婚活パーティーに遅刻してはいけない理由と、どうしてもの場合の対処方法

婚活パーティーの基礎

2018.05.10

婚活パーティーに遅刻してはいけない理由と、どうしてもの場合の対処方法

  • 0
  • 0
  • 0

忙しい毎日の中で、婚活を進めるのは大変だと感じている方も多いと思います。

営業職の方の場合など、婚活パーティーの参加予約をしていても急にクライアントとの打ち合わせが入ってしまうことなどもあるでしょう。
「ギリギリに行けるかもしれないけれど、もしかしたら遅刻するかも…」というケースもあるかもしれません。

今回は、婚活パーティーに遅刻しそうになったときにどのように対処すればいいのか、そして婚活パーティーにはなぜ遅刻してはいけないのかについてご紹介します。

 

婚活パーティーに遅刻した場合どうなる?

婚活パーティーに遅刻した場合どうなる?
遅刻への対応は運営会社によって異なるので、確認しましょう。

婚活パーティーに遅刻してしまった場合、どうなるのでしょうか?遅刻への対応は、婚活パーティーの主催者側の規定により異なります。

------------------------------------
【1】
婚活パーティーの開始時刻に間に合わない場合、どのような理由でも参加はお断りする

【2】
途中参加も可能(開始15分までは途中参加可など、条件がある場合も)
------------------------------------

遅刻しそうな可能性がある場合は、あらかじめ主催者側に遅刻への対応を確認しておくとよいでしょう。遅刻して婚活パーティーに参加できなかった場合、キャンセル料が発生することもあります。

また、たとえ途中入場が可能であっても、主催者側が遅刻を容認しているわけではありません。
やむなく事情を理解してくれているだけなので、基本的に婚活パーティーへの遅刻はNGです。

 

遅刻はマナー違反&マイナス印象

遅刻はマナー違反&マイナス印象
遅刻してしまうと、気になるお相手と話せないことも…。

何より遅刻をすることは、婚活パーティーの進行を妨げてしまうことになります。

主催者側は参加者の男女バランスが同じになるようにして、パーティーを開催しています。誰かが遅刻をしてしまうことで、男性と女性の参加人数に差が生まれてしまい、自己紹介タイムやフリータイムに異性と話すことができない参加者が生まれる可能性があるのです。

また、婚活パーティーでの遅刻は、本人にとっても大きなマイナスとなります。他の参加者に迷惑をかけてしまうような人に、誰しもあまりいい印象を受けないでしょう。「時間にルーズな人」という印象を与えてしまうかもしれません。

途中参加できた場合は、丁寧に参加者に謝りながら着席しましょう。悪びれず笑顔で入場すると、ますます印象が悪くなるので遅刻後の態度や行動にも注意しましょう。

また、遅刻すると婚活パーティーで重要な役割を果たすプロフィールカードを書く時間もゆっくり取れません。さらに、異性と会話する時間が少なくなったり、参加者全員とお話しできなかったりなど、せっかく婚活パーティーに参加してもカップル成立や連絡先交換に不利に働きます。

これらのことを心に留めて、婚活パーティーに遅刻をしないように努めましょう。

 

それでも遅刻しそうなときにはどうしたらいい?

それでも遅刻しそうなときにはどうしたらいい?
無断で遅刻するのは絶対にNG!すぐに連絡を入れましょう。

もちろん、誰でも婚活パーティーに遅刻したくてするわけではないはずです。たとえば、仕事が急に入ったり、電車が遅延したりなど、どうしようもない事情で急遽遅刻してしまうこともあります。
では、不本意にも遅刻しそうになった場合にはどうしたらいいのでしょうか?

まず、大切なことはすぐに主催者側に連絡して、遅刻しそうなことを伝えることです。また、主催者側が途中参加を許してくれるようなら、できるだけ早く会場に向かいましょう。

会場に到着したなら、どこまでも誠実な態度で他の参加者に対して接していくことが重要です。遅れたことを素直に詫びて、謙虚にコミュニケーションを取っていきましょう。その時の対応の仕方がよければ、遅刻しても異性とカップリング成立できる可能性もゼロではありません。

 

遅刻をしないために気をつけたいポイント

遅刻をしないために気をつけたいポイント
自分のスケジュールを確認してから、申し込みましょう。

◆自分の予定を確認してから申し込む
まず、婚活パーティーに申し込む時点で「必ず参加できそうな日」であることを確認して申し込みましょう。「参加できるかもしれない」くらいの状態で申し込むのはNGです。
万が一、当日遅刻をしてしまった場合、他の参加者に迷惑をかけることにもなります。また、キャンセル料を支払うことになる可能性もあり、参加費用も無駄になってしまうので注意しましょう。


◆会場に早めに着くようにする
少なくとも10分前には会場に到着して、余裕を持って参加しましょう。それによって、婚活パーティーで重要なアイテムとなるプロフィールシートを丁寧に書くことができます。
さらに、パーティー前にトイレで身だしなみチェックをするなど、余裕を持って気持ちよくお相手と接していくことができます。


◆会場までのルートや開始時間を再確認する
前日までに婚活パーティーの会場へのアクセス方法や、開始時間などをしっかり把握しておくことも大切です。当日、予定していたルートの電車が遅延している可能性もあるので、いくつか行き方をチェックしておくとよいでしょう。

 

まとめ

どのような事情があるにしろ、婚活パーティーに遅刻するということは主催者や参加者に迷惑を掛けます。そして、自分自身にとってもかなりの損失となります。

それでも、どうしようもない事情で遅刻してしまいそうなときにはできるだけ早く主催者側への連絡をすることが大切です。そのためにも、婚活パーティーに予約した時点で主催者への連絡先もきちんとスマホなどに登録しておくのがおすすめ。


せっかく婚活パーティーに参加するのなら、素敵な出会いにつなげたいですよね。
前日までにしっかりと準備をして、余裕を持って婚活パーティーに参加するようにしましょう!


◆スケジュールを確認して、さっそく予約♪
開催日から婚活パーティーを探す>>

  • 0
  • 0
  • 0