婚活パーティーは友人に付き添ってもらうべきではない理由

婚活パーティーは友人に付き添ってもらうべきではない理由

婚活パーティーの基礎

更新:2020.10.28

作成:2018.04.04

Party事務局
婚活パーティーは、幅広い出会いのチャンスがあると婚活世代に人気です。
ただ、人見知りの方や、婚活初心者の方にとっては、「どんな話をしたらいいの?」「どんな流れなの?」「カップル成立できなかったら恥ずかしい」と心細い気持ちになることもありますよね。

もちろん婚活パーティーは友人や知り合いに付き添ってもらって、一緒に参加することも可能です。ただ、「出会い」を求めるのであれば、一人で参加することをおすすめします。その理由について見ていきましょう。

一人で参加=真剣度が高く見られる

一人で参加=真剣度が高く見られる
一人参加のほうが本気で婚活をしているんだなと思ってもらえます。
婚活パーティーに参加する際に、誰かと参加した方が安心感があることは事実です。ただし、お友達や知り合いなど身近な人と一緒に参加していると、異性の参加者から「遊び目的で参加したのでは?」「ただの付き添いで参加しているのかな?」「本気で婚活をする気があるのかな?」と思われてしまう可能性があります。

さらに、誰かと参加することで、あなたのことを「いいな」と思った人がいたとしても、「女の子同士(男性同士)でいるから声をかけづらい…」となってしまうことも。それでは、何のために婚活パーティーに参加したのかわかりませんよね。

反対に一人で参加していると、「遊びや冷やかしではなく本気で出会いを探しているんだな」という印象を与えやすくなります。つまり、結婚への真剣度が高く見られるということです。
お相手も本気で出会いを求めているのであれば、同様に本気度が高い相手を探しているはず。そう考えると、一人で参加した方が出会いのチャンスが高まると言えます。

友人の目を意識して自分らしく振る舞えないことも…

友人の目を意識して自分らしく振る舞えないことも…
一人のほうが周りの目を気にせず、自分らしく振る舞えます。
友人や知人と一緒に参加すると、「積極的に話しかけているのを見られたら、必死だと思われるかな?」「男性(女性)にアピールするのを見られて恥ずかしい」といった理由から自分らしく振る舞うことができなくなってしまうことがあります。知っている人がいることで、どこか人の目を意識してしまうのです。

しかし、婚活パーティーで出会いを求めるためには、多少の貪欲さや努力も必要です。人の目ばかりを気にして積極的に動かけなかったり、自分らしさを隠してしまったりすると、結婚したいと思える異性と出会えたとしても一歩踏み出すことができないでしょう。

初めて出会う人と仲良くなれるか、連絡先交換ができるかは婚活パーティーの「自分」次第なのです。

友人と気まずくなってしまう可能性も…

友人と気まずくなってしまう可能性も…
どちらか一方だけがカップリングした場合に気まずくなってしまうようです。
婚活パーティーに友達と参加した場合には、どちらか一方だけがカップリングするという結果も考えられます。

もし自分が気になっていた異性が、友達とカップリングしていたら、少なからず落ち込んだり気にしてしまったりするものですよね。逆に自分だけがカップリングした場合にも、友達になんて声を掛けていいか困ってしまうこともあるでしょう。

また、婚活パーティーの後にはカップリングしたお相手と二次会に行かれる方も多いものです。しかし、どちらかだけがカップリングをした場合には、「友人と一緒に参加している」という理由で、お相手からせっかく食事やお茶に誘われても断らざるを得ない場合も…。

友人と参加している以上仕方がないこととはいえ、せっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。

友人の婚活への本気度をチェック

友人の婚活への本気度をチェック
友人と参加する場合は、婚活したい人であることが絶対条件!
一緒に参加する友達も、あなたと同様「本気の出会いを求めている」のであれば、「結婚相手を探すため」という婚活の基本的ルールにマッチしています。

ただ、場合によっては一人で婚活パーティーに参加することを避けるために婚活に興味がない友達や彼氏がいる、あるいは既婚者の友達を誘って参加する…という方もいるようです。

ただ、結婚相手を探すための場である以上、結婚を本気で考えていない友達を婚活パーティーに連れいくのはマナー違反であり、参加している異性の方々に失礼です。既婚者であることがばれれば、場合によっては運営者側から退出するよう言われることもあります。

友人と婚活パーティーに参加する際には、お相手の結婚観を確認してからにしましょう。

一人でも大丈夫!おすすめ婚活パーティー

一人でも大丈夫!おすすめ婚活パーティー
自分に合ったパーティーを選べば、一人でも安心です。
一人で婚活パーティーに参加することに不安があるという方は、どの婚活パーティーに参加するかが重要となります。

それでは、婚活パーティーの主なスタイルをみてみましょう。

◆大人数参加型スタイル
一人ひとりと自己紹介をする時間が設けられているものから、自分で話しかけるフリータイムのみの形式ものまでさまざま。初対面の人との対話に不安がある方にはあまり向いていない。

◆着席型少人数型スタイル
6~10人程度の少人数制で、一人ひとりと対話する時間が設けられている。自分から話しかけなくても対話のチャンスがあるので、一人で気まずい思いをすることもなくおすすめ。また、個室型で開催されることも多いので、まわりの目が気になる人も参加しやすい。

◆イベント参加型スタイル
自分の趣味や興味のあることを参加者同士で体験しながら交流を持つ形式。男女ペアや数人でグループになって体験するものが多いので、自然に会話や交流を持てることが魅力。また、堅苦しい雰囲気もないので、自然な出会いを求めている方にもおすすめ。

落ち着いて話をしたい方には着席型、何かを通して交流を持ちたい方にはイベント参加型の婚活パーティーが人気です。

まとめ

婚活パーティーに参加して分かることは、婚活パーティーは一人で参加する人が大半だということです。ですから、一人参加を不安に感じる必要はありません。他の参加者も少なからず最初はあなたと同様の不安や悩みを抱えて参加しています。

自分から話しかけたり、交流を深めたり…というのは、出会いを求める上で最も必要なことです。一人で婚活パーティーに参加することで、今までとは少し違った自分を見つけられるかもしれませんよ。
一歩踏み出す勇気を持って、婚活パーティーに出会いを見つけにいきましょう!

スタイルで婚活パーティーを選ぶ

「婚活パーティーの基礎」の記事一覧へ