婚活パーティーでの出待ちの特徴と対処法

婚活のコツ

2019.06.06

婚活パーティーでの出待ちの特徴と対処法

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーに参加すると、実にたくさんの男性と交流することになります。
自己紹介をし合ったり、フリータイムで盛り上がったりする中で、気になる男性との出会いがあればそれ以上にうれしいことはありませんよね。

しかし、婚活パーティーの終了後には、時にあなたを見かけて声をかけてくる「出待ち」と呼ばれる男性と会ってしまう場合があるようです。
そこで本日は出待ちの解説と特徴、適切な対処法をご紹介。対処法さえ分かっていれば、婚活パーティーにも安心して参加できますよ。

 

婚活パーティー後に現れる“出待ち”とは?

婚活パーティー後に現れる“出待ち”とは?
婚活パーティー会場から出てくる女性を狙い声を掛けようと待つ人のこと。

先ほど簡単にご紹介したとおり、出待ちとは婚活パーティーの終了後、会場から出てくる女性を待って声をかけてくる男性のことをさします。
多くの婚活パーティーではカップル発表(カップリング発表)の後、男性が女性より先に会場から出てカップリングした女性と待ち合わせをするというのが一般的な流れですが、その流れを利用して、カップリングしていなくても、パーティー会場から出てくる参加女性を待って声をかける男性が出現しているとのこと。

また稀に婚活パーティーの参加男性だけでなく、パーティーに参加せず女性に声をかけることだけを目的に、その場で出待ちをしている人たちもいるようです。

 

出待ちをしている男性はどんな人?

出待ちをしている男性はどんな人?
真剣に出会いを求めている男性であるとは思わない方が良いでしょう。

出待ちをしている男性にはどんな特徴があるかをご紹介します。注意するべき特徴を持った男性が多いため、いざ出会ってしまったときのためにも覚えておきましょう。

女性慣れしている
人を見た目で判断するのは気が引けることもありますが、明らかにチャラい雰囲気だったり、やけに容姿を褒めたりしながらおだててくる場合は注意が必要。そのような男性はナンパやヤリ目など、真剣度が低く遊び相手を探している男性であることが大半なようです。

相手の都合を考えない
帰ろうとしているところに「いまから話そう」と迫ってくるなど、女性の都合を考えずに強引に誘ってくる男性もいます。この手の出待ちに捕まってしまうと、不快な気持ちになるのはもちろん、帰宅が遅くなってしまうといった不都合が生じることもあるので、注意しましょう。

勧誘目的
こちらも厄介で、マルチ商法や宗教への勧誘目的で迫ってくる男性です。最初は下手に出て、食事やお茶などに誘ってくるかもしれませんが、いざ女性がついてくるとビジネスや宗教の話題を畳みかけてくる可能性もあります。
悩み事や不安、お金事情を話してしまうとそこにつけ込んでくるため、プライベートでの踏み込んだ話題は極力話さないほうが無難です。

■本当にあなたに惹かれている
婚活パーティーでカップリングを希望した相手と成立できなかった場合に、諦めきれずに待っている…というタイプの出待ちもいます。
この場合は、そのひたむきな姿勢に心を打たれてしまうかもしれませんが、会話を通じて冷静にお相手を見極め、恋愛対象として考えられるか・連絡先交換をするかどうか判断してくださいね。

 

トラブルを避けるために…出待ちをされたときの対処法

トラブルを避けるために…出待ちをされたときの対処法
興味がない相手の場合には、素早くきっぱりと断りましょう。

婚活パーティーに参加した女性の中には断るのが苦手で、出待ちしている男性の相手をしてしまう方もいるかもしれません。そこで続いては、トラブルにならないためには出待ちに対する対処法をご紹介していきます。

きっぱりと断る
目を合わせず、はっきりと「結構です!」と断る方法です。出待ちは、女性が話を聞いてくれそうだと感じ取れば、ぐいぐいと迫ってきます。
話をする気はないという意志をはっきりと示し、すぐにそこから立ち去りましょう。


電話をしているふりをする
きっぱり断る勇気がない…という場合は、あたかも電話中であるかのように、スマホを耳に当てて喋りながらその場を去る方法もおすすめです。電話に集中している、忙しいというアピールをしていれば、出待ちがしつこく迫ってきた場合にも電話を口実に立ち去ることができるでしょう。
「急いで行くね!」「いま終わったからこれから向かうね」など、次の予定があるようなセリフを言って見せると効果的です。


運営スタッフに問い合わせる
その場で出待ちの話を長々と聞いてしまった、強引に迫られたなどの迷惑行為があった場合には、婚活パーティーの運営スタッフに問い合わせましょう。出待ちをした男性に対して注意喚起をするなど、対処してくれる可能性があります。


好印象を持っていた場合のみ話を聞く
あなたのことが諦めきれなかった男性が出待ちをしていた場合は、その気持ちを無碍にするのが可哀想だと感じる方もいらっしゃるでしょう。
また「その男性も気になってはいたけれど、一番は別の人だった」といった理由から、カップリングシートに名前を書かなかったというシチュエーションもあり得ます。
その場合は、一度話を聞いてみるのも良いでしょう。婚活パーティー中には話せなかったことをより深く話していくことで、お互い惹かれ合う可能性もありますよ。

 

安心できる婚活パーティーを選ぶポイント

安心できる婚活パーティーを選ぶポイント
お客様の安心のために対策をしている婚活パーティーを選びましょう。

出待ちは、対処法さえ分かっていればスルーできるため、そこまで恐れる必要はありません。とはいうものの、できればそもそも会いたくないですよね。
最後に、どんな婚活パーティーであれば安心して参加できるかをご紹介します。


本人確認を確実に行っている
出待ちをする男性は、ナンパや勧誘などやましい目的があるため、その素性を明かしたがりません。そのため、免許証や保険証などの身分証明書を使った、適切な本人確認を行っている婚活パーティーであれば、不適切な目的を持つ男性は参加しにくいと考えてよいでしょう。


プライバシーマークを取得している
「プライバシーマーク」とは、個人情報保護の徹底など、個人情報を適切に取り扱っている会社のみが取得できるマークです。このマークの取得をHPで開示している会社は、ユーザーの安心を優先してサービスを提供していると考えられます。
よって、プライバシーマークを取得している会社が主催する婚活パーティーを選ぶことも、安心できるポイントのひとつとなります。


運営スタッフの対応が丁寧である
婚活パーティーの運営スタッフが、親切丁寧であることも重要なポイントです。参加者に「いい婚活パーティーだった」と思っていただくことが運営スタッフの役目ですので、トラブルは避けたいのが当然ですよね。
参加者が万が一出待ちの迷惑行為があった場合に、適切に対処してくれる運営スタッフがいる婚活パーティーであれば、また次回も参加したくなるはずです。

 

まとめ

出待ちには悪質な男性も多く、基本的には出会うべきではない存在です。もし出会ってしまった場合にも、きっぱり断る精神で立ち向かえば、怖いものではありませんよ。
それでも不安だという場合には、しっかりとした体制で運営されている婚活パーティーを選びましょう。本人確認の有無・プライバシーマークの取得など、事前にチェックできる情報からも、婚活パーティーの信頼度はきっと分かるはずです。
出待ちを恐れず、婚活パーティーで素敵な出会いを掴みましょう!

PARTY☆PARTY東証一部上場企業のIBJが運営。プライバシーマークの取得はもちろん、本人確認を100%徹底して行っています。またパーティーの運営スタッフは教育研修を受けており、安心してご参加いただけるよう笑顔でサポートをしています。

安全性にこだわりのある方や、初めての婚活パーティーへで不安…という方こそ、ぜひPARTY☆PARTYの婚活パーティーに参加してみてくださいね。
PARTY☆PARTYの婚活パーティーを検索 >>

 

  • 0
  • 0
  • 0