こんなに違う!合コン後メールと、お見合いパーティー後メールの必勝法比較

デート

2013.09.02

こんなに違う!合コン後メールと、お見合いパーティー後メールの必勝法比較

  • 0
  • 0
  • 0

メールの返信がなくて、恋をはじめることすらできなかった。「合コンで話した時はいい感じだったのに・・・」なんてことはよくある話。
出会い方に考慮したメールを送ることで、メール返信率を高めることが可能です。ここでは、合コン後のメールと、お見合いパーティー後のメール、それぞれのメール必勝法をお伝えします。

合コン後メールの心構え|2つの感情を理解しよう。

合コン後メールの心構え|2つの感情を理解しよう。
合コンの帰り道には期待と不安が入り混じるもの

相手の状況と気持ちを想像することが、コミュニケーションを円滑に進める秘訣。では、合コン後の人の気持ちはどうなっているでしょうか。
合コン後は2つのベクトルの感情が渦巻いているものです。
(1)相手を選ぶ気持ち
=「背の高い、青シャツの彼がよかった」
(2)選ばれるかどうかの不安
=「友達より、自分は好かれてるかな?」
特に合コンは【空気を大切にすべき場】なので、社交辞令が多いもの。相手の気持ちに対しての不安は誰もが持っています。
連絡がきても「実は、みんなに送ってるんじゃないか」「友達の方がカワイイ(orかっこいい)し、自分は押さえの可能性もある」そんな探る気持ち、抱いたことがある方は多いでしょう。

合コン後メールのポイント|君が一番を盛り込もう

合コン後メールのポイント|君が一番を盛り込もう
ストレートな言葉で相手をドキっとさせましょう

だから、合コン後にいいなと思った人にメールをする時は、はっきりと「君が一番」と伝える要素を盛り込むことが有効です。繰り返したり、回りくどいと、重たくなってNG!
・「みきちゃんが、話してて一番楽しかった!また会おうよ」
・「実は、青山さんが一番タイプでした♪」
こんな感じにストレートに明るく伝えることが、おすすめです。ただし、絶対に【1合コンで1人】にだけ、使うこと!!

パーティー後メールの心構え|迷いを膨張させるのはNG

パーティー後メールの心構え|迷いを膨張させるのはNG

では、逆に婚活パーティー後にメールをする時はどうなのか。
ここでいう、婚活パーティー後のメールは「カップリングした後に送るもの」ということにしましょう(カップリングをせず、連絡先を交換しただけの場合のメールは合コン同様でOKです)。
婚活パーティーでカップリングをした後の気持ちは、こんな感じです。
(1)選ばれて嬉しい気持ち=「やった!カップリングした~」
(2)今後のことを迷う気持ち=「本当にこの人でよかったんだろうか」
うまくいかなくなるのは、(2)の気持ちが膨らんだ時です。

パーティー後メールのポイント|ニュートラルな態度が重要

パーティー後メールのポイント|ニュートラルな態度が重要

だから「まずは、もっとお互いのことを知り合いましょう」「一緒に楽しい時間を過ごしてみませんか?」という、ニュートラルな態度が理想。ガツガツはNG!
・「岩田さんの映画の話、すごく楽しかったです。今度おすすめ映画、一緒にいきましょうね。」
・「パーティーで山本さんみたいにオモシロイ人がいるなんて思いませんでした(笑)また、飲みにいきましょう!」
こんな感じで、相手の具体的特徴に触れたメールがおすすめです。

ガツガツアピール解禁の、最短と最長時期は?

ガツガツアピール解禁の、最短と最長時期は?
何度かデートしたら、そっと手をつないでみましょう

では、いつまでニュートラルな態度を維持すればいいのでしょうか?基本は、これです。
・最短:1回目のデート終了時 ⇒ 1回目のデートで充分に空気があたたまったら「甘い一言」を
・最長:1ヶ月後 ⇒ これを過ぎても、友達ムードしかなければまず発展はなし
ケースバイケースですが、上記は覚えておいた方がいいかもしれません。本当は、今すぐに付き合いたいくらいに、相手がタイプだったとしても、まちがっても、すぐに告白なんてしてはいけません。お互いに好意を持っていても、その熱が違いすぎるとうまくいかないものなのです。

まとめ

今回は、出会った直後のメールについて取り上げました。はじめに失敗してメールの返信がないと、その後アピールすることすらできなくなります。ぜひ参考にして、ステキな恋のスタートを切ってくださいね。
何事も学んだことは、すぐ実践が一番です!合コン派の方は、合コンパーティーやスマート合コン。婚活パーティー派の方はプチお見合いや大人数パーティーから、探してみてください。

  • 0
  • 0
  • 0