婚活パーティー参加前に身につけたいお断りのマナー

婚活のコツ

2018.04.17

婚活パーティー参加前に身につけたいお断りのマナー

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーでカップリングをしたら、連絡先を交換して、やり取りを重ねてデートをする…というのが一連の流れです。でも、そのステップを踏む中で、「この人とは合わないかもしれない」と感じることもあるかもしれません。

今回は、婚活パーティーで出会った相手に「断る」場合の対処法についてご紹介します。

 

婚活をする上で知っておきたい大人のお断りマナー

婚活をする上で知っておきたい大人のお断りマナー
相手を必要以上に傷つけない、大人のマナーを身に付けましょう。

婚活では、初めて会う相手と話をしたり、連絡先を交換したりして仲を深め、結婚につながるお相手と出会うことを目的としています。日常生活において、初めて会う人とお互いのプロフィールを話したり、連絡先まで交換したりする機会は、仕事などを除いてあまりありません。

特に婚活パーティーでは数多くの出会いがあるからこそ、何らかの場面で「断る」というシーンに出くわすこともあるでしょう。その場合、相手に不快な思いをさせずに断ること。これは婚活における大人のマナーです。

もちろん、明らかに度が過ぎた行為をされたのであれば(しつこく連絡先を聞かれた、自分がされて嫌なことをされたなど)、はっきりと断ることも必要でしょう。しかし単に「自分のタイプではない」「相手の好意は感じるものの自分には合っていないと感じる」などが理由なのであれば、相手の気持ちを傷つけることのないように言葉を選んで断る必要があります。

自分に置き換えてみると、自分が「いいな」と思っている相手にアプローチして、ひどい断り方をされたら、自分に対して自信がなくなると同時に婚活に対して恐怖心や抵抗感が生まれてしまいますよね。

婚活をする以上、丁寧かつ相手を傷つけない断り方は必要不可欠なのです。

 

連絡先交換シーンでの断り方

連絡先交換シーンでの断り方
相手の気持ちを考えて、行動することが大切です。

婚活パーティーでは数多くの男性・女性と出会い、連絡先交換をする場面があります。大規模かつフリータイムに連絡先交換が自由な婚活パーティーであれば、連絡先交換の機会も多くあります。

お互いに会話を楽しむ中で、「連絡先を交換しよう」という流れにもなることもあるでしょう。そんなとき、あなたが連絡先交換の申し出を断りたい場合、「後で…」と曖昧にごまかしたり、「今携帯電話を持っていなくて…」と嘘をついたりするのはあまりよくありません。また、とりあえずライン交換やメールアドレス交換をして、後でブロックや着信拒否などをするのもやめましょう。

「連絡先を交換しよう」と言われたときに断る場合のポイントは、
●「ごめんなさい」と笑顔で謝る
●考え込みすぎずに断る
●断った後、スムーズに他の話題に変える


あまり考えすぎたり、深刻な顔で断ったりしてしまうと、相手を傷つけてしまう可能性があるので、サッと断るのが良いでしょう。また、その後話題を変えて、その場を和ませるというフォローをするのも忘れずに。

 

やり取りやデート後の断り方

やり取りやデート後の断り方
中途半端な状態のままにしておくことが、お相手にも一番失礼です。

カップル成立して連絡先を交換した後、メールやLINEの内容や、デートでの印象や態度から「自分と合わない」と感じ、お断りをすることもあるでしょう。婚活パーティーの最中は「いいな」と思ったとしても、その後のやり取りやデートを通じて冷静に考えたとき、今後さらに関係を深めていくのは難しいと感じることはあって当然です。

では、そんなときの断り方を見てみましょう。

●1回もデートをしていない:
やり取りを通じて合わないと感じた場合、メールやLINEなどのツールではっきり、かつ丁寧に断るのがよいでしょう。基本となるのは、「○○さんはとても良い方だと思うのですが、少し価値観が違うように感じました。ごめんなさい」という文章です。相手を褒めながらも、しっかり断るのがベター。

●何度かデートをしている:
何度かデートをしている場合、本来であれば直接会って断るのが良いものの、直接は言いづらい場合にはメールやLINEのメッセージなどでも可。

「何度かデートをさせていただいて、とても楽しかったです。ただ、私との結婚観には少し違いがあるように感じたので、お互い次に進むためにもここで終わりにしたいと思います。ありがとうございました」といった、デートを重ねて分かった考え方などを盛りこんで断るのがおすすめ。その際、デートに対するお礼も忘れずに。


2~3回のデートであればまだしも、5回、6回…とデートの数を重ねてしまうと、相手に期待を持たせることになってしまいます。「そんなにデートしたのにどうして?!」とトラブルになる可能性も否定できません。

婚活中の時間は、相手にとっても貴重な時間です。「自分とは合わない」と感じているのであれば、なるべく早いうちに相手に告げることが、相手を傷つけずに断る対応方法です。

 

お断りをする前に考えておくべきこと

お断りをする前に考えておくべきこと
悪い面だけでなく、良い面も見て、もう一度考えてみましょう。

断りを入れる前には、「なぜ断るのか」という理由をもう一度考えてみるようにしましょう。

婚活パーティーでは数多くの出会いがあります。ただ、どの人が自分にとって最適かということは、自分にしかわかりません。単に「顔がタイプじゃないから」「もっと良い人がいると思うから」という理由だけで断ってしまったのでは、その人以上の相手と出会えなかった場合、後悔してしまうかもしれません。

婚活において、結婚相手に求める理想や条件を持つことは大切ですが、行き過ぎた理想は、「結婚」という婚活のゴールを遠ざけてしまいます。

断る前には、相手の良い面をしっかり考えた上で、断る理由と本当に後悔しないかを判断する必要があります。

 

まとめ

婚活パーティーでは数多くの出会いがあるからこそ、「断る」勇気を持つことも必要です。全ての人に良い顔をしていたのでは、単に時間を無駄にすることにも繋がりかねません。

ただ、それと同時に断り方を考える必要があるのも、婚活です。断る必要があるからといって、ただ断るだけでは相手を傷つけ、大人としてふさわしくありません。

やむを得ず断る必要があった場合にも、自分も相手も前向きに次の出会いを求めることができるよう、相手への気遣いをもって断るようにすることが身につけたいマナーなのです。


◆新しい出会いを見つけに婚活パーティーへ♪
エリアからパーティーを探す>>
開催日からパーティーを探す>>
詳しい条件からパーティーを探す>>

  • 0
  • 0
  • 0