早く結婚したい!彼氏のプロポーズを促すための切り出し方とは!

婚活のコツ

2018.04.19

早く結婚したい!彼氏のプロポーズを促すための切り出し方とは!

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーを経て結婚するケースは多々ありますが、カップルの関係や同棲期間だけが長い間続いてしまうケースもあります。女性からすると、なかなかプロポーズをしてくれない相手に疑問を抱いてしまいますよね。年齢的に30を超えてくると、精神的な焦りも出てくるでしょう。

そこで今回は、彼氏が結婚を切り出さない理由や、プロポーズを促す方法をご紹介します!

 

結婚せずにズルズルはマイナス?その理由とは

結婚せずにズルズルはマイナス?その理由とは
結婚したい想いがあるのに、交際期間だけが長引くのはマイナス。

彼氏彼女の関係でも、楽しい時間は過ごせます。そのため、結婚前提のつもりでいても、「まだカップルの関係でいいかな」と思ってしまう女性もいるでしょう。しかし、長い目で見るとそれはマイナスです。そこで、その理由を見ていきましょう。

1つ目は、「精神的なストレスになる」ということです。結婚の意思がある女性からすると、「いつになったらプロポーズしてくれるんだろう」というモヤモヤした気持ちが続くことになりますね。その気持ちのままどんどん交際期間が長引くことは、精神上あまりよくありません。

2つ目は、「時間の無駄になるかもしれない」ということです。仮に、結婚前提のつもりで長い間付き合っていたのに、突然男性の方から別れを切り出された場合、プロポーズを待っていた時間は何だったのかということになってしまいますよね。

3つ目は、「結婚の意思がないと勘違いされるかもしれない」ということです。普通、付き合っていく中でお互いの考え方を理解したり、気持ちを察するようになっていきますよね。そのため、女性側がいつまでも結婚の話をしないでいると、「結婚の意思がないんだろう」と勘違いされてしまうことも。
別れる方向で気持ちを整理されてしまったり、結婚せずにこのままの恋愛関係だけ続けていこうと思われてしまったりする可能性があります。

 

男性側が結婚を切り出さない理由と解決策

男性側が結婚を切り出さない理由と解決策
「この人となら幸せな家庭が築ける」と思ってもらうことが大切!

男性が結婚の話を切り出さない理由については、いくつか考えられます。

例えば、「男性自身の年収が低いこと」です。年収が高ければ、女性に裕福な暮らしをさせてあげることもできますが、年収が低い場合はそうもいきませんよね。そのため、「年収が低いから結婚は現実的じゃないかも・・」「今の仕事のままで家族を養えるか不安」と、プロポーズを断念している可能性があるのです。

その場合の解決策としては、「女性側から共働きの話をすること」が挙げられます。女性が共働きを望んでいると分かれば、男性もプロポーズに踏み切ってくれるかもしれませんね!

2つ目は、「家庭的ではない女性だと判断している」です。仮に、掃除をしたり、食事を作ったりという家庭的な一面を女性が見せていなかった場合、男性が「この人は家庭的じゃないから結婚は厳しいかな」「結婚後の生活がなかなかイメージできないな」と思ってしまう可能性があります。

そのため、普段から家庭的な一面を見せられるようになれば、プロポーズを考えてくれるかもしれませんよ。

 

彼氏の心を動かすタイミングとポイント

彼氏の心を動かすタイミングとポイント
思い切って、女性から結婚に対するアプローチをしてみましょう!

男性がなかなかプロポーズをしてこないのなら、女性から話を切り出すことをオススメします。中途半端な関係のまま時間だけが経つのはよくないですね。

ただ、タイミングについてはよく考えた方がいいでしょう。いいタイミングとされるのは、「誕生日」です。新たな年齢を迎えたということもあり、一つの区切りですので、将来のことを話し合う日としてはピッタリですね。また、「記念日」でもいいでしょう。付き合ってちょうど3年目になる記念日などは、いいムードになっていますからチャンスですね。

ただ、「どのような切り出し方をするか」というのは大きなポイントです。結婚の想いを素直に伝えてもうまくいくかもしれませんが、ストレートな言い方をすることに抵抗感を抱く女性もいるでしょう。その点を踏まえた上で、男性の心を動かす「うまい切り出し方」をご紹介します。

1つ目は、「そろそろ両親に会ってほしいと伝えること」です。そうすることで、女性からの将来に向けた想いを理解してくれる可能性があります。また、「付き合って半年になるし、〇〇くんのご両親に挨拶したいな」と男性の両親に会うことを希望するのもいいでしょう。ただし、急かすような言い方になってしまうと、かえってプレッシャーをかけることになるかもしれませんので、注意しましょう。

2つ目は、「結婚のイメージについて話すこと」です。ウエディングドレスや結婚式に関するカタログやWebページを一緒に見ながら、その流れで結婚に関する話題を振ってみましょう。「私だったら、どっちのタイプのドレスが似合うと思う?」「〇〇くんはどんな結婚式が理想?」と前向きな質問をすることで彼氏の中にも少しずつ結婚のイメージがわいてくるでしょう。これをきっかけに男性側もプロポーズの決意を固めてくれるかもしれません。

3つ目については少し間接的ですが、「既婚者の友人宅への訪問を提案すること」です。幸せな結婚生活を送る共通の友達の家へ遊びに行くことで、結婚をより身近に考えてくれるかもしれません。また、遊びに行った際は、結婚したメリットを友人に聞いてみるといいでしょう。その答えを男性と一緒に聞くことで、結婚に向けた話し合いにつながるかもしれませんよ。

 

まとめ

人は誰しも、年齢を重ねていきます。そのため、結婚の意思があるのなら、ズルズルとカップルの関係を長引かせてしまうのはよくありません。男性がなかなかプロポーズをしてくれないのなら、思い切って結婚に関する話を切り出してみることをおすすめします。

ただ、女性の日々の振舞いや態度が、男性からのプロポーズに至らない原因になっている可能性もあります。実際にそうだと感じる場合は、直してほしいところを聞いてみたり、積極的に家庭的な姿を見せてみてはいかがでしょうか。


◆まずは素敵な彼氏を見つけたいなら♪
自分に合った婚活パーティーを探す>>

  • 0
  • 0
  • 0