話が自然と盛り上がる、婚活パーティープロフィールを書く3つのポイント

婚活のコツ

2013.09.02

話が自然と盛り上がる、婚活パーティープロフィールを書く3つのポイント

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーに付き物の【プロフィール】。「何を書けばいいかわからない」そんな声をよく聞きます。
プロフィールは、お話の『ネタ帳』だと思ってください。そのネタ帳は、自分が使うだけではありません。相手と自分2人で使うネタ帳です。情報がないと、お話はなかなか盛り上がりません。
盛り上がりネタを盛り込んで、楽しい時間から恋をスタートしたいですよね!そのための3つのコツを伝授します。

コツその1 共感ネタで、距離感接近!

コツその1 共感ネタで、距離感接近!
カフェめぐりは、男性からも女性からも好印象

例えば、趣味の欄には…『読書』『散歩』『食べること』『カフェめぐり』『スポーツ』『映画』『音楽鑑賞』『旅行』など誰でもする【共感ネタ】を1つは記入することを意識します。
まったく同じ趣味をお相手が書いていなくても、何らかの共通点はあることが多いですよね。そうすると…
・「映画好きなんですね!私も好きなんです!」
・「カフェめぐりが趣味なんですか?最近おすすめの店ありますか?」
こんなフレーズが飛び出す可能性が高まります。そこには【共感】があります。この【共感】ネタで話が膨らむと、「この人と自分は感覚が合う」「居心地がよさそう」そんな印象につなげることができます。

コツその2 独自のネタで、印象付けよう

コツその2 独自のネタで、印象付けよう
女性で登山が趣味なんて、印象強いですよね

全部が<普通>だと印象に残らないもの。自分独自の個性を1~2つは盛り込んでおくと、ぼんやりした印象から脱却できます。
例えば…
・女性で『山登り』など意外性がある趣味
・『漫画』と書くだけでなく『マンガ(ワンピース好き)』
・『食べ歩き』と書くだけでなく『食べ歩き(オムライスマニアです)』
というように、具体的なことを書くと『この話をした』という強い印象が残ります。

コツその3 自由記入欄は5割は書くべし

コツその3 自由記入欄は5割は書くべし
プロフィールは全項目を記入しましょう

プロフィールに自由記入欄があったとします。例えば【お相手への希望や自己PR】【どんなデートをしたいですか】などですね。この時、せめてスペースの4割、できたら5割は埋めるようにしましょう。
時々、「ガツガツしていると思われたくない」という理由から、自由記入欄は記入をしない、という方もいます。記入が少なすぎると「本気ではない」という印象に繋がってしまいます。
初めての参加で何を書けばいいかわからない、そんな時は正直に書けばよいのです。「初めて申し込みをするので、ここに何を書けばいいか正直わからないのですが…。楽しくお話をして、お互いのことを少しでも知り合えたらと思います」
このようななんでもない文章でもOKです。書かないことが生むマイナス印象を避けるようにしましょう。

まとめ

(1)『あ~~~、私もです!!』と、一緒に盛り上がる共感ネタ
(2)『そうなんですか!?』と印象付けるネタ
(3)この2つを盛り込んで、全項目記入する。
これを意識して、プロフィールを書けば、自然に話が盛り上がります。
プロフィールを当日記入するのではなく、事前に登録しておくタイプのパーティーもあります。これなら、当日記入時に迷うことはありません。初めての参加で不安な方は、プロフィールを事前登録できるプチお見合いやメガお見合いを選ぶといいでしょう。

  • 0
  • 0
  • 0