婚活パーティーでの出会いを次につなげる連絡先交換のコツとLINEの活用法

婚活のコツ

2018.01.26

婚活パーティーでの出会いを次につなげる連絡先交換のコツとLINEの活用法

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーで出会った人との連絡先交換。婚活パーティーに初めて参加する方の中には、どんな手段で・どんなタイミングでするのかが分からない…とお悩みの方も多いのでは?
実は婚活パーティーの種類によって、連絡先交換をカップリングしたお相手とのみ行うもの、参加者と自由に交換ができるものと内容は異なっています。

「連絡先交換をしませんか?」と言うのは少し勇気がいるかもしれません。しかし全くの初対面の人と出会う婚活パーティーでは、合コンなどとは違いその後の二人の間を取り持ってくれる人はおらず、婚活パーティーのスタッフも連絡先は教えてくれないため、当日その場で連絡先交換をしてその後の繋がりを作ることが、関係を発展させていくためには必要不可決なのです。

そこで今回は、婚活パーティーでの出会いを無駄にしないよう、失敗しない連絡先交換の方法についてご紹介していきます。

 

カップリング後の連絡先交換の流れ

カップリング後の連絡先交換の流れ
婚活パーティー終了後に待ち合わせをしてから連絡先交換をしましょう。

まずカップリング(カップル成立)とは、婚活パーティーでの対話を通して「この人いいな」と思い、カップル希望をお互いに出し合った状態のことを言います。基本的にこのカップリング有の婚活パーティーの場合は、カップリングしたお相手とのみ連絡先交換が可能であるため、カップリングすることができなければ誰とも連絡先交換ができないこともあります。
しかしカップリングができた場合には、お互いの気持ちが高まっていることから連絡先交換を断られることはほとんどなく、また自分もお相手も1人の異性としか連絡先交換をしていないため、他の異性を気にすることなく落ち着いてメッセージ交換ができるというメリットがあります。

婚活パーティーでカップル成立したお相手とは、以下の流れで連絡先交換をしましょう。
1.パーティー終了後、会場の出入り口付近でお相手と待ち合わせをする
2.その日にデートができる場合は、カフェなどに誘ってそこで連絡先交換を行う
3.その日にデートができない場合は、その場で連絡先交換を行う

カップリングのある婚活パーティーでは、連絡先交換をパーティー中には行うことができないため、終了後に会場の出入り口付近で、カップリングしたお相手と待ち合わせをしてから行うことになります。スタッフから退室のアナウンスがあることがほとんどですが、誤ってそのまま帰ってしまわないように気をつけましょう。

もちろんその場で連絡先交換をすることもできますが、受付付近にはパーティーの参加者など周りに多くの人がいて落ち着いて会話ができないこともあるため、カフェなどに移動してから交換することをおすすめします。婚活パーティーの後にデートに行き2人でゆっくりと会話ができれば、お相手に強く印象が残せるため帰宅後にメッセージを送ってもお相手から返信が来る確率を高めることができますよ。

 

連絡先交換自由のパーティーでの連絡先交換の流れ

連絡先交換自由のパーティーでの連絡先交換の流れ
会場ごとに連絡先交換のタイミングが違うのでご注意を!

カップリングがない婚活パーティーでは、参加する異性全員に連絡先交換をお願いすることができます。連絡先交換できる人数に制限はないので、気になる人には積極的に連絡先交換を申し出るといいでしょう
また誰とでも連絡先交換ができるパーティーでも、会場や企画によって交換できるタイミングは異なっています。「タイミングを逃して誰とも連絡先交換出来なかった…」ということのないよう、事前に確認しておきましょう。

個室会場の場合
1:1でのトークタイムの中に連絡先交換をすることが可能です。トーク時間は1人あたり5分程度と短くなっているので、あらかじめ連絡先を書いたメモを用意しておいて、席替えの直前にお相手に渡すとスムーズに連絡先交換できます。LINE IDやメールアドレスなど、複数の連絡先を記載しておくのがいいでしょう。エラーや記載ミスなどで、その後連絡が取れなくなってしまうリスクを軽減することができます。

個室であれば、例え参加している異性全員に連絡先を渡していても、その姿は周りの異性には見られないため、その人だけにアプローチをしているように思ってもらえるというメリットがあります。しかしながら、会話もあまり盛り上がっていないのに連絡先だけ渡したり、汚い文字で連絡先だけ書いてあると「この人真剣に出会いを求めてないな」と感付かれてしまうこともあります。会話をした後連絡先を記載したカードにメッセージを添えるなどの工夫をして、お相手に対する本気度をアピールしてくださいね。

個室会場でない場合
お食事付きの婚活パーティーや趣味コンなど、個室でない会場で行われる婚活パーティーでは、フリータイムの後などに運営スタッフによって連絡先交換タイムが設けられるため、その時間を利用してLINE交換を行うのがいいでしょう。
男女グループで会話が盛り上がっていた場合には、その勢いでグループLINEが形成されることも。その場合はメンバーに入れてもらうことで一度に複数の人と連絡先交換ができます。奥手の人にとっては、気軽に全員とのつながりができるチャンス。しかしグループラインの中では周りの目があり個人的にアプローチすることは難しいため、参加者の中に気になる人がいた場合には、必ず個別のメッセージを送りやり取りをスタートさせましょう。

なお連絡先交換自由の婚活パーティーの場合には多くの人と接触を持ちやすいため、カップリング成立している場合と比べるとあなたの印象はあまり強く残っておらず、メッセージを送っても「この人誰だっけ…?」とお相手から返信が来ない可能性も高くなってしまいます。
気になるお相手がいた場合には、連絡先交換した直後にメッセージを送ったり、メールを送る際にはパーティー中に話した内容を含めたりするなど、他の異性からの連絡に埋もれないよう工夫をすることが重要です。

 

連絡手段はなにがおすすめ?

連絡手段はなにがおすすめ?
今はLINEで連絡先交換をするのが一般的です。

連絡先を交換すると言っても、連絡ツールには種類があるので、どれを利用するのがよいのか迷ってしまいますよね。主な連絡ツールとしては、「電話」「メール」「LINE」がありますが、この中で婚活パーティーで連絡先を交換する際に適しているものはどれなのでしょうか。

電話
お相手の声を直接聴くことができるため、声色からお相手の気持ちを読み取りやすいというメリットはありますが、沈黙が気になったり話題が思い浮かばずに会話に困ってしまうということが考えられます。そのため婚活パーティー中に短い時間しか話していないお相手といきなり電話をすることは、あまりおすすめできません。

また電話においては、メールなどとは違いお互いの時間を調整する必要があります。電話した時間にお相手が出られなかった場合には、すれ違いが起こり一向に会話ができない状態が続くことも。婚活パーティーでの出会いを進展させるためには、まずはお互いの時間が合わなくてもやり取りができる、メールやLINEにて連絡するのが良いでしょう。

メール
以前は一般的であったメールアドレスの交換。しかしLINEの普及に伴い、メッセージ交換の手段としてメールを使用する人は減ってきています。というのも、メールの受信を日常的に確認していないため「メールが届いていたのに気が付かなかった」という方もいるからです。

またスマホの普及により、赤外線でアドレス交換ができなくなったことで、イチイチ入力しなければいけないという手間も増えました。アドレスを書き間違えていたり、例えば0(ゼロ)とO(オー)を読み違えられてしまい、メールが送信できなかったということも。そのため婚活パーティーでの連絡先交換でも、せっかくの出会いを活かせずに終わってしまうことを避けるため、現在ではあまりメールアドレスの交換はされていないようです。

LINE
LINEでは短いIDを教えるだけ、またQRコードを読み取るだけという連絡先交換における気軽さがとても人気のようです。また友達追加するだけで、メッセージ交換も無料電話もできるという利便性があります。また、万が一連絡を取るのが嫌な場合、そのお相手だけを簡単にブロックすることができる機能もあるため、初対面の方とでも気軽に交換しやすいという印象を持っている方が多いと言えるでしょう。

スタンプが利用できるというのも大きな魅力。メッセージの中でお相手を和ませるスタンプを送ったり、忙しい時にもスタンプであれば簡単に送ったりすることができるなど、やり取りをスムーズに続ける味方となってくれます。つまり、現在婚活パーティーで交換する連絡先としてはLINEを最もおすすめします。

 

LINE交換の方法と注意点

LINE交換の方法と注意点
連絡先交換のチャンスを逃さないように気をつけて。

LINEで連絡先交換をする方法は、以下の3つです。それぞれの交換方法と注意点をまとめてみました。

LINE ID
LINEにはID検索機能がついており、友だちになりたい人のLINE IDを検索することで友だちに追加することができます。メモに連絡先を書いて手渡しをする際には、このLINEIDを記載しましょう。しかし年齢認証していないと検索機能からの友だち追加機能が使えません。一部の格安SIMユーザーは年齢認証が困難なため、年齢認証していないケースも見受けられます。確実に友だち追加するために、その場で相手を友だち追加できるか確認しておきましょう。

QRコード
LINEのQRコードを表示して、QRコードリーダーで読み取り、友だち追加する方法です。片方が読み取りそのままメッセ―ジを送るだけでやり取りがスタートできるので、とてもスムーズなのがメリットです。
しかしQRコードの表示方法を把握しておかないと、気になるお相手の前で慌ててしまい「格好悪いな…」なんて印象を持たれてしまう可能性も。事前にQRコードの表示方法を確認しておき、お相手に読み取る側・読み取られる側を選んでもらうくらいの余裕を持っておきましょう。

ふるふる
ふるふるは、位置情報を利用したLINE交換方法です。連絡先交換相手と同時にスマートフォンを振ることで友だち追加ができます。QRコードと同様、わざわざ文字を入力する手間がないので楽に交換ができます。なお位置情報(GPS機能)を使うということを覚えておきましょう。GPS機能がOFFのままにしてしまい、何度ふるふるを試しても上手く行かない…となると、せっかくの連絡先交換のタイミングを失ってしまうこともあるので気をつけてくださいね。

なお、どの交換方法を利用する場合においても、エラーなどで上手く連絡先交換できないことがあります。その場で友だち追加を行い、きちんとメッセージが送れるか確認した方がいいでしょう。また婚活パーティー当日にスマートフォンの充電がなくなり、連絡先交換の手段がなくなってしまうことのないよう、LINEIDはメモ帳に残しておくとピンチの時も落ち着いて対応することができますよ。

 

連絡先交換後にすべきこと

連絡先交換後にすべきこと
婚活パーティーの当日中にメッセージを送りましょう。

婚活パーティーにて気になるお相手と連絡先交換ができたら、その日のうちにメッセージを送りましょう
「今日はありがとうございました。お話しできて、とても楽しかったので、またお会いできたら嬉しいです」とパーティー終了後すぐにメッセージを送れば、お相手に対してあなたの「早くやり取りをしたい」という気持ちが伝わり、お相手が「この人は脈ありだ」と感じて返信をくれる確率が高まります。

さらにやり取りが続いたら、婚活パーティーからそれほど時間を空けずにデートに誘ってみましょう。あまりに期間があいてダラダラとやりとりだけを続けていると、「自分に興味がないのでは?」と思われてしまう危険性もあるので要注意です。
ただメッセージ交換をしているだけでは、お互いの本当の人柄が分からず、関係を発展させることは難しいようです。直接会って会話をすることで、お相手との仲をさらに深めてくださいね。

 

まとめ

婚活パーティーで素敵な人に出会えても、連絡先交換ができなければその後交際への発展は見込めません。確実に連絡先交換ができるよう、交換方法やタイミングなどをしっかり確認しておきましょう。
カップリング相手に限定して連絡先交換をする婚活パーティーと、人数制限なく自由に連絡先交換できる婚活パーティーがあります。それぞれ連絡先交換のタイミングが異なるので、この記事を参考にチャンスを逃さないよう気を付けて、理想的なお相手とのメッセージ交換から関係の発展を目指しましょう!

◆カップリング有のパーティーをチェック♪
「個室プチお見合い」に参加してみる>>

◆カップリング無で自由に連絡先交換♪
「大人数パーティー」に参加してみる>>

  • 0
  • 0
  • 0