婚活で知り合った相手とお付き合いする?しない?判断ポイント4つ

婚活のコツ

2016.11.15

婚活で知り合った相手とお付き合いする?しない?判断ポイント4つ

  • 0
  • 0
  • 0

婚活パーティーで知り合った相手とデートを重ね互いを知るうちに、これからもお付き合いを続けていくかどうか決めなくてはならないタイミングがきっと来ると思います。
婚活での出会いの場合、学校や会社で知り合ってお互いを知っていく恋愛と比べて判断に迷う方もいるはず。付き合う前に「この人と付き合おう」と決める判断基準は何なのでしょうか?

学校や職場での出会いと婚活での出会いはどう違う?

学校や職場での出会いと婚活での出会いはどう違う?
大切なのは、相手を良く知ること!

学校や職場での出会いと婚活での出会い。いずれの場合も「お互いを知る」ことが大事なのは同じです。婚活パーティーでの出会いとそれ以外の出会いで一番の違いは共通の知り合いがいるかどうか。
いずれの場合もお付き合いするかどうかは最終的には自分の判断になりますが、共通の知り合いがいる場合は相手のことを知る人に相談ができたり、ときには仲を取り持ってもらったりすることもよくあること。
ですが、共通の知り合いがいない場合は、あなた自身が相手を十分に知ることが重要になってきます。婚活での出会いの場合、より自分の感覚で考えて判断することが大事だといえるでしょう。

「この人と付き合うべき?」男女が付き合うときの判断基準とは?

「この人と付き合うべき?」男女が付き合うときの判断基準とは?
会話が弾むと、気になる存在に

では、付き合う前の期間に考えておきたい「男女がお付き合いするときに判断すべき基準」を4つご紹介します。
1. 気が合い話しやすい
お互いのことを知るのにいちばん大事なのが「会話」。
会話が続かなかったり、どちらか一方がしゃべりすぎたり、意見が噛み合わないことが多かったりすると、話をすることも億劫になることってあるものですよね。
ちょっとしたことかもしれませんが、ストレスを感じたり、ケンカをしたときにさらにぶつかることもあるでしょう。恋愛期間中はできればストレスなく幸せに過ごしたいもの。ましてや結婚となると意見のぶつかり合いもどうしても出てきますから、気が合うかどうか・なんでも話せるかは後々重要になってきます。
2. 尊敬できるところがある
自分にはない相手の良いところや、少しでも尊敬できることがあるのは、付き合いを始めるうえで大切な要素です。お付き合いを続けていくのであれば、いつかはケンカになることもあるでしょう。
しかし、尊敬できるところがあると許すことができ、仲直りができる確率が高まります。できるだけ仲良く過ごしたいものですが、ケンカをして傷つけあってもしっかり仲直りができれば絆が深くなるもの。許しあえる仲になるために、尊敬の念は大事な要素です。
3. お相手があなたに対し、愛情を持って接してくれる
どんなにルックスや条件が良いお相手でも、男女ともに自分に愛情を持って接してくれると感じることは、最も大切なことです。恋愛はもちろん、結婚するとなると長く人生を共に歩むのが前提。恋愛関係の時点でお互いを愛する気持ちがなければ、長続きも難しくなるでしょう。
メールやLINE、電話で連絡を取る時や、会っているときに思いやりを感じられるかどうか。逆にあなたからお相手に思いやりの気持ちをもって接することが自然にできるか。それがポイントです。
一つ注意しておきたいのは、愛情表現をお相手に押し付けないこと。お互いをよく知らないうちに過剰な愛情表現をしても「そんなに自分のことを知らないのに何なんだ…」とお相手に不信感を抱かれてしまうこともあるかもしれません。
4. 一緒にいて小さなことに幸せを感じ、安心できる
愛情に続いて大切なことは、その人と一緒にいるだけで幸せを感じられるかどうか。いつか困難を乗り越えなければならないときに、一緒にいるだけで幸せを感じられる相手なら、それに立ち向かっていける強さや勇気が湧いてきます。また、特に大きな幸せがなくても、その人と共に過ごすだけで安心感を感じることができれば、きっとその恋愛は長く続くでしょう。デートを重ねてその人を知れば知るほど、幸せを感じられるか確認してみてください。

まとめ

婚活パーティーで出会った相手とお付き合いするかどうかの判断基準は、実は他の出会いから始まる恋愛と何も変わりません。まずはお互いをよく知ること。そして、自分の素直な気持ちで考えてみること。
そして最後に大事なのは「この方とお付き合いをしていこう」と心に決めたなら、その気持ちをきちんと言葉で表現すること。特にお付き合いする前から手をつないだりキスをするなどのスキンシップがあったり、誕生日を一緒に過ごす間柄だったりすると、言葉がなくても付き合っている認識になる人も多いもの。
でも、「好きです」「付き合ってください」という告白の言葉は、お互いの信頼関係を結ぶきっかけにもなる、実は最も重要なこと。「これって付き合っているのかな?」なんてお相手を不安にさせないためにも、真剣なお付き合いの始めに、言葉で表現するのを忘れないようにしてください。

  • 0
  • 0
  • 0