婚活パーティーで連絡先交換した男性に女性からメールしてもいいの?

婚活のコツ

2018.01.06

婚活パーティーで連絡先交換した男性に女性からメールしてもいいの?

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーに参加すれば、気になる異性と連絡先を交換できることも少なくありません。ですが、連絡先を交換してもすぐに相手から連絡が来なかったら他の人と上手くいってしまったのだろうかと、少し不安になってしまいますよね。

婚活パーティで連絡先を交換した人にメール送るのは自然な流れです。男性から女性だけではなく、女性から男性にでもです。それどころか女性から男性にメールを積極的に送った方がよいくらいでもあります。今回はその理由や、男性に好印象を与えられるメール内容についてご紹介します。

 

女性からも男性にメールを送った方が良い理由

女性からも男性にメールを送った方が良い理由
待つのではなく、思い切って自分から行動することが大切!

メールは男性からするものというのは、一昔前の話です。「男性から連絡がない=脈がない」と早まってはいけません。そもそも脈がなければ、連絡先の交換はしないのです。では、なぜ連絡してこないのでしょうか?

最近は草食系男子という言葉が一般的になるくらい、奥手の男性が増えています。婚活をまじめにしている男性は、そもそも恋愛経験の少ない奥手な人も少なくないので、自分から連絡できずにいたりもします。また、婚活パーティでは、あなた以外の女性とも連絡先を交換していることも。積極的なライバルに先を越される可能性も否めません。ライバルよりも先に意思表示できればお相手に安心感を与えられますし、好印象になる可能性も高くなります。

婚活パーティーは結婚相手を探す場ですので、興味があるという意思表示のメールを送ることは自然の流れです。メールアドレスやLINEを交換しても意思表示をしないのであれば、男性でも女性でも不安になるのは当たり前です相手もメールが来ないほうが心配なのです。

男女どちらかが行動を起こさない限り、何も始まりませんよね。女性から行動を起こさなければ、時間だけが過ぎてしまうかもしれません。女性からメールを送ると重いのでは、ガツガツしていると思われるのでは、なんて心配している方もいるかもしれません。ですが、女性からのメールを喜ばない婚活パーティに参加した男性はきっといませんよ!

 

男性に好印象を与えるメール

男性に好印象を与えるメール
パーティー後は早めに連絡を取って、仲を深めていきましょう。

◆メールを送るタイミング
婚活パーティーで連絡先を交換したら、出来るだけ早く連絡をしましょう。お互いの気持ちがフレッシュなうちに連絡を取ると、次につながる可能性が高くなるからです。
ベストなタイミングは当日です。もしくは、翌日の通勤時間帯がおすすめです。遅くてもパーティー後1日以内にはメールを送りましょう。上でも書きましたが、連絡先を交換しているのになかなか連絡が来ないのは女性でも男性でも不安になるからです。


◆メールの内容
【1】まず最初にお礼の気持ちを伝える
カップルになれた場合、「〇〇さんとカップルになれて嬉しかったです」と素直な気持ちを伝えましょう。連絡先を交換した場合、「連絡先、ありがとうございました」など、お礼の気持ちを伝えると良いでしょう。

【2】次に婚活パーティ時の印象(外見ではなく雰囲気)を伝える
パーティー時の印象を褒めたり、話した内容を盛り込むのもポイントです。最初はなるべく簡潔に読みやすい内容を心がけ、返信しやすいメールを送りましょう。
なぜなら、男性は女性と違って、メールを業務連絡を取るツールだと捉えている場合が多く、簡潔で読みやすい内容を好む傾向にあるからです。長いと読むのが嫌になってしまう男性もいるかもしれません。

【3】 更にデートまでつなげたい場合
初回のメールでなかなかデートのお誘いまで持っていくのは難しいかもしれませんが、何度かやり取りをしてそろそろ会いたいなと思ったら、「休日は何をしていますか?」など、お休みの日について触れてみましょう。もしもパーティで趣味の話をしていたら、その趣味の話を出して、「○○に関するイベント、今やっているみたいですね」と話を振ってみるのもいいかもしれません。パーティで趣味の話をしていない場合は、好きな食べ物や気になるお店の話をして、男性が話に乗ってきたら、「今度一緒に行きましょう!」と提案するのも良いでしょう。

ただし、控えめな誘い方がポイントです。相手の都合のいい日を探ったり、興味のありそうな話題から自然に会話を繋げたりするようにしましょう。例えば、男性が気になっているお店があったとしたら、私も行ってみたいという同調から入り、「週末は忙しいですか?」「もし良ければ、今度ご一緒しませんか?」など、控え目に男性の予定を気遣いましょう。
「〇〇に行きたいのですが、いつが空いてますか?」とストレート過ぎる誘い方は、上手な誘い方とは言えません。誘ってほしい気持ちをアピールしつつも、もし男性からなかなか誘ってこないようであれば、思い切って女性から誘いましょう。

 

女性がメールを送る時にやりがちなNG行為

女性がメールを送る時にやりがちなNG行為
女性同士では使いがちな絵文字も男性からはマイナス印象かも…。

◆長文過ぎる
何回も画面をスクロールしないと読めない長文を送られると、男性はウンザリしてしまいます。なぜなら、男性脳と女性脳の仕組みに違いがあるからです。男性はメールをあくまで連絡ツールとして、短文で利用することに慣れている人が多いのです。短文しか送られてこないとしても気がないわけではありませんので、伝えたいことを簡潔にまとめてから送るようにしましょう。

◆報告メール
「今日は〇〇に行って、〇〇をしてきました!」などの報告メールは、「だから何?」と思われてしまうことも。返信に困る文章を送ることは避けましょう。

◆絵文字や顔文字の多様
メールは連絡ツールと考えている男性が多いので、男性に送るメールはシンプルなくらいがベストです。絵文字や顔文字は使い過ぎることで読みづらくなることも。

◆馴れ馴れしい
出会って間もないのに、最初から馴れ馴れしいメールは引かれてしまうかもしれません。真剣に婚活をしている男性ほど、結婚を意識してお付き合いできる相手かを冷静になって考えている可能性が高いからです。パーティで話したテンションのまま、メールを送ってしまうと馴れ馴れしいと思われてしまうかもしれません。たとえパーティで会話が盛り上がったとしても、最初のうちは敬語でメールを送りましょう。慣れてきた段階で、少しづつ距離を縮めた内容や話し方にシフトしていきましょう。

◆謙遜する(ネガティブな内容)
謙遜を盛り込むことで、相手まで暗い気分にさせてはいけません。仲良くなる前に自虐的な内容を振っても、男性はツッコミに困ります。メールしていて楽しいと思ったら、会ってもきっと楽しいに違いないと想像してもらえるかもしれません。相手に楽しいと思ってもらえるような内容を心がけましょう。

 

男性と女性のメールの捉え方の違い

男性と女性のメールの捉え方の違い
男性と女性ではメールに対する考え方も違うものなのです。

男性とメールのやり取りをしていて、相手からの返信が多少遅かったとしても、気にすることはありません。

上記でも少し触れましたが、男性は女性と違って、メールを連絡手段として捉えています。男性は基本用件がある時に連絡手段としてメールを送るので、仕事が忙しかったりすると、急ぎの案件でない場合は返信せず後回しにしてしまうこともあります。また、特にこれといった要件もないのに、何回もメールのやりとりを続けるのも苦手です。だから、男性からのメール返信が多少遅かったとしても気をもむ必要はありません。

まとめ

婚活パーティーは結婚相手を探す場所です。そこで出会った相手に連絡するのは自然の流れです。もう一度会いたいと思ったなら、上記にあるようなメールの注意点を気を付けたうえで、自分からもメールを送ってみましょう。ライバルに先を越されたり、無駄な時間を過ごさなくて済みます。

気になる相手との進展を想像してみると、自分からメールする勇気を持てるかもしれません。どうぞがんばってくださいね!

  • 0
  • 0
  • 0