婚活パーティーで気を付けるべきこと。開催前・開催中・開催後別のポイント

婚活パーティーの基礎

2018.08.31

婚活パーティーで気を付けるべきこと。開催前・開催中・開催後別のポイント

  • 0
  • 0
  • 0

出会いを求めて参加する婚活パーティー(お見合いパーティー)では、お相手に自分をアピールするため、できるだけ失敗したくないですよね。しかし、まだ婚活パーティーに参加したことがない人は、どんなことに気を付けたらいいか分からず失敗してしまいがちです。

この記事では、婚活パーティーで気を付けるべきことをご紹介しています。参加前にばっちり対策して、当日は気になる異性に心置きなくアピールしましょう。

 

開催前から開催後まで気を抜くのはNG

開催前から開催後まで気を抜くのはNG
パーティーの前から勝負ははじまっています!

婚活パーティーで気を付けるべきことは、婚活パーティーの真っ最中はもちろん、開催前、開催後にもあります

しっかり準備を行わないと、お相手に悪い印象を与えたり、折角カップル成立してもその後の関係が続かなかったりする可能性も。開催前・開催中・開催後別の注意点をまとめたので、チェックしていきましょう。

 

開催前に気をつけるべきこと

開催前に気をつけるべきこと
事前準備は抜かりなく。

①安心できる婚活パーティーを選ぶ
婚活パーティーも主催会社によっては、男女比を無視して無理に開催したり、参加費用を女性無料で集めていたり、本人確認を行わずセキュリティが甘かったりするケースがあります。

本人確認をしっかり行う、男女比にこだわって開催している婚活パーティーは、運営元がしっかりしている場合がほとんど。サイトから申し込む際には、しっかりと運営会社の情報を確認してください。そういった安心感のある婚活パーティーを選んだ方が、出会いの質も高いでしょう。

②自分にあった婚活パーティーを選ぶ
ご自身の年齢や性格に合った条件の婚活パーティーを選ぶことにより、カップリングの可能性を高められます。

自分の年齢が上限ギリギリのパーティーはおすすめしません。例えば、30歳女性であれば、男性には交際相手に若い人を希望する方の割合は多いため、24歳~30歳の参加制限がかかった婚活パーティーよりも、28歳~34歳の参加制限がかかったものに参加した方が有利です。
また、人見知りする性格であれば、自分から声を掛けたり周囲の目を気にしたりする必要がない、個室で行われる婚活パーティーが向いています。結婚相手と趣味を共有したい人は、趣味を通じた出会いができる趣味コンが向いているでしょう。

気になる複数の婚活パーティーを比較して、どれが自分にあっているか検討してから申し込みするのがおすすめです。

③身だしなみに気を付ける
当日の身だしなみをきちんと整えましょう。清潔感のない服装や、派手な服装はお相手に良い印象を与えません。
例えば体臭がきつい、着古したボロボロの服、原色使いの服装は、お相手が「不潔」「一般常識がない」と感じてしまう可能性があるのです。

男性はジャケパンスタイル、女性は膝丈ワンピースなど、オフィスでも通用するようなデザイン・色柄のファッションがおすすめです。
 

開催中に気をつけるべきこと

開催中に気をつけるべきこと
失礼な態度をとらないように注意しましょう!

続いて、開催中に気を付けるべき点2つをご紹介します。

①言葉遣いや態度に気を付ける
婚活パーティーは長くても10分程度しかお相手と話せません。そのため、第一印象で悪い印象を与えると、カップリングが難しくなってしまいます。
年下が相手でも丁寧な言葉遣いで接する、過去の男女関係などプライベートすぎることは聞かないなど、相手から「失礼だ」と感じられないように接しましょう。
また、受け身で自分からなにも質問しないでいると、「この人は自分に興味がない」とお相手が思ってしまいます。適度に自分からも質問を行ってください。

最後に、パーティー会場に到着した後は、パーティーの参加者はもちろん主催者側も含めて、誰に対しても平等に笑顔で接することが大切です。
人によって態度を変えると、他の人が見ていた場合に「裏表が激しい」と思われて、マイナスイメージを与えてしまいます。話しやすい雰囲気が出るように、笑顔で接することでカップリング率が高まるでしょう。

②カップル希望を出し忘れない
参加人数が多い婚活パーティーだと、誰とどんな会話をしたか覚えているのが大変です。
しっかりとメモを残し、カップル希望をきちんと出すようにしましょう。カップル希望を出さないと、婚活パーティーに参加したこと自体が無駄になってしまいます。

「いいな」と思える人がいなくても、少しでも良い印象を抱いた人にカップリング希望を出すことをおすすめします。なぜなら、カップリング=交際開始でない上、改めてじっくり話すことで気が合うと感じる異性も存在するためです。
どの出会いが結婚に繋がるか分かりませんから、全てのチャンスを活かすようにしましょう。

 

開催後に気を付けるべきこと

開催後に気を付けるべきこと
カップリング成立してからが重要です!

最後に、開催後に気を付けるべき2つのことをご紹介します。

①カップリングの認識を誤らない
すでにご紹介した通り、カップリング成立=交際開始ではありません。
あくまで「お互いにいいな」と思っている状態でしかなく、確実に交際に結びつくわけではないことをしっかり認識する必要があります。
カップリング後は、お互いが交際するかどうか判断するため、積極的に連絡を取り合ったり、会う機会を設けるなどの努力が必要となります。

②カップリングした当日にデートする、または連絡をとる
一番もったいないのが、せっかくカップリング成立したのに、お相手と連絡をとらず関係が続かなくなってしまうことです。
カップリング後はカフェなどで軽いデートをして親しくなり、連絡先交換を行いましょう。都合がつかずデートできなかった場合も、連絡先交換をして当日のうちにしっかりメールを送り、デートの約束を取り付けた方がいいでしょう。

男性からはもちろん、女性からもしっかり連絡をとるように心がけることが大切です。受け身でいると、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性があります。
 

まとめ

婚活パーティーで失敗しないために、開催中だけでなく開催前後にも気を付けるべきことがあります。今回ご紹介したポイントに気を付ければ、お相手がマイナスイメージを持つことはほとんどないでしょう。

ただし、ご紹介したのは必要最低限の基本のマナーです。もっともっと自分をよりよく魅せるテクニックも身に着けて、素敵な出会いを見つけてくださいね。


◆これで参加する準備はOK!
一部上場企業が運営する婚活パーティーに参加しよう >>

 

  • 0
  • 0
  • 0