婚活パーティー後の二次会へは行くべき?

婚活パーティー後の二次会へは行くべき?

婚活のコツ

更新:2020.06.09

作成:2018.03.29

Party事務局
最近では、婚活パーティー後に複数人の男女での二次会が開催されるケースも増えています。

今回は、そもそも婚活パーティー後の二次会へは行ったほうがいいのか、また二次会でのアピール方法や気を付けることなど、婚活パーティーの二次会に関する情報をご紹介します。

婚活パーティー後に開催される二次会には参加したほうが良い理由

婚活パーティー後に開催される二次会には参加したほうが良い理由
婚活パーティー後の二次会に参加することで、参加者との仲を深められます!
全ての婚活パーティーの後に、必ず二次会が開催されるわけではありませんが、大勢でわいわいと楽しむイベント型の婚活パーティーの後には、男女複数人での二次会が開催されるケースが多いようです。

例えば料理合コンやBBQコンのような、グループで何かを作ったり行動したりする婚活パーティーは作業を通じて自然に会話が生まれ、グループみんなで協力する中で同性を含めグループ全員と仲良くなりやすいのです。

こうしたイベント型のパーティーはカップリングが行われないことが多くパーティー後に二人きりでデートに行く男女が少ないことから、グループでの二次会にも誘いやすいもの。
また、婚活パーティー中にグループでまとまっていたため、そのままの流れで「せっかくだしみんなで食事に行こうよ」という雰囲気になることが多いようです。

イベント型のパーティーを探す

それではここからは、婚活パーティー後の二次会に参加するメリットをご紹介します。

◆会話を通じて気になる人とも仲良くなれる

いくら同じグループで作業をしていたとしても、婚活パーティー中には一人一人と話せる時間も限られており、なかなか参加者の人柄を十分に知ることはできません。
 
しかし、二次会に参加すれば気になったお相手ともゆっくり会話をすることができるため、仲が深まりやすくなります。また、お酒が飲める二次会であれば、婚活パーティー中は緊張でうまく話せなかったという方も、お酒の力を借りてより自然体で話すこともできるはずです。

◆相手の別の側面が見えてくる

婚活パーティー中は印象が良かった人でも、場所が変わると印象が変化する可能性があります。例えば、婚活パーティー中は盛り上げ役で楽しい印象だった人が、お酒の席になるとはしゃぎすぎて迷惑に感じ、印象が悪くなるケースなどです。

逆に、婚活パーティー中では印象が良くなかった人が、実は同じ趣味を持っていた、店員さんへの態度が丁寧だったなど、二次会では魅力的に感じる場合もあるかもしれません。
 
場所を変えることで婚活パーティーでは見えなかった部分が見えてくるので、その後デートしてみて「思ってた人と違った…」というようなズレが起きにくくなります。

◆連絡先交換がしやすい

婚活パーティー中に連絡先交換のタイミングを逃してしまったとしても、二次会に参加すれば、参加者も少ないため気軽に「せっかくだから、連絡先交換しませんか?」などとメールアドレスやLINE IDを交換するチャンスを作りやすいでしょう。
 
二次会で打ち解けた後なら気軽に連絡先交換に応じてくれる人が多いので、気になっている異性がいる場合には、必ず連絡先交換を提案してくださいね。

婚活パーティー後の二次会への誘い方・タイミング

婚活パーティー後の二次会への誘い方・タイミング
婚活パーティーの終盤に思い切って二次会を企画してみましょう!
婚活パーティーは、パーティーの終盤でスタッフからの促されることもあり、参加者の中から「二次会します?」という声があがりやすくなります。
それでも、もし誰かが二次会の開催を言い出さなかった場合は、自分から二次会を企画して誘ってみましょう。

二次会を提案するタイミングとしては、みんなが打ち解けたパーティーの終盤、または終わって帰る準備をしている頃がベストです。二次会への参加人数があまりに多くなりすぎるとお店選びも大変になってしまうので、同じグループだった人同士4~6人くらいで行くのがおすすめ。

二次会へのおすすめの誘い方は、まずは気になる異性に「もし二次会を開いたら来ますか?」などと声をかけ、来てほしいことをアピール。そして気になる人が来てくれるようであればグループ全体に「二次会開きます!みんな来ませんか?」と広げるのがいいでしょう。

ここで上手く二次会を企画できたら、気になる人と一緒にいる時間が長くなるだけでなく、リーダーシップをアピールできるので「気が利く」「行動力がある」など異性からの評価が上がる可能性もあります。

婚活パーティー後の二次会で好印象を与える振る舞い方

婚活パーティー後の二次会で好印象を与える振る舞い方
笑顔をキープして二次会を楽しんでいることをアピールしましょう。

◆できるだけ笑顔で全員と感じよく接する

婚活パーティー後に時間を費やして参加している二次会だからこそ、参加者みんなで盛り上がりたいものです。そこでまず二次会中には笑顔をキープして、参加者みんなに楽しんでいることをアピールしましょう。

笑顔でいることによってグループの雰囲気がよくなるだけではなく、「一緒にいたら楽しそうだな」「穏やかで優しそうな人だな」と好印象を持たれやすくなります

また、気になる人と仲良くなりたいからと、特定の人ばかりに話しかけてしまっては、「自己中心的」な印象を与え、他の参加者に困らせてしまいます。

参加者全員が楽しめる話題を振ったり、うまく会話に参加できてない人にも声をかけたりすることで、協調性をアピールしながら楽しい時間が過ごせるように働きかけましょう。

◆気遣いできる人がポイント高い

二次会での料理の注文時には「これ皆さん食べられますか?」と声をかけたり、料理が来た時に取り皿をみんなに手渡したりすることで、気遣いができる面をアピールしましょう。

周りをみて親切な行動ができる人とは、「一緒に過ごしても居心地がよさそう」「サポートしてくれそう」と、お付き合いも結婚も前向きに考えられるようになりますよね。

その他、料理を取り分けたり「寒くない?」と空調の温度を気にしたり、二次会中には気遣いをアピールできるタイミングはたくさんあるので、意識的に行動してみてくださいね。

婚活パーティー後の二次会で気を付けるべきポイント

婚活パーティー後の二次会で気を付けるべきポイント
楽しくても二次会での飲み過ぎはNGです。
せっかく二次会に参加したのに、気まずい思いをしたり、気になる男性や女性に嫌われてしまったりしたら悲しいですよね。そこで最後に婚活パーティー後の二次会でのNG行動などをご紹介します。

◆酔っ払いすぎてハメをはずさない

婚活パーティーの二次会は、引き続き結婚相手を探す場。お酒を飲んで騒いだり感情的になってしまったりすることで、気になる人に引かれてしまうことのないよう、二次会では慎重に振舞った方が賢明です。いくら二次会が楽しいからと飲みすぎないように注意してください。

また酔いすぎて気になる異性にしつこく絡んだり、酔い潰れて介抱されていたりしたのではさらに「迷惑な人」と思われ印象が悪くなるので注意が必要です。

◆進行や支払いを人任せにしない

二次会では発案者(幹事)が中心となって注文や支払いを行うかとは思いますが、自分には関係ないと思わず協力的に振る舞いましょう。支払いの際は、女性も財布を出して支払いの意思があることをアピールするのがおすすめです。

というのも支払いは人任せという態度を出してしまうと、「無責任な人だな…」女性なら「付き合ってもデート代は全て負担させられそう」などと、悪いイメージを持たれてしまう可能性があるからです。

婚活パーティーの参加者は、自分にとって理想的な人を見つけようとアンテナを張っている人が多いことから、些細な言動もチェックされているので気を付けましょう。

まとめ

もし婚活パーティーに気になる人がいたなら、二次会には積極的に参加するのがおすすめです。二次会に参加することで気になる人に魅力をアピールできますし、婚活パーティーではわからなかったお相手の一面を知るきっかけにもなります。
婚活パーティー後の二次会では気を付けるポイントなどをおさえて、積極的にアピールしましょう!

婚活パーティーを探す

「婚活のコツ」の記事一覧へ