婚活で出会ったお相手が自分のことを話さないのは何で?

婚活で出会ったお相手が自分のことを話さないのは何で?

婚活のコツ

更新:2021.11.01

作成:2021.11.01

Party事務局
婚活で出会って仲良くなりたいと思っているお相手。会話中に、世間話はしてもお相手自身の話を何も話してくれないと「なんで自分の話をしてくれないのだろう?」と不安になってしまう男性や女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、自分のことを話さない人の心理や、自分の話をしない相手との距離感を縮めるためのアプローチ方法などをご紹介します。

自分のことを話さない理由とは?

自分のことを話さない理由とは?
自分のことを話さない理由にはいろいろなパターンの理由があります。
まずは、会話をしていても自分のことを話さない人の心理について4パターンご紹介します。

①個人情報が漏れないかが心配

例え好印象を持ったお相手でも、まだ出会ったばかりで相手がどんな人かが分からない場合には、リスクを避けるため、あまり個人情報に繋がることを話さないようにしている人もいるでしょう。

特に、過去に恋愛や仕事・友達などの人間関係において裏切られて辛い思いを経験したことがあれば、人に対して警戒心を強く持ってしまう可能性も高まります。

この場合には、メッセージ交換を続けたり何度かデートして話したりすることで相手に「この人なら信頼できる」と思ってもらえれば、徐々にお相手から自分の話をしてくれるようになる可能性は高いでしょう。

②話を聞くのが好き

相手の話を聞いているのが楽しくて、「自分の話よりも相手の話が聞きたい!」と思う人もまた、自分の話を控えてしまうと考えられます。

また聞き上手で会話中もたくさん質問して相手の話を引き出せる人は、相手の話が尽きないことで、自分の話をしなかっただけかもしれません。

「相手の話を聞かずにデートが終わってしまった…」ということがあれば、自分からも相手に質問していたか・話題を振っていたかどうか、振り返って確認してみましょう。

③仲良くなりたいと思っていない

婚活で出会ったお相手に積極的に自分のことを話すのは、「もっと自分のことを知ってほしい!アピールしたい!」という心理によるものでしょう。
逆に言えば相手に興味がなく仲良くなる気がない場合には、必要性を感じずに自分のことを話そうとしない傾向がみられます。

婚活で出会った後しばらくメッセージ交換を続けていても一向に自分の話をしてくれない、または自分の話をしてくれなくなったという傾向が見られた場合には、あなたとの関係を発展させようとする気がないのだと判断した方が良いかもしれません。

④自分に自信がない

自分に自信が持てないときには「私の話に興味ないかな」「自分のこと詳しく知られたら、嫌われるかも」という気持ちから、自分の話ができなくなってしまうこともあります。

婚活で出会った相手に魅力を感じていて、もっと自分のことを知ってもらいたい気持ちはあっても、「自分にはアピールできることがない」などと、話をすることを控えてしまうというケースもあるでしょう。

自分のことを話さないのは“脈なし”だからとは限らない!

自分のことを話さないのは“脈なし”だからとは限らない!
お相手のことが気になっていても、自分のことを話さないという人はいらっしゃいます。
婚活で出会ったお相手が自分のことを話してくれないからといって、脈なしと決めつけてはいけません
すでにご紹介したように「相手のことは気になるけど、まだ出会ったばかりで信じていいか分からない」「自信がなくて自分のことが話せない」というケースもあります。

お相手が自分の話をしてくれないときに、脈があるのかどうかを知るためには、次のポイントをチェックしてみるといいでしょう。

・メッセージのやり取りが続いているか
・デートに誘うと応じてくれるか
・会って話すと嬉しそう、楽しそうに笑ってくれるか


お相手に上記のような、積極的に接点を作ろうとする言動やあなたとの会話を楽しむような様子があれば、脈ありの可能性は高いと考えられるでしょう。

親しくなればもっと心を開いて自分のことを話してくれるようになるはずなので、もう少しデートを重ねていくといいでしょう。

自分のことを話さない人へのアプローチ方法

自分のことを話さない人へのアプローチ方法
心の距離を縮める秘訣は、時間をかけて相手からの信頼を得ること!
お相手が自分のことを話さない時には「警戒心」や「自信のなさ」を抱いていることが原因と考えられるため、次のような対処法で、距離を縮めていくことをおすすめします。

●連絡やデートを重ねる

メッセージやデートを重ねる中であなたの誠実さがお相手に伝われば、相手の警戒心を解くことができるでしょう。

LINEのやり取りでは返信をしっかりする、デートの待ち合わせには約束の時間よりも早く着くようにする、会話中は相手の目を見て話すなど、コツコツと誠実な印象を積み重ねていき、お相手との信頼関係を高めていきましょう。

●相手の不安に寄り添う

お相手が自分のことを話さない理由を察して「まだ出会ったばかりで、不安だろうから無理して話さなくても大丈夫だよ」などと、相手の気持ちに寄り添う言葉をかけましょう。
誠実であることや、人の気持ちを想像できる優しい人だという印象を相手に与えられます。

一方で「自分のこと話さないけど、なにか隠し事しているの?」など、相手の気持ちを考えずに無理に自分のことを話させたり、責めたりしてはいけません。

前述の通り、いろいろな理由で自分のことを話さない人がいます。責めるような言葉を言われたらショックを受けてしまうでしょう。
自分のことを話してくれるようになるまで、相手のペースに合わせてじっくり待つことが大切です。

●自分の話を積極的にする

心理学には、少し恥ずかしいことも自分の話を正直に伝えるなど“自己開示”をすることで、お相手も同じように自分の話をしてくれるようになるという「自己開示の返報性」といった法則があります。

婚活で出会ったお相手の話を引き出したい時には、まず自分から秘密を打ち明けたり本音で話したりすることで、お相手も少しずつ心を開いて話してくれるようになると、期待できるでしょう。

相手が自分のことを話さないなと感じたときには、まずはあなたから積極的に自分の話をすることで、心を開いていることをお相手に伝え、相手の警戒心や不安を取り除くことを心掛けてくださいね。

まとめ

今回は、自分のことを話さない人の心理などについてご紹介しました。自分のことを話さない理由は人により様々なので、必ずしもあなたに対して脈がないから話してくれないというわけではありません。
少しずつ仲を深めていくことで、徐々に心を開いて自分のことを話してくれるようになるはず。焦らずに、じっくりと付き合っていくことが大切です。

「婚活のコツ」の記事一覧へ