやすいものです。

メッセージや電話でじっくりコミュニケーションをとって信頼関係を築き上げてからデートに誘った方が、ドタキャンされる確率は下がるでしょう。

デートのプランを予め話し合っておく

デートの約束はしたものの、なにをするのか分からないと「当日に行先を決めるのかな?」「なにをするんだろう」と不安になりやすいものです。
「11:00に〇〇に集合して、12:00に△△でランチする感じでどうかな?」などと確認しておけば、女性は安心しやすいでしょう。

その際に、女性側の希望も聞きながら集合場所やデートコースを決めることがポイント。女性にデートにおける楽しみを用意しておくことで、キャンセルされにくくなります。

明るい時間にデートする

夜デートをすることについて、お酒を飲んだり終電を逃したりといったシチュエーションがイメージされ、女性の中には「大丈夫かな…」と不安に感じてしまう方もいらっしゃいます。

不安が原因での初デートのドタキャンを避けるためには、女性に安心感を与えるためにも、ディナーではなくランチに誘ったり解散時間を事前に伝えたりと、お休みの日に明るい時間帯でのデートプランを提案するといいでしょう。

まとめ

初デートでドタキャンしてくる女性の心理や、対応法などについてご紹介しました。
ドタキャンの理由は様々なので、ドタキャンされたからといって脈なしとは限りません。イヤな気持ちになっても、相手の事情に理解を示して、穏やかに対応することが大切です。
デートの内容が不安でドタキャンされるのを防ぐために、女性を不安にさせないようなデートプランになるよう工夫するのも効果があります。
もしドタキャンされても心を強く持って、次回のデートを狙いましょう。

SAME CATEGORYデートの記事

もっと見る

PARTY☆PARTY 公式アプリ

PARTY☆PARTYアプリPARTY☆PARTYアプリ

アプリ限定のオトクなクーポンが届く

パーティーの参加履歴をチェックできる

連絡先交換したお相手をプロフィール付きで確認できる

Download on the App StoreDownload on the App Store
Get it on GooglePlayDownload on the App Store