婚活パーティーの「常連」の特徴と対処法

婚活パーティーの「常連」の特徴と対処法

婚活のコツ

更新:2020.03.27

作成:2020.03.27

Party事務局
婚活パーティーに参加すると、まれに常連客に遭遇するという声が聞かれます。一度ならまだしも、二度、三度と婚活パーティーで会う回数が重なると気まずくなってしまいますよね。
同じ顔ぶれを見てしまうということは、婚活パーティーには常連になる人が多いということなのでしょうか?

今回は婚活パーティーの常連となってしまう方によくある原因と、常連客の特徴、そして常連客との出会いの確率を下げるためのパーティーの選び方を解説していきます。

婚活パーティーの常連になってしまう原因は?

婚活パーティーの常連になってしまう原因は?
カップリングのコツが掴めずに繰り返している方が常連となるケースが多いでしょう。
まず前提として、婚活パーティーで常連客となる方は一部の方に限られます。参加者の大半はあなたにとって初対面の男性・女性となるはずですので、ご安心ください。

しかし、参加者の中には稀に婚活パーティーに何度も繰り返し参加し続けている方も。その理由としてまず考えられるのが、理想の相手とのカップリングを果たせていないということです。

婚活パーティーでカップリングするコツや異性との接し方を掴めていなかったり、高望みしすぎていることで出会いの確率を自ら下げてしまっていたりすることが、婚活パーティーに頻度高く参加し続けている理由として考えられます。

そのほか、そもそもカップル成立することを重要視しておらず、初対面の異性との会話を楽しむ目的で、頻度高く婚活パーティーにお金を払って参加しているという方もいらっしゃるようです。

婚活パーティーの常連の特徴

婚活パーティーの常連の特徴
スタッフへの馴れ馴れしさや上から目線の態度から常連であると気付けるでしょう。
ほとんどの方が真剣に出会いを求めて婚活パーティーに参加しているものの、中には他の参加者に不快感を与えてしまう常連の方もいらっしゃるようです。
そんな常連のお客様をよくよく観察していると、常連ならではの振る舞いが見えてくるもの。そこで続いては婚活パーティーの常連客に見られる特徴をまとめていきます。

●スタッフへの接し方が馴れ馴れしい

婚活パーティーに何度も足を運んでいる常連の方であれば、スタッフと顔見知りになることも充分に考えられます。何度も参加しているからとスタッフに無理を言ったり、タメ口で話しかけたりするなど、スタッフとやけに親しげに馴れ馴れしく話している参加者がいたら、その人は常連である可能性が高いでしょう。

●説明を聞かずにパーティーを進行している

婚活パーティーでは、司会進行役がパーティーの進め方について随時解説してくれるもの。その説明を聞いていないように見える方がいれば、その人は“この先の進め方についてすでに知っている”のかもしれません。
進行を覚えるほど何度も足を運んでいるとあれば、その方は婚活パーティー界のベテランといっても過言ではないですね。

●上から目線で参加者を評価している

これまでに出会った異性では満足できず、より理想的な異性と出会うために繰り返し婚活パーティーに参加する常連の方も多いもの。そんな高望み傾向にある常連客の中には、自分の求める基準に達していない参加者に対して上から目線の対応をすることがあります。

婚活パーティーの場数を踏んでいる分だけさまざまな参加者を見てきているので、プロフィールや第一印象から自分の中で“あり”と“なし”を即座に判断し、相手によって態度を変えることも。トークタイム中に、発言や態度に初々しさや謙虚さが感じられず、見下されているような気分になる相手がいれば要注意です。

婚活パーティーの常連客への対処法

婚活パーティーの常連客への対処法
常連の方とは問題を生じさせないことを優先し、笑顔で対応しましょう。
実際に周りに不快感を与える常連客に、婚活パーティーで出会った時の対処法をご紹介します。

実際に参加した婚活パーティーで常連客に出会った場合にも、まずは笑顔で会話をすることを心がけましょう。素っ気ない態度を取ったり、うっかり口を滑らせて「何度も参加されて大変ですね」などと言ってしまったりしては、常連客のプライドを傷つけて怒らせてしまうかもしれません。

常連の方から親しげに話しかけられたとしたら、まずは一言二言の世間話でも交えましょう。
そして個室会場以外の婚活パーティーで、特にフリータイム中に常連の方から話かけられた場合には、そこからさりげなく「別に話したい人がいるので…」など言って会話を打ち切り、距離を取るのが無難で安全な対応です。

また、主催者のスタッフに依頼することで、直接顔を合わせないように調整してくれることも。受付などで常連の異性を見つけてしまった場合には、パーティーが始まる前に「馴れ馴れしくて嫌な感じなので…」「何度も顔を合わせていて気まずいので」などの理由を添えて、常連客との距離を作ってもらいましょう。

婚活パーティーの常連客との遭遇を避ける一工夫

婚活パーティーの常連客との遭遇を避ける一工夫
常連客と会ったパーティーと共通の会場・形式を避けて申し込みましょう。
常連客との接し方については分かりましたが、可能であればそもそも常連客に会わずに婚活パーティーを楽しみたいというのが本音ではないでしょうか?
最後に、常連客との遭遇の確率を下げる婚活パーティーの選び方を解説します。

●同じ会場ばかり選んで参加しない

婚活パーティーで何度も常連客に会ってしまうという場合は、これまでに行ったことのない会場で開催されている婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。

数多くの婚活パーティーが開催されている中で同じ人に会うということは、その常連の方と行動範囲が近く、お互いに同じ会場ばかりに偏って参加しているということが考えられます。普段は行かない会場まで足を運べば、真新しい出会いが果たせる可能性も高くなるかもしれません。

特に何度か婚活パーティーに参加しているのに理想の出会いがないという方では、会場を変えることが気分転換にもなるため、心機一転の気持ちでパーティーを楽しめるというメリットもありますよ。

●街コン・趣味コンなどに参加する

婚活パーティーの常連の方との出会いを避けるためには、そもそも参加する婚活パーティーの形式を変えてしまうのも選択肢のひとつです。そこでおすすめなのが街コンや趣味コンです。

近頃の街コンは参加者も男女で十名程度の企画も多く落ち着いて会話ができる上に、若者だけではなく多くの年齢層に合わせた企画が開催されるようになったことで出会いへの真剣度が高い方も参加しています。現在の街コンなら食事付きの婚活パーティーという感覚で、抵抗感なく参加できますよ。

また趣味コンは、「カフェ巡り好き」「映画好き」など、同じ趣味を持つという条件に当てはまる男女のみが参加して開催される進化型の婚活パーティーです。趣味が同じという前提で異性と交流できるため、仲良くなりやすいというのが人気の理由となっています。

形式を変えればこれまでの婚活パーティーで出会った常連の異性に出会う確率も低く、安心して参加できますよ。パーティーの形式にこだわりがない場合には、ぜひ1回趣味コンなどにも参加してみてくださいね。

まとめ

婚活パーティーで常連客に会うと、気まずい気持ちになってしまうもの。中にはスタッフとやけに馴れ馴れしく話したり、上から目線で参加者を評価したりといったマナー違反の常連客をみて不快に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
もし現在すでに婚活パーティーで常連客との遭遇に悩まされているのなら、会場を変える・婚活手段を変えるなどで工夫してみましょう。

なお、婚活パーティーでマナー違反の常連客と出会うといった状況は、そう多くありません。基本的には初対面の人とばかり出会えるのが婚活パーティーのよいところですので、あまり心配しすぎず、全力で出会いの場を楽しんでくださいね。

PARTY☆PARTYは、全国各地に婚活パーティーの専用会場があり、好きな会場を選んで参加できます。最寄り駅から徒歩3分以内にある会場ばかりなので、都度参加する婚活パーティーの会場を変えても迷う心配はありませんよ。
会場ごとに会場の雰囲気や開催する企画も異なるので、楽しみながら色んな会場の婚活パーティーに参加してみてくださいね。

会場からパーティーを探す

「婚活のコツ」の記事一覧へ