婚活パーティーで悪い結果が続くときの対処法

婚活パーティーで悪い結果が続くときの対処法

婚活のコツ

更新:2019.10.23

作成:2019.10.23

Party事務局
婚活パーティーに参加しても、ときには誰ともカップリングできずに会場をあとにしなければならないこともあるでしょう。
しかしそんな結果が何度も続くと、だんだんと自分に自信がなくなり、「婚活パーティーに参加しても結婚できないのでは…」と不安を感じてしまうかもしれません。

そんなときはちょっと視点を変えてみましょう。冷静に自分を見直してみることで結果が変わることも。今回は婚活パーティーでの悪い結果の受け止め方や結果を改善していくコツを解説していきます。

婚活パーティーの結果を左右する要素とは?

婚活パーティーの結果を左右する要素とは?
カップリングができない=自分に魅力がない訳ではありません。
婚活パーティーの結果には、服装や会話の内容、仕草や言葉遣いなどの振る舞いなどから、いかに自分の魅力やお相手との相性の良さをアピールできるかが大きく影響します。しかし、実は婚活パーティーにてカップリングという良い結果が得られなかった原因のすべてが自分にあるわけではありません

というのも、婚活パーティーは開催ごとに参加者が全く異なるもの。たまたまあなたが参加したパーティーには、あなたと相性がよい異性がいなかったためカップル希望がもらえなかった可能性もあるからです。

また、今回のパーティーに参加した同性の参加者の中に、ずば抜けて容姿がよく職業や年齢などの条件が魅力的な人がいて、その人に注目が集まってしまっただけということもあります。

このように婚活パーティーでカップリング結果は、自分自身の振る舞いだけではなく、他の参加者という『運』の要素にも大きく左右されるもの。そのため、婚活パーティーに1~2回参加しただけで、「自分は婚活パーティーで活動しても出会えない」などと見切りを付けてはいけませんよ。

悲観するのはNG!婚活パーティーの結果の受け止め方

悲観するのはNG!婚活パーティーの結果の受け止め方
結果を受け止め次に生かしていくことが、結果を改善し出会いを見つけるための近道です。
婚活パーティーでカップリングが成立しないと、「婚活上手く行かないかも…」「自分には魅力がないんだ…」と自信を失ってしまう方が多くいらっしゃいます。

しかし前述したとおり、婚活パーティーの結果は、当日自分の魅力をアピールできたかや、他の参加者という運にも左右されるもの。そのため例え望む結果を得られなかったとしても、自分の容姿や人間性自体を否定してはいけません

「もっと可愛ければ…」「年収が高ければ」とコンプレックスを責めていては、自分の長所も上手く伝えられず、気づかぬうちにネガティブな言葉が多くなることで、さらに出会いを遠ざけてしまうことになります。

また、「見る目がない人しかいなかった」「ろくな男性・女性がいない」などと参加している異性を責めることもNG。カップリングできなかった原因を異性に押し付けてばかりいると、次に婚活パーティーに参加した時に上から目線でごう慢な態度をとってしまい、ご縁を遠ざけることに繋がりかねません。

また「どうせ婚活パーティーに参加しても出会いはない」と時期早々に諦めてしまい、結果出会いが得られずに婚活自体からも距離を置くようになってしまうでしょう。

婚活パーティーでの悪い結果は、自分の振る舞い方を見直すための”きっかけ”として捉えることが重要です。「なぜカップリングできなかったのかな?」と婚活パーティー中の自分の言動を振り返ってみることで、会話の内容や態度・プロフィールの書き方など、思わぬ改善ポイントが見つけられるかもしれません。

素敵な人との出会いは、いつ何時訪れるかわからないものです。諦めず、婚活パーティーに参加するたびに「今回こそ!」という気持ちを大事にしてくださいね。

婚活パーティーで結果が出ないときに見直すべきポイント

婚活パーティーで結果が出ないときに見直すべきポイント
自分の身だしなみや言動を異性からの視点でみて振り返ってみましょう。
婚活パーティー中の自分について振り返る際にチェックすべきポイントをまとめました。婚活パーティーでなかなか望む結果を得られないときは、客観的に自分のことを見つめてみましょう。

●身だしなみ

婚活パーティーでは、異性から好印象を得ることを優先して、服装を選ぶようにしましょう。女性であれば、パンツスタイルよりはスカートやワンピースなど清楚なもの、色も黒など重いものよりは、ピンクや暖色、パステルカラーなど淡いもののほうが、男性ウケはよいのが事実です。男性ならジャケットを羽織ることで、男性らしさや誠実さを女性にアピールすることができますよ。

またどんな服においても、何年前に買ってヨレヨレ、シワだらけというものでは清潔感に欠けてしまい、だらしない生活を送っていそうという印象を与えてしまうため要注意です。

●会話の内容

何度も婚活パーティーで惨敗していると、ついネガティブな気持ちになってしまいがち。しかし、その気持ちに任せて婚活パーティー中の会話でも「何度も参加しているけれどダメで…」「このまま結婚できないのかも…」なんて言っていると、お相手も「この人にはなにか問題があるのでは?」と構えてしまい、気持ちが離れていってしまうはずです。

婚活パーティーでは、初対面の異性と出会います。これまでの苦労話を聞いてほしい気持ちも分かりますが、相手からすればネガティブなあなた=普段のあなたというイメージを持ってしまうことでしょう。婚活パーティー中は特に努めて明るく、ポジティブな会話をしていくべきです。

また、相手からの質問に答えているだけというのも避けるべき状況です。次は勇気を出して少し自分からも話題を振ってみましょう。何も質問をせず受け身でいすぎると、相手から「僕に興味がないのかな」と思われてしまいますよ。

●中間印象カード(いいなアピール)の活用の仕方

多くの婚活パーティーでは、カップル希望を出す前に、中間印象カード等を用いて気になっている気持ちをお相手に事前に伝えられる機会があります。

受け身の方が多い女性もこのときは尻込みせず、気になる人には“必ず“アピールするようにしましょう。というのも、この時にアピールをもらえなかったことで自信をなくし、カップル希望を送るのを止めたり、他の人に送ってしまう人もいるからです。
気になる人、少しでも好感を持ったお相手異性には、忘れずにアピールしてくださいね。

また、自分が受け取ったアピールにもちゃんと注目することも大切。トークタイムではそこまで印象に残らなかった人でも、その後ゆっくりと話してみることで相性の良さに気付くこともあります。自分に好意を向けてくれていることに感謝し、そのお相手に対しても目を向けてみてくださいね。

婚活パーティーの結果発表の方法にはどんな種類がある?

婚活パーティーの結果発表の方法にはどんな種類がある?
結果が周りに知られないだけでも、悪い結果によるショックは軽減されるでしょう。
婚活パーティーでの結果発表の方法には、企画・イベントによって異なることをご存じですか?発表方法によっても、結果から受けるダメージの大きさが変わることもあります。最後にそれぞれの具体的な方法を解説します。

●全体にカップリング結果がアナウンスされるもの

司会者が婚活パーティーの参加者全員の前でカップリング結果を発表するパーティーは多く開催されています。しかし、皆に聞かれるからこそ、見事カップリングできると誇らしい気持ちになれる反面、ほかの参加者が次々にカップリングを成功させる中、自分の番号が呼ばれないとだんだんと虚しくなってしまうことも

「みんなカップリングするのに、わたしはダメだな…」と自己否定してしまったり、恥ずかしい気持ちになってしまったりすることもあるので、周りを気にしやすい方は避けた方がよいかもしれません。

●紙が手渡されるもの

婚活パーティーの結果が書かれた紙を、スタッフから個人個人に直接手渡しされる方法もあります。封筒から紙を取り出す瞬間はドキドキします。紙を開いてカップリング不成立の文字を見ると、多少なりともショックは受けてしまうかもしれませんが周りの目を気にせずに済むのは、大きなメリットとなるでしょう。

まとめ

婚活パーティーに参加しても、運やタイミング次第ではカップリングできないことが続く場合もあります。そんな時には、自分の人間性を否定したりお相手を責めるのではなく、「どうしたら自分の魅力が伝えられるかな?」とポジティブに自分の振る舞い方を改善していくことが大切です。

ちょっとしたポイントを改善するだけでカップリングのチャンスがぐっと近づくかもしれませんよ。諦めず、前向きに参加し続けることで、いつかあなたに素敵な出会いが訪れることを祈っています。


PARTY☆PARTYが開催する婚活パーティーでは、カップリング結果を全体に発表することはなく、スタッフから手渡された紙やパーティーで使用した個別のタブレットで確認できるので、周りの目を気にする必要はありません!

またPARTY☆PARTY独自のアプリを使用したSmartPartyなら、その場ではカップリングができなくても、ダブルチャンスで連絡先交換ができることも!
他にはない魅力が満載のPARTY☆PARTYの婚活パーティーに、ぜひ一度参加してみてくださいね。

婚活パーティーを探す

「婚活のコツ」の記事一覧へ