街コンに2人参加するメリット・デメリット

街コンに2人参加するメリット・デメリット

街コンのコツ

更新:2019.06.28

作成:2019.06.28

Party事務局
飲食を楽しめて、カジュアルに出会えることで人気の街コン。しかし「出会いがほしい!」「婚活・恋活をしよう」と思っていても、最初から1人で街コンに参加するのは少々勇気がいりますよね。

そこで、恋人募集中のお友達と一緒に2人で参加しようと考える方も男女問わずも多いのではないでしょうか。
「ペアで参加して一緒に行動できる?」「1人で参加した方が出会えるのかな?」
などなど、今回は街コンにペアで参加する際のよくある疑問や、メリット・デメリットなどをまとめてみました。

 

街コンでは友達と一緒に動ける?

街コンでは友達と一緒に動ける?
街コンでは基本的に2人で参加した友達と一緒に行動できます。
街コンに一緒に参加した友達と、当日ペアを組み2人で行動できるのか不安を抱いている方も多いと思うので、まずはそこからご説明します。

街コンの中には、ペア街コンと言われるような2人参加ができるものと、1人参加限定のものがあります。友だちや同僚などと一緒に参加する場合には、事前に2人参加できる街コンかを確認してから申し込みましょう。街コンは、婚活パーティーと比較すると友達と参加する方が多いので、2人参加できる企画は容易に見つけられますよ。

また街コン当日も、立食型の街コンであれば席がなく自由に動き回れるため問題なく2人で行動できます。着席型の街コンでも、基本的にはお友達と一緒に動けます。受付した順番でスタッフに誘導され席に座るため、一緒に受付をすれば隣に座ることが可能です。

しかし、3人で参加した際は必ずしも3人で動けるとは限りません。街コンによっては2人ペアを作る必要があるため、3人のうち1人だけ、1人で参加している知らない人とペアを組まないといけない可能性もあります。お友達と街コンに参加し行動したいのなら、2人で申し込むと安心です。

 

友達と街コンに2人参加するメリット・デメリット

友達と街コンに2人参加するメリット・デメリット
友だちがいるという心強さで、街コンにも緊張せず参加できるはず。
お友達と一緒に街コンに参加することにはメリット・デメリットがあります。メリット・デメリットを意識して、当日の街コンに役立ててくださいね。

メリット
いつもの素の自分で参加できる
役割分担ができる(話を振る係・盛り上げる係など)
ぼっちになる心配がない
同じく2人組で参加している異性に声をかけやすい


デメリット
気になる人がかぶることがある
自由に行動できない
友達と日程調整しないといけない


メリットとしては、友達と一緒にいることで、寂しくない・安心して参加できることが挙げられます。異性と話すことが苦手な方も、同性の友達が近くにいれば、必要以上に緊張したり、良い印象を得ようと自分を作ってしまうことを避けられるでしょう。
気になるお相手もペアで参加していた場合には、二次会もグループでいけるため、2人でのデートを誘うよりも気軽にOKしてもらいやすくなるでしょう。

ただ、街コンに2人で参加した場合には、一緒に参加した友達に気を遣う必要が生まれデメリットに感じることがあります。気になる人がかぶり気まずくなってしまったり、自由に行動できないため気になる人に声をかけられなかったりなどのリスクがあるので、注意しましょう。

また相手との予定が合わないからと、せっかくの街コンに参加できるチャンスを逃してしまうことも。「この日に参加したい!」という日にちがあった場合には、一人で参加することを検討してみるのも良いでしょう。

 

街コンに2人参加する際のポイント

街コンに2人参加する際のポイント
友達に気を遣い出会いのチャンスを逃さないようにしましょう。
ペアで街コンに参加して出会いを掴むためのポイントについてもご紹介していきます。

話し上手な友達を連れて行く
街コンで出会うために大切なのは、会話を楽しむこと。街コン中の会話が盛り上がれば、お相手に「この人たちとのお話は楽しかったな。もう少し話してみたいな」と感じてもらいやすく、街コン後に二次会や後日二人でのデートにお誘いしてもOKしてもらえる可能性を高められますよ。そのため、話題が豊富で、場を盛り上げるのが上手な友達を連れて行くと安心して参加ができるだけでなく、良い結果が出やすいのです。

逆に、口が悪い、無口な人など雰囲気を壊すタイプの友達を連れて行くのは避けましょう。あなたの言動に問題がなかったとしても、友だちの言動が原因でその場の雰囲気が悪くなってしまえば、あなたに対しても悪いイメージを持たれてしまうものです。街コンに誘う際には、相手を選ぶことも出会いを引き寄せるためには重要です。

■二手に分かれてアプローチする約束を事前にしておく
街コンに参加して気になる人を見つけても、「友達に気を遣ってしまい、話しかけられなかった…」という方も多くいらっしゃいます。また事前に断りもなく勝手に行動してしまえば、一緒に参加した友達に迷惑をかけてしまうことに。

そこで、街コンに参加する前には、それぞれが気になるお相手にアプローチしやすくなるように、「気になる人を見つけたら別行動しよう」と約束をしておきましょう。お互いに悔いなく気になるお相手にアプローチができますし、最初から別行動をすると分かっていれば、ペアの相手を戸惑わせることもありません。

街コン中、LINEなどでさりげなく「気になる人がいる」とペアの相手に知らせて、さりげなく二手に分かれてもらいましょう。もちろん自分に気になる人がいなければ、一緒に参加しているお友達のサポートをしてあげてくださいね。

■2人参加している異性の両方にアプローチしない
自分が友達と2人参加している際には、2人参加している異性と意気投合し二次会に行くことが多いもの。しかし「どちらの人も素敵だな」と思ったとしても、街コン後にペアで参加していた2人両方にアプローチするのは避けた方がいいでしょう。理由は、特に女性が友達同士で参加している場合「あの男性からアプローチが来たよ」など、一緒に参加したお友達に話す可能性が高いからです。

複数の人にアプローチをかけていることがバレると「見境ないな」「必死だな」「誰でもよかったんだな」など、悪い印象を持たれてしまいます。その2人と連絡先交換をしても、アプローチする際はペアのどちらかに留めた方が、結果として上手く行く可能性が高まるはずですよ。

 

まとめ

最近は1人参加も増えている街コンですが、2人参加している方も非常に多くいらっしゃいます。友達や同僚と一緒に参加すると、安心感があり、緊張が和らぐので普段の素の自分を出せるなどのメリットがあります。一方で、ペアだと自由が利かず不便だと感じるなどのデメリットもあります。ペア参加のデメリットをカバーするため、友達とあらかじめ作戦を立てて協力し合えるといいですね。積極的にアプローチして、街コンで出会いを掴みましょう。

友達や同僚を誘って街コンに2人参加しよう!
IBJ(東証一部)が運営するPARTY☆PARTYの街コンを検索 >>

 

「街コンのコツ」の記事一覧へ