婚活パーティーでの出会いからプロポーズするまでの期間は?

婚活パーティーでの出会いからプロポーズするまでの期間は?

婚活パーティーの基礎

更新:2019.07.08

作成:2018.02.19

Party事務局
婚活パーティーに参加されている方は、「〇歳までに結婚したい」と目標を持っている方がほとんど。そのため他の参加者が婚活パーティーで出会って交際してから、どれくらいの期間でプロポーズに至っているのかを気にされている方も多いようです。

婚活パーティーに参加している方は、出会いからは早くて3ヵ月、平均すると6ヵ月~1年程度で結婚に至るケースが一般的で、恋愛結婚よりは早めに結婚ができると言えます。

しかし婚活パーティーの出会いからプロポーズするまでの期間は、婚活者の年代によっても異なります。そこで今回は、年代別のプロポーズまでの平均的な期間や、交際期間中に確認しておくべきことをご紹介します。

婚活パーティーで出会ったカップルの結婚は早い?

婚活パーティーで出会ったカップルの結婚は早い?
お互いに結婚を考えているので、スムーズに進みやすいのです!
まず、婚活パーティーなどの婚活手段を使って出会いを果たしたカップルは、婚活パーティーで出会って交際がスタートしてから、平均して6ヶ月~1年ほどでプロポーズに至っています。一般的な出会いでは1年以上の交際期間を経て結婚しているカップルが多いので、比較すると結婚までの交際期間は短いと言えます。

一般的な出会いだと、例えお互いに好意を持ち交際に発展したとしても、男性と女性の両方が結婚を希望しているとは限りません。どんなに自分がお相手を好きで結婚を望んでいても、そのお相手が結婚を望まない限りは結婚できず、その気にさせるまでに時間がかかってしまいます。

一方、婚活パーティーでの出会いであれば、お相手も結婚を見据えた出会いを求めているので、お互いに「この人!」と思える出会いがあれば、スムーズに結婚まで関係を進めていくことができるでしょう。そのため、一般的な出会いよりは婚活パーティーでの出会いの方が、プロポーズまでの期間が縮まりやすいのです。

また婚活パーティーにおいては、ある程度距離感が近くなってからでないと話せないような年収や結婚までの理想の期間などの情報を、出会いの時点で知ることができます。自分の持つ結婚条件にお相手が当てはまっているかどうかが交際する前から分かっているので、迷いなくお相手との関係を結婚に向けて進められますよね。またお相手の理想の結婚時期が分かればプロポーズをするタイミングを逃さず、スムーズに結婚の話を進めていくことができるでしょう。
このような理由から、婚活パーティーでの出会いからプロポーズまでの期間は自然と短くなると考えられます。

年代によっても異なる出会いからプロポーズまでの期間

年代によっても異なる出会いからプロポーズまでの期間
理想的な結婚のタイミングを見極める参考にしてくださいね。
婚活パーティーで出会った相手との結婚は早いと解説しましたが、年代によって出会いからプロポーズまでの期間は異なっているようです。そこで各年代の結婚までの平均期間と、その理由を紹介します。

●20代:1年~2年

20代の方においては、婚活以外での出会いと同じくらいプロポーズまでの期間があるようです。特に20代前半の方は婚活パーティーに参加してはいるものの、『結婚に繋がる出会い』を求める、いわゆる恋活をしている人がメインと言えます。というのも20代では、まだまだまわりにも独身の人が多く、焦りを感じることが少ないからです。何度か婚活パーティーに参加して、いろいろな人に出会いながら理想の相手を見極めたいと考える人も多いようです。

また20代男性は職場でもまだ若手で経済的に安定していない年代であるため、「ある程度仕事に慣れたら」「出世したら」プロポーズを考えるという方も。女性の社会進出が進む現代では、「彼氏はほしいけど20代のうちはバリバリ仕事をしたいから結婚はまだいいかな」と考える女性も多くいらっしゃいます。そのため20代においてはその他の年代と比べると期間が長くなると言えるでしょう。

●30代:6ヵ月~1年程度

現代の日本の平均初婚年齢は、男性が31歳・女性が29歳程度。ちょうど自分の友人や同僚において結婚や出産の報告がどんどん増えてくる30代においては、結婚を強く意識するようになるため、他の年代と比べて出会いからプロポーズまでの平均期間が早くなる傾向があります。

30代男性は職場において中堅となり余裕が出てくる時期で、次は家庭を持つことでさらなるステータスを得たいと考える人も増えていきます。また30代女性のお子様を望む方にとっては、身体への負担も考え30代のうちに妊娠・出産をしたいと、早めの結婚を望む方が多くなります。このような理由から、30代においては婚活パーティーでの出会いから6か月足らずでプロポーズに踏み切る方も多いようです。

●40代:1年程度

40代になると周囲の結婚ラッシュもひと段落がつく年代。人生経験が豊富で自分というものが確立されている方も多いことから、そんな自分に合うお相手を慎重に見極めたいと思われる方が多い傾向にあります。またこの年代の方においては、お子様を持つことにこだわらない方も増えてくることで、結婚への焦りがなくなっていく方も。そのため40代の方の出会いからプロポーズまでの期間は1年程度と、30代と比較すると長くなると言えます。

一方で「早く親を安心させたい」と、40代になってから早期の結婚を望むようになる方も。結婚への意識が人によって大きく異なる年代でもあるため、事前にお相手の意識を確認することがお互いに理想的なタイミングで結婚をするために、より重要になるでしょう。

これが決め手!チェックしておきたいお相手のポイント

これが決め手!チェックしておきたいお相手のポイント
交際期間でお相手との相性をしっかりチェックしましょう。
周りがどんどん結婚をしていると「早く自分も結婚をしなきゃ!」と、とにかく結婚までの期間にこだわって相手を探す方も多いことでしょう。しかし期間ばかりにこだわり急いで結婚をしてしまうと、その後思わぬ壁にぶつかってしまうことも…。
そこで最後に、プロポーズを決断する前に二人の間で確認しておきべきことを紹介します。

金銭感覚について

金銭感覚(経済観念)のズレは離婚の原因としてよく挙げられるほど、夫婦関係に大きな歪みを生じさせると言われています。浪費家と節約家という相反するふたりが結婚した場合、お金の使い方で夫か妻のいずれか、もしくは両方ともが相手のお金の使い方にストレスを感じてしまうことも。
金銭感覚が異なっている場合、そもそものライフスタイルにも大きな違いがあることが多く、一緒に生活を過ごしていくのが難しいと感じる方が多いようです。そのため交際している間に、デート中のお金の使い方を観察したりしながら、金銭感覚に大きなズレがないか確認しておきましょう。

仕事・家事の分担について

現在では共働きをされるご夫婦も多いですが、中には結婚後「夫は仕事・妻は家事」という具合に、それぞれ分担することを望む方もいらっしゃいます。お互いの希望がマッチする場合には問題ないですが、「共働きがよい」「専業主婦になりたい」という希望が分かれていると、結婚をする時点でどちらかが我慢をすることになり、不満を抱えてしまう原因にもなります。そのため結婚を見据えて交際を始める時点で、それぞれの考えを確認しておくことはとても重要です。
またもし共働きをする場合には、家事分担をどうするのかという点も結婚前にしっかり話しておきましょう。お互い納得した上で、気持ちよく夫婦生活が送れる環境を目指しましょうね。

●お互いの両親との接し方や価値観について

どちらかのご両親と同居するのか別居するのかは、結婚において重要な問題でしょう。当人同士は別居を考えていたのに「同居しないなら結婚は認められない」などと、ご両親に反対され結婚することができないケースも十分にあり得ます
また親によっては交際期間があまりにも短い『スピード婚』に難色を示すこともあります。その後結婚の話をスムーズに進めるためにも、プロポーズをする前・される前に、義両親との同居の有無や結婚に対する両家の価値観について、すり合わせておくのが無難でしょう。

まとめ

婚活パーティーで出会ったカップルの交際から結婚を決めるまでの一般的な期間は、恋愛結婚よりも早い6ヶ月〜1年。結婚を望むお相手との出会えるからこそ、スムーズにプロポーズまで至るカップルも多いでしょう。
しかし期間を気にしすぎるあまり、結婚を急いで決めてしまうと理想的な結婚生活が送れなくなってしまうことも。プロポーズまでの目安期間は意識しつつも決して焦らず、でもダラダラと無駄に長引かせることもなく、様々な決断を意識的に行いながら婚活を進めてみてくださいね。

PARTY☆PARTYの婚活パーティーなら、「1年以内に結婚したい」人限定の婚活パーティーなど、事前にお相手の理想的な結婚までの期間が分かるパーティーも開催されています。
結婚までの理想の期間が合うお相手と出会えるからこそ、ふたりの関係はスムーズに発展していくはず。ぜひチェックしてみてくださいね。

結婚前向きな方限定パーティー

「婚活パーティーの基礎」の記事一覧へ