婚活パーティー後にLINEでブロックされてしまう理由と対処法

婚活のコツ

2018.03.13

婚活パーティー後にLINEでブロックされてしまう理由と対処法

  • 0
  • 0
  • 0

電話やメールなど連絡ツールにはさまざまなものがありますが、婚活パーティーでカップリングしたお相手とのやり取りに用いられるものの定番といえばLINEです。

日常的に利用するLINEでのやり取りはメリットも多い一方で、気になるのがブロック機能ではないでしょうか。もし、お相手からの返信が途絶えたら、「ブロックされたのでは?!」と不安な気持ちになることもあるかもしれません。

今回は、もしもLINEをブロックされた場合に考えられる理由と対処方法についてご紹介します。

 

連絡先交換でLINEを用いるメリット

連絡先交換でLINEを用いるメリット
便利な機能が多く、連絡先としてLINEを交換する人が増えています。

LINEのメリットにはさまざまなものがあります。

まず一つ目に電話番号やメールアドレスなどの個人情報を交換せずに、やり取りをすることができる連絡手段である点。婚活パーティーでカップリングしたお相手でも、初対面です。これからお互いを知る上で、いきなり個人情報を教えるのは抵抗がある…。そんな方もLINEであれば、安心して連絡先交換をすることが可能です。

続いて、スタンプを利用したやり取りができる点。文章でのやり取りがあまり得意でない方や、異性とどんなメッセージ交換をしたら良いか分からない方でも、スタンプを利用することで気軽なやり取りが可能です。

そして、最後が既読通知機能です。自分が送ったLINEをお相手が読んだかどうかをチェックすることができる点に安心感があるという声もありますが、その一方で既読にされないと不安になることもあります。お相手に未読スルーや、既読スルーされていることを気にし過ぎてしまう人も多いでしょう。

また、LINEにはブロック機能があり、ブロック機能を使うと、相手に伝えずにメッセージが届かない状態にすることができます。そのため、ブロックされた側がいくらメッセージを送っても、お相手が既読になることはありません。いわばメールや電話でいう「拒否」の状態になります。

 

ブロックされてしまった場合に考えられること

ブロックされてしまった場合に考えられること
何気ない行動や発言がブロックされる原因になっているかも…。

婚活パーティーでカップルになったお相手と、最初の数日間あるいは数週間の間、毎日のようにやり取りを続けていたのに、ある日ぱったりと返事がなくなってしまった…。この場合、ブロックされている可能性が高いかもしれません。

LINEをブロックされた場合、まずはなぜブロックされてしまったのか原因を考えましょう。
よくある原因としては以下が考えられます。

◆LINEの内容が好ましくない
下ネタを含む会話など相手を不快にさせる内容や、相手がこの人とやり取りを続けていても意味がない(先を考えられない)と感じる内容を送信してしまったケース。

◆なれなれしい態度
よく面と向かってはシャイでも、LINEなど顔の見えないやり取りになると強気になるタイプの人がいます。そういった方はなれなれしくなり過ぎてしまう傾向にあり、いきなりタメ口を使うなど相手に不快感を与えることも。

◆マナーが悪い
夜遅くや朝早くなど時間を問わずに連絡をしてくるといった、社会人の常識ともいえるマナーをわきまえていない場合。

◆しつこい送信
返信がないにも関わらず、一方的にメッセージを送信し続けてしまい、しつこい人という印象を与えてしまった場合。

◆他に好きな人ができた
やり取りを続ける中で他に好きな人や気になる人ができて、そちらの人の方が魅力的に感じた場合。

など、考えられる理由はさまざまです。
他に好きな人ができた場合だけは、こちら側に何か理由があったわけではないので特段対処の仕様がありません。

ただ、それ以外の理由に関しては、今後も婚活パーティーでカップリングしたお相手やそれ以外の異性の方とやり取りをする場合に注意しなければ、また同じ過ちを繰り返してしまいます。それでは、異性とLINEのやり取りをするたびにブロックされてしまう可能性も…。自分の改善すべき点はどこかを考えるためにも自分の行動や発言を振り返り、LINEをブロックされてしまった原因を知ることはとても重要です。

 

LINEをブロックされた場合にすべきこととは?

LINEをブロックされた場合にすべきこととは?
ただ落ち込むのではなく、自分の行動を振り返ることが大切です。

お相手の男性や女性からLINEをブロックされた場合、ショックを受けて落ち込んでしまいがちですが、落ち込みすぎるのもよくありません。

上記でもご紹介したように、LINEをブロックされることには理由があります。逆に考えれば、ブロックされなければ原因を突き止め、自分の良くなかった点と向き合うこともなかったかもしれないのです。LINEをブロックされてしまったことは自分を変えるチャンスで、次へのステップアップにつながったと考えましょう。

婚活パーティーでは、これまで出会った異性とは全く違うタイプの人たちとも出会います。それぞれのお相手に対してこう言ったらお相手がどう思うかを考えたり、お相手に好意や興味を持ってもらえるやり取りの内容などを知り得たりしていくことも、婚活パーティーでの出会いの醍醐味の一つと言えます。また、さまざまなお相手とLINEでやり取りをする経験は自分磨きにも繋がり、異性から見て魅力的に映る人に成長できるはずです。

 

LINEをブロックするときの注意点

LINEをブロックするときの注意点
軽い気持ちで、簡単にブロックするのはお相手に失礼です。

最後に、自分がお相手をブロックしたいと思った場合の注意点を見てみましょう。
ブロック機能はお互いに平等に利用できる機能ではあるものの、よほどの理由がない限り一方的にやり取りを終了させるのはあまり好ましくありません。場合によってはトラブルになる危険性も否定できません。

わざわざお相手に「○○だから、もう連絡をとるのをやめましょう」と告げる必要もありませんが、できればブロック機能を利用するのではなく、適当な理由を探してやり取りを終わらせたいことを伝えた方が親切です。

たとえば、「仕事が忙しくてなかなか時間がとれないので…」と徐々にフェードアウトするほか、正直に「ほかに気になる人がいるので…」など伝えてもOKでしょう。
いきなりブロックされるよりは、お相手を傷つけることもありません。

ただ、やり取りを通して嫌悪感を感じることがあった場合や、明らかなマナー違反である場合などすぐにやり取りを終わらせたいときはブロック機能を利用しても問題ないでしょう。LINEのブロック機能は、お相手の人柄や、やり取りを考慮した上で利用することをおすすめします。

 

まとめ

婚活パーティーでカップリングしたお相手でも、初対面です。LINEでのやり取りを通して、お互い違うことを感じるかもしれません。LINEは便利なツールである一方で、簡単にお相手をブロックすることもでき、ブロックされた側としては落ち込んだり自信を失ったりすることもあるでしょう。

でも、そうしたやり取りを通して自分自身を知り、改善点を見つけることも婚活においては非常に重要です。ブロックされたことも、良いきっかけとなったと言えるかもしれません。

出会うことは学ぶこと。自分ではなかなか気づけないダメな部分に気づいて今後に活かす!これが婚活を続ける上で重要となることを忘れずに婚活を進めましょう。


◆婚活パーティーで次の出会いを見つけよう♪
パーティータイプから探す>>

エリアから探す>>

◆他の記事もチェック!
LINEの既読スルーについての記事を読む>>

  • 0
  • 0
  • 0