婚活パーティーで「図々しいな」と思われてしまう女性の言動

婚活のコツ

2018.04.05

婚活パーティーで「図々しいな」と思われてしまう女性の言動

  • 0
  • 0
  • 0

「婚活パーティーに参加しても、自分にふさわしい人がいない」
「昔はモテるほうだったのに、婚活パーティーではなぜか気になる人とカップリングできない」

なんてお悩みの女性は、もしかしたら気づかないうちに男性から「図々しいな」と思われる言動をとっているのかもしれません。

今回は、男性に「図々しい」と思われてしまう女性の言葉や行動、考え方についてご紹介していきます。

 

男性が「図々しい」と感じる言動とは

男性が「図々しい」と感じる言動とは
相手にばかり求めすぎると、図々しいと思われる可能性が…。

具体的に、婚活パーティーで男性が「この女性は図々しいな」と感じてしまう発言や行動をいくつかピックアップしていきます。自分のことは棚に上げて、お相手に失礼な態度を取っていないか振り返ってみましょう。


【1】男性を外見やステータスで判断し、態度に出してしまう
男性の外見やステータスを重視する女性によくあるケースです。年齢や職業、年収など自分の希望条件を満たさない男性に対してすぐに関心を失い、プロフィールを見ただけで冷たい態度をとってしまう傾向にあります。逆に良い条件の男性相手には、過剰にステータスを褒めたりおだてたりなど、わざとらしくなってしまいがちです。

本人の前ではいい顔をしていたとしても、まわりへの態度も人は意外と見ているもの。「ステータスや外見で判断している」という態度が出ていると、男性はそれに気づいて警戒してしまうでしょう。

また、婚活パーティーは結婚を意識しての出会いになります。これから人生を一緒に歩んでいく中で大切なのは、優れた外見やステータスよりも、人柄や性格だと感じている男性も多くいます。「うわべばかりで、中身を見てくれない女性」という印象を与えてしまうと、結婚相手としてマイナスイメージを持たれてしまう可能性があるのです。


【2】自分の希望を一方的に押し付ける
「デート代は男性が持って当たり前だと思います」
「結婚後に義両親と同居は無理です」
など、婚活パーティー中やマッチング後のデートで、自分が希望する条件を一方的に話してしまうと「図々しいな」と思われがちです。

婚活パーティーは結婚願望がある男女の出会いの場なので、結婚後を見据えた話をすることもあるでしょう。予め価値観を知ってもらうことで、交際後のトラブルを避けることもできるかもしれません。

しかし、相手の気持ちはまったく考えず、「私はこれが嫌」「自分は負担を負いません」といった話を初対面でされては、お相手があなたに良い印象を持つのは難しくなってしまいます。


【3】他人の悪口や愚痴を言う
「前に婚活パーティーでカップルになった男性は、会話が続かなくてつまらなかったんです」
「婚活パーティーはろくな人があまりいないので、あなたみたいな素敵な人に出会えてびっくりです!」
など、相手を褒めるつもりで別の婚活パーティー参加者の悪口を言ってしまうのも、男性からの心証を悪くしてしまいます。

いくら自分は褒められたとしても、人の悪口を言う女性と結婚したいとはなかなか思えないものです。


【4】自分のステータスを自慢する
「学生時代はすごくモテてました」
「有名企業に勤めていて、大きな仕事を任されているんです」
といった自己アピールが過剰すぎると、男性は引いてしまいます。

確かに婚活パーティーでは、ある程度自己アピールをすることは大切です。しかし、あまりにも自信満々に「すごいでしょ?私を選ぶしかないですよね?」という態度を取ってしまうと、気が強そうと思われて避けられる可能性があります。

 

図々しい言動をとってしまう女性の特徴

図々しい言動をとってしまう女性の特徴
図々しい女性になっていないか、自分の考え方を振り返りましょう。

悪気はなくても、無意識に図々しい発言をしてしまう方もいらっしゃいます。

「そんなつもりじゃなかったのに、図々しいと思われてしまったかも」と不安に思われている方向けに、どういった考え方が原因で図々しい言動をしてしまうのかをまとめてみました。


◆周りに優秀な人が多い
親戚にハイステータスな人が多い、または勤め先の職場に優秀な男性が多いと、自分が当たり前だと思っている「普通の男性」の基準が高く設定されてしまいがちです。

婚活パーティーで出会った男性を周囲の知り合いや友人と比較して「劣っている」と感じ、ついそっけない態度をとってしまったりします。偶然、自分の周りに優秀な人が多いだけで、それが当たり前でないという自覚を持つことが大切です。


◆自分に自信がありすぎる
学歴や職業など華々しい経歴を持つ方や、過去の恋愛でモテた経験がある方に多いタイプです。また、趣味や習い事など、自分磨きに力を入れてる女性にも多いと言えるでしょう。過去の成功体験や努力しているという自負から、「自分は他の人よりも優れているので、選ばれて当然の存在だ」という態度が表に出てしまい、男性にガツガツした印象を与えてしまいます。

結婚生活では、お互いを尊重し合える穏やかな夫婦関係が理想だと思っている男性は多いものです。あまりに自信満々の態度で接すると、「結婚後に自分の経歴と比べてバカにしてくるのではないか」「思い通りにならないと文句を言われたりするのではないか」など、穏やかな結婚生活をイメージしづらくなってしまいます。

自分に自信があるのはとてもよいことですが、婚活パーティーでは多少控えめな姿勢を心がけるといいでしょう。


◆「男性はこうすべき」という考え方が強い方
例えば「デート代は男性が出して当たり前」という考え方を持っている人は、カップリング後のデートで当たり前のように男性が財布を出すのを待ってしまいます。

確かに男女平等になってきた現代でも男性がお会計をするケースは多いのですが、あくまでもそれは男性の義務ではなく善意です。それにも関わらず「男だから当たり前」という態度をとってしまうのは、男性からしてみたら良い印象を抱きません。

女性中心ではなくできる限り男女平等の考え方を持ち、男性にばかり負担がかからないよう思いやりの気持ちを持ちましょう。

 

まとめ

いくら外見が良くステータスが優れている女性でも、婚活パーティーで男性に「図々しい」と思われる言動をとってしまっては、カップリングできる確率が大幅に下がってしまいます。結婚相手を探しているのだから、素の自分を知って欲しい!と思うかもしれませんが、せっかくの出会いのチャンスを活かせないのはもったいないです。

人には良い面もあれば、悪い面もあります。それはあなたも同じこと。自分のことを棚に上げて、他人の悪口を言ったり、相手にばかり要求を押し付けたりしないように気をつけましょう。婚活パーティーにおいては、謙虚な姿勢を示すことがとても大切です。

自分がうっかり図々しい言動をとっていないかチェックして、素敵な男性とのカップリングを目指しましょう。


◆ゆっくり話して、お相手の中身を知ろう♪
一人ひとりと会話できる「個室プチお見合い」を探す>>

  • 0
  • 0
  • 0