婚活パーティーでカップリングするための上手な質問術

婚活のコツ

2018.02.20

婚活パーティーでカップリングするための上手な質問術

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーに参加しようと思っていても「何を話したらいいの?」「上手く話せる自信がない…」と初対面のお相手との会話が不安で、参加をためらってしまっている方も多いのではないでしょうか?

しかし婚活パーティーにおいては、自分で話題を用意してきて長々と話す必要なんてありません。大事なのは短いトークタイムの間にお相手の人柄を知るための『質問』をすることなのです。質問自体も、プロフィールカードに書いてあることを聞くだけなので、口下手な方も婚活パーティーへの参加を懸念する必要はありませんよ。

そこで今回は、婚活パーティーで盛り上がる質問のコツなどについてご紹介していきます。

 

婚活パーティーのトークは「質問」が大事!

婚活パーティーのトークは「質問」が大事!
質問をしてお相手の話をうまく引き出すことがポイントです。

婚活パーティーに参加する際に、「上手く話せなくて沈黙が続いたらどうしよう…」と心配される方もいらっしゃいます。しかし婚活パーティーのトークタイムは、ひとりのお相手につき3分から5分程度。皆さんが思っているよりもあっという間に過ぎてしまうため、実は「次は何を話そう…」と話題がなくなり悩むことはほとんどありません。

皆さんが意識するべきなのは、出会いを見つけるためにこの短いトークタイムの時間で、お相手の人柄を知り自分とお相手の相性を見抜くということです。そのためには、質問をうまく駆使してお相手のお話を引き出すことが重要になります。

また、うまく質問をしお相手との会話を盛り上げることができれば、「リード上手な人」「気遣いのできる方だな」などと、お相手に好印象を持ってもらえるでしょう。質問力を高めることは、お相手のことを知れるだけでなく、自分のアピールも同時にできるので、婚活パーティーにてカップリングする可能性を高めてくれるでしょう。

 

何を質問するかはプロフィールカードで決める

何を質問するかはプロフィールカードで決める
プロフィールカードの中から選ぶだけで質問は簡単にできちゃいます。

「質問力が大事と言われても、何を聞いたらいいか分からない…」という方も、いらっしゃるのではないでしょうか。しかし婚活パーティーにはプロフィールカードがあり、話題に困ることはないので安心してくださいね。

プロフィールカードとは、婚活パーティー参加者の職業や趣味などの基本的な情報が書かれたカードのこと。会話のネタはこのプロフィールにたくさんあるので、あなたはただ書いてあることを読んで、「○○が趣味なんですか?」と聞くだけで、お相手に質問することができちゃうのです。

1度質問をすれば、お相手が答えてくれた内容からさらに会話は広がっていきますし、もしすぐにその話題が終わってしまっても、次の項目について質問すればいいだけです。婚活パーティーでの会話においては、プロフィールカードという強い味方がいるので、不安に思う必要はありません。

ただプロフィールの中には、質問をして会話が広がりやすいものとそうでないものがあるので注意しましょう。プロフィールカードから次のような質問をすることをおすすめします。
■出身地
■趣味・特技
■休日の過ごし方
■自己PR(理想のデート・理想のお相手との関係性)


これらの質問をおすすめする理由は、お相手との共通点が見つかりやすく、あなたも会話の内容を理解し共感したり意見を言えたりするので会話がかなり盛り上がるからです。例えば出身地が同じなら地元トークができて親近感が湧きます。共通点を見つけたら迷わずにアピールしてみてください。
もしも共通点がなくても、お相手のプロフィールに関心を持って、気になった部分を質問してみるといいでしょう。趣味に「登山」とかいてあったなら「どんな山に登るんですか?」「ひとりで行くんですか?」など。

趣味や休日の過ごし方などを質問すると、どんなことに興味を持つのか、時間をどのように使うのか…などお相手の価値観や人柄がわかりやすいため、とてもおすすめです。
 

婚活パーティーでしてはいけない質問とは?

婚活パーティーでしてはいけない質問とは?
初対面のお相手にプライベートな質問をするのは避けましょう。

質問する内容によっては、お相手を嫌な気持ちにさせてしまったり会話が広がらずに終わってしまったりすることもあります。次のような質問をするのは避けた方がいいでしょう。
■年齢に関する質問
■年収に関する質問
■過去の恋愛に関する質問


年齢や年収に関する質問は、人柄ではなく条件で異性を見て婚活をしているイメージを与えてしまいます。これでは「年齢が若ければ誰でもよかったのかな?」「働けなくなったら捨てられそう…」などと不誠実な印象をお相手に持たれ、カップリングを遠ざけてしまうでしょう。

また、過去の恋愛に関することはとてもプライベートなことで、初対面の人には話したくないと思う方も多くいらっしゃるため、婚活パーティーにていきなり質問をするのはNGです。また「これまで何人と交際してきましたか?」などとうっかり聞いてしまうと「デリカシーがない」と悪いイメージを持たれてしまうかもしれません。

たった数分のトークタイムの中で、1度でもお相手にとって嫌な質問をしてしまうと、その後の会話であなたの印象を好転させることが難しく致命的。婚活パーティーのトークタイムという短い時間では質問できる項目数も限られているため、すでにご紹介したおすすめの質問に絞って話題を深めていくのが安全でしょう。

 

会話を盛り上げる質問のコツ

会話を盛り上げる質問のコツ
お相手が気持ちよく話せるよう工夫しましょう。

ただ質問をたくさんすれば、トークが盛り上がるわけではありません。次の点を意識しながら質問をすることが大切です。

自己開示を含めた質問をする
質問をしてお相手の情報を知ることも大切ですが、自分の情報も伝えなければお相手に「気が合う」などと良い印象を持ってもらうのは難しいです。また心理学の法則にもありますが、自分の話をする(自己開示をする)ことで、少しずつお相手の心も開かせ話をしてもらえるようになります。そこで自分の情報を伝えつつ質問をしてみるといいでしょう。

例えば「ネコが好きなんですか?」と聞くのではなく、「ネコが好きなんですか?自分もネコカフェに行くほどネコが好きなんです」と自分の価値観も伝えつつ質問をします。
するとあなたが「ネコ好き」「ネコカフェ」という情報をお相手に与えたことで、お相手は質問に答える以外に「ネコを飼っているのかな?」「どこのネコカフェがおすすめかな?」という疑問を抱いて、質問を返してくれる可能性が高まります。
お相手の情報を聞き出しつつ、自分の情報を伝え、更に相手から質問を引き出して自分のことを更に知ってもらえる、一石三鳥のテクニックです。

オープン・クエスチョンを使う
質問の仕方には、「オープンクエスチョン」と「クローズドクエスチョン」の2つがあります。オープンクエスチョンは相手が自由に答えられる質問で、回答から考え方や好みなどをより知ることができます。クローズドクエスチョンは、イエス・ノーで答えられる質問です。

例えば、「猫は好きですか?」とクローズドクエスチョンで聞いて、「好きです」とだけ返ってきてしまった場合、あなたが再び質問をしないと会話はそれ以上広がりません。しかし一方で、「どんな猫が好きですか?」とオープンクエスチョンを使えば、お相手は猫の品種を答えてくれたり、自分が飼っている猫の話をしてくれたりするかもしれません。このようにオープンクエスチョンには自然にお相手から会話を引き出せるというメリットがあります。

しかし会話が広がるようにと初対面の相手にオープンクエスチョンばかり続けると、自分の情報を出すことに抵抗を覚えて、返答に困ってしまう人もいますので、クローズドクエスチョンを時々織り交ぜながら会話を進めていきましょう。


★あわせて知っておくべき会話を盛り上げるコツ★
あなたが質問をしてお相手が話してくれた内容を「うんうん」と頷いたり、「そうなんですか!?」などと相槌をしっかり打ったりすることで、お相手の話をきちんと聞いていることを示すことができます。またあわせて笑顔をキープすることで「自分の話を楽しんで聞いてくれている」とお相手を安心させられるため、1つの質問に対してもたくさんお相手に話してもらえるようになるでしょう。会話が途切れる心配もなくなり、またお相手の考え方や価値観をより深く知ることができたりするのでおすすめです。

質問で話題をどんどん深めるだけではなく、お相手に気持ちよく話してもらえるよう頷きや相槌を工夫してみると、「ちゃんと自分のことを知ろうとしてくれている」と真面目で誠実な人だなと好印象を持ってもらいやすくなります
ので意識的に行うようにしましょう。
 

まとめ

婚活パーティーでは、プロフィールをもとに質問をしていけば、口下手な人でも会話に困ることはないでしょう。ご紹介したオープン・クエスチョンや、自己開示を含めた質問などを駆使して、どんどん話を発展させていくことができます。
ただし、相手に失礼がないよう、質問する内容は慎重に選んでくださいね。上手に質問して会話を盛り上げ、お目当ての人とのカップリングに繋げましょう!

◆個室でゆっくり話せるパーティーに参加♪
「個室プチお見合い」を探す>>

  • 0
  • 0
  • 0